2017
02.19

「ミモザの島に消えた母」

ミモザの島に消えた母

30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島沿岸の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。
40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。
果たして当時、母の身に何が起こったのか?
恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして母の死の背景に渦巻く禁断の真実に辿り着くのだったがー。

        <公式サイト ストーリーより>

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
02.17

「うっとり、チョコレート」(河出書房新社)

Category: かわいい本
IMG_4603.jpg

2月ももう半分過ぎてしまいました。
映画の感想を挙げようと思った矢先、何十年ぶりか(思い出せない)わからないくらい久々のインフルエンザA型にかかってしまい(>_<)

ようやく良くなってきたので、今更ながらのバレンタインエッセイなど読んでます。


河出書房新社の『うっとり、チョコレート』。
悲喜こもごもな、バレンタインやチョコレートをめぐるさまざまな思い出38編

読みながら、はるか昔(初めて)バレンタインに男子にチョコをあげた思い出とか、
チョコレートを食べすぎてぽっちゃり~さんになってしまった悲しい過去とか思い出してマス。


もっとバリバリ本調子になったら、もりもりチョコレート食べるゾーー!!
映画の感想もぼちぼちと~。


では、みなさま、くれぐれもご自愛ください。



Comment:4  Trackback:0
2017
01.27

WOWOW シネマ♪

Category: WOWOW鑑賞作品
心霊ドクターと

年が明けたと思ったら、はやもう1月もあと少し。
WOWOW鑑賞作品をまとめてUP~

『心霊ドクターと消された記憶』
『SPY スパイ』
『マリーゴールドホテル 幸せへの第ニ章』
『イタリアは呼んでいる』『スティーブとロブのグルメトリップ』
『俺物語』


続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
01.26

「裸足の季節」

裸足の季節

イスタンブールから1000km離れたトルコの小さな村に住む、美しい5人姉妹の末っ子ラーレは13歳。
10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父とともに暮らしている。
学校生活を謳歌していた姉妹たちは、ある日、古い慣習と封建的な思想のもと一切の外出を禁じられてしまう。
電話を隠され扉には鍵がかけられ「カゴの鳥」となった彼女たちは、自由を取り戻すべく奮闘するが、一人また一人と祖母たちが決めた相手と結婚させられていく。
そんななか、ラーレは秘かにある計画をたてる……。

                         <オフィシャルサイト より>

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
01.24

「ダーク・プレイス」と原作『冥闇』

ダークプレイス


1985年、カンザス州の町。
8歳だったリビー・デイの証言により、彼女の兄ベンが逮捕された。その容疑は、母親と2人の姉妹の殺害。一部始終を目撃したのが、末妹のリビーだったのだ。
それから28年後─。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー(シャーリーズ・セロン)。定職もなく、孤独な生活を送る彼女に、「殺人クラブ」という団体から連絡が届く。

                          <公式サイト ストーリーより>


続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2017
01.18

「バイオハザード ザ・ファイナル」

バイオハザードファイナル

瓦礫の中で目を覚ましたアリス。
彼女の前に廃墟のコンピューターを通じて現れたレッドクイーンは、
「現在地上で生き残っている4472人は48時間後に滅びる。唯一の手段はハイブにある抗Tウィルス用剤」と告げる。

半信半疑のまま、アリスはハイブのあるラクーンシティへと向かうのだが・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
01.11

「エクス・マキナ」

エクスマキナ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。
しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった・・・。

                  <公式サイト スト―リーより>

続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2017
01.05

瞳の勝手にCinema賞 おまけ編 ファッション他2016年

Category: 映画のはなし
キャロル5

勝手にCinema賞、最後は恒例のファッション編へGo~

その前に去年読んだ、映画の原作本は

『キャロル』
『レヴェナント』
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』
『特捜部Q』シリーズ
『ジャングルブック』


でした
『特捜部Q』シリーズにすっかりはまってしまったのですが、シリーズ読み切ってしまってはお楽しみがなくなる~!と少しづつ・・(笑)
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』はラスト、夫婦が選んだ選択が小説と映画で違ってましたヨ
どちらもそれぞれ納得できる・・・ところが面白い。
今とっても気になっているのは『ブルックリン』です。図書館に予約中~♪


続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
01.03

瞳の勝手にCinema賞 2016年 スター編

Category: 映画のはなし
ヒューさま

2017年あけましておめでとうございます

大晦日からずっととっても暖かなお正月でした。
孫ちゃんたちと公園に行ったり、ゲームセンターに行ったり、賑やかに過ごしました~♪

映画はまだ1本も観ていません。
今年もマイペースで、まったり~映画鑑賞かな
どうぞ、よろしくお願いします♪


それでは、Cinema賞に続いてスター編、レッツゴー

続きを読む
Comment:10  Trackback:0
2016
12.29

2016年瞳の勝手にCinema賞~♪

Category: 映画のはなし
さざなみ


あと2日となった2016年。

キャリー・フィッシャーさんの突然の訃報に驚きました
まだ60歳『スターウォーズ フォースの覚醒』で懐かしい姿を観れたのに・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

2016年、劇場鑑賞 7作品、 レンタル&WOWOW鑑賞 89作品
恒例の勝手にCinema賞、
例年どおり新作、旧作問わず、私が今年鑑賞した作品に、気まま、勝手なCinema賞をあげちゃいます。
続きを読む
Comment:12  Trackback:2
2016
12.22

「教授のおかしな妄想殺人」

妄想殺人

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。
そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。

                    <公式サイト ストーリーより>



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
12.17

WOWOWで観ました~♪ 年末バタバタ・・・(>_<)

Category: WOWOW鑑賞作品
オートマタ

2016年も残すところ、あと2週間だなんて
早すぎるーーー

焦りつつ・・・、WOWOW鑑賞作品をまとめてUP

『パリ3区の遺産相続人』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『サバイバー』
『狼の挽歌』
『リトル・プリンス 星の王子さまと私』


『オートマタ』 
※追記しました♪


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2016
12.16

「あの日のように抱きしめて」

あの日のように

1945年、ベルリン。
強制収容所から奇跡的に生きのびたネリーは、しかし、顔に大きな傷を負ってしまう。
再生手術を受け、必死に夫ジョニーを探し出そうとする彼女は、ついに彼と再会を果たすのだが・・・。

彼は自分の妻ネリーだとは気づかず、
そればかりか、収容所で亡くなった妻になりまして遺産をせしめようと持ち掛けるのだった・・・。
続きを読む
Comment:6  Trackback:1
2016
12.14

「ブルックリン」

ブルックリン6

アイルランドの小さな街。
エイリシュ・レイシーは不満を抱えながらも食料品店で働きながら、母と姉ローズの3人で静かに暮らしている。妹の将来を思い、エイリシュにニューヨークで働けるよう計らうローズ。家族と故郷に別れを告げ新天地へと旅立ったエイリシュだったが、彼女を待ち受けていたのは慣れない生活とホームシックで涙に暮れる日々。

                               <公式サイト より>

続きを読む
Comment:10  Trackback:2
2016
12.05

「レヴェナント 蘇えりし者」

レヴェナント


1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。
隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。
生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。

              <公式サイト より>



続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top