2015
04.06

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション 」

エクスペンタブルズ3

おなじみバーニー率いる消耗品軍団(エクスペンダブルズ)の前に、最強の敵が現れる!!
チーム結成時のメンバーでありながら、バーニーと袂を分かち、悪の武器商人になったコンラッド・ストーンバンクス

バーニーの弱点をも知り尽くした過去最強の敵に対し、エクスペンダブルズはどんな戦いを見せるのか・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
03.27

「悪童日記」

悪童日記

原作を読んだのは、確か2010年のお正月。
元旦のまったり読書のはずが・・・、とんでもない衝撃に打ちのめされました原作の感想

いや、しかし・・・この小説を映画化しようなんて(思うだけでも)すごい。

そして、それが挑戦だけじゃなく、こんなにも素晴らしい映画となって完成していることに胸がいっぱいです。
何故だか涙が止まらない

感想はもう少し落ち着いてから。


ふたご

この世界の真実だけをじっと見つめている“ふたご”
この目がイイ!どこから探してきたんだろう・・・。

魔女

ふたごのおばあちゃん“魔女”
原作ではやせっぽちだったけど、ふたごを向こうに回しての働かせっぷりなどは、堂々たるこの体型に納得でした。


映画を観終わった夜、またすぐに原作を開きました。何度読んでも圧倒される作品です。

Comment:0  Trackback:0
2015
02.06

「ある過去の行方」

ある過去の行方


フランス人の妻マリー=アンヌと別れて4年。
今はテヘランに住むアーマドが正式な離婚手続きをとるためにパリに戻ってくるが、マリー=アンヌはすでに新しい恋人サミールと彼の息子、娘たちと新たな生活をはじめていた。
しかし、娘のひとりがアーマドに告げた衝撃的な告白から、妻と恋人、その家族が背負う過去と明らかにされなかった事実が次々と浮かび上がる――。
                          
                   (公式サイト ストーリーより)



                      続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2015
01.14

「アデル ブルーは熱い色」

アデル

本を読むことを愛する高校生のアデルは、
ハンサムな上級生と付き合うのだがトキメキをおぼえない自分を感じていた。
そんなある日、通りで見かけた青い髪の女性(エマ)に激しい衝撃を感じたアデルは、
やがて再会したエマに強く惹かれていく・・・・・・・。


続きを読む
Comment:6  Trackback:1
2014
12.27

「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」

アンダースキン

スコットランド、夜のグラスゴー。
バンに乗る黒髪の美女が、次々と独り身の男に声をかける。
誘われて女の家へと向かう男たち。
一枚、一枚と服を脱ぎ誘う美女。
男は、彼女の正体に気づかないまま、黒い液体に飲み込まれてゆく・・・・。

彼女の正体は、地球外生命体だった!!



↓ネタバレあります、未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
11.16

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

オールユー

「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の死闘が続く近未来。
戦闘経験の全くない軍の広報担当官ウィリアム・ケイジ少佐は、最前線に送り込まれ、開戦5分であえなく戦死してしまう。

しかし、死んだはずのケイジが意識を取り戻すと、そこはなぜか出撃前日の朝。
再び戦死しては、また同じ日に逆戻り・・・、不可解なタイムループに翻弄されるケイジだが、
戦闘中出会った軍最強の女戦士リタに「目覚めたら会いに来て!」と言われ・・・・。


※↓ 後半ネタバレしています。未見の方はご注意くださいね。
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2014
07.30

「アメリカン・ハッスル」

アメハス

天才詐欺師アーヴィン・ローゼンフェルド(クリスチャン・ベイル)と、そのビジネス・パートナーにして
愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきたが、FBIによって遂に逮捕されてしまう。

だが、捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、二人に自由の身と引き換えにあるおとり捜査への協力を強いるのだった。
それは偽のアラブの大富豪を使って、アトランティック・シティのカジノの利権に群がる政治家とマフィアを罠にハメるという
大胆な作戦だったが・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
07.23

「思い出のマーニー」

マーニー


この世には目に見えない魔法の輪がある。

海辺の村の誰も住んでいない湿っ地屋敷。
心を閉ざした少女・杏奈の前に現れたのは、
青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーだった。

「わたしたちのことは秘密よ、永久に。」


      (パンフレットより)




↓ 少しネタバレあります、未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
07.06

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ」

オンリーラヴァーズ


吸血鬼のアダム(トム・ヒドルストン)はギターをはじめ弦楽器なら何でも自在に弾きこなすミュージシャンとしてアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで活躍している。
しかしここ近年の自己破滅的な人間たちの振る舞いにアダムは抑鬱を抱えていた。
そんなとき恋人イヴ(ティルダ・スウィントン)がデトロイトに住む彼の元を訪れる。もちろん、彼女も吸血鬼で2人は何世紀も愛し合い、生き続けてきた。
久々の再会もつかの間、イヴの破天荒な妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が突然2人に会いにやってきて3人の運命は、ゆっくりと変わり始める・・・。

     <公式サイトより>




↓ ラストに触れています、未見の方はご注意くださいね。

続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2014
06.15

「いとしきエブリデイ」

いとしきエブリディ

イギリス、ノーフォーク地方の小さな村で暮らすステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの4兄妹。

母カレンは昼はスーパーで働き、夜はパブでも仕事をして一家を支えている。
何故なら、父イアンは刑務所で服役中だから。
会えるのは、わずかな面会時間だけ。

母と子どもたちで過ごすクリスマスを何度も迎え、季節は巡り、子どもたちは成長していく・・・。
いつか帰ってくる父親を待ちつつ・・・・。


続きを読む
Comment:8  Trackback:0
2014
06.03

「男と女 真夜中のパリ」

真夜中のパリ2

真夜中のパリ。
スシ・バーで出会ったジュリーとギョーム。
雨の中車が故障したため、タクシーを呼ぼうとうするジュリーだがあいにくタクシーはつかまらない。
店にいた男性客ギョームは、彼女を追うと、自分のバイクに乗らないかと誘うのだが・・・・。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
05.30

「麗しき日々」

麗しき日々


5カ月前に親友をガンで亡くし、歯科医の仕事も引退した60歳の女性カロリーヌ。
喪失感を抱える彼女は、娘たちの勧めでカルチャースクールに通いはじめる。
そこでパソコン講座の講師ジュリアンと出会ったカロリーヌは、彼に惹かれはじめ・・・・・。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
05.26

「エイリアン インフェクション」

エイリアンインフェクション

月面基地アークで物資調達の任務に就く4名のクルーたち。
だが、ある日突然の流星雨に襲われ、壊滅的な被害を受けてしまう。

指揮官のジェラルドは地球の管制センターに救助を求めるが、通信が途絶えてしまう。
電圧の低下、CO2の濃度上昇など数々のピンチが彼らを襲う中、女性クルーのエヴァが基地を襲った隕石の中から胞子状の物体を発見するのだが・・・・・。


↓※ネタバレありです、未見の方はご注意くださいね。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
05.15

「アメージング・スパイダーマン2」

アメスパ2

ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、ビルの間をスイングし、一人の男性としてグウェン(エマ・ストーン)を愛し、ヒーローである自分の人生を満喫していた。しかしそんなピーターも、スパイダーマンであることの代償を知っている。次々に現れる強敵から人々を守り続けることができるのは、彼しかいないからだ。

さらに、突如現れた最強の敵エレクトロ(ジェイミー・フォックス)をはじめ、次々と出現してくるすべての敵の共通点を、幼なじみでオズコープ社の御曹司であるハリー・オズボーン(デイン・デハーン)から知ることになる。その共通点とは・・・オズコープ社だった。     (オフィシャルサイトより)
                                      



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
04.30

「愛さえあれば」

愛さえあれば


デンマークで会社を経営するフィリップは、愛妻を突然の事故で亡くした痛手から立ち直れず、ひたすら仕事に打ち込む日々。
一方、美容師のイーダは乳がんの治療がやっと落ち着いた矢先に夫の浮気を知り、心に深い傷を負う。

2人はそれぞれの息子と娘の結婚式が開かれる南イタリアへ向かう途中偶然知り合う。
その出会いは最悪だったが、ソレントの地で徐々にひかれあっていき・・・・。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top