2008
08.29

「ダークナイト」

ダークナイト 特別版ダークナイト 特別版
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る

ゴッサムシティーに現れた史上最悪の犯罪者ジョーカー。
理由も理屈も通用しない、ただ楽しむためだけに犯罪を重ねる彼は、バットマンが仮面を脱いで素顔を見せるまで毎日市民を殺してゆく・・と宣言する。
そしてその言葉どおり殺人を重ねるジョーカーに、街は混乱を極め、恐怖におののく人々はやがてその不満をバットマンへと向けてゆくのだった・・。



「ビギンズ」の時にも感じましたが、ノーラン監督のバットマンシリーズはなんとも重いですねぇ。
もうこれはアメコミという枠を超えているのではないでしょうか。
ゴッサムシティーというひとつの街を舞台にして、人間の持つ善と悪の部分、正義感や恐怖心、心の闇・・、それらが単にひとつのものとして割り切れない、いろんな風に交じり合ったり絡み合ったりする・・。
犯罪シーンの中に人間ドラマも観るようで・・・緊迫感と深さとで・・見ごたえありました。

それができるのはもちろん、ストーリーや脚本もあるのでしょうけど、キャストの魅力も大きいですよね。
クリスチャン・ベール、アーロン・エッカートをはじめ・・みんな大人だわ(笑)、とにかく魅せてくれる俳優さんたちばかりだから。

そんな中でもやはりヒースのジョーカーは凄かった。
表情や声や、いや、なんだかもう全身から発するオーラが見えるようでしたよ・・(ヒース~~涙)

彼の悪のオーラが支配してゆくゴッサムシティーがあまりにリアルに怖くて、私真剣に「ゴッサムシティーだけには・・住みたくない~~」って思ってしまいました。
だって、ほらゴッサムシティーってどうしてあそこまでマフィアやワルが集まるンでしょう、そして、なんでバットマンはあそこまで糾弾されなくてはいけないのか・・。
二つの船の人々の選択には救いを感じて嬉しかったけれど、でもやっぱり私にはゴッサムシティーは怖すぎる~、(市長も怪しすぎる~~苦笑)


冒頭からラストまで緊張と迫力のシーン満載。
ジョーカーのゲームの恐ろしさとバットマンの報われなさ、そして光の騎士の後半の衝撃シーンと・・。
あぁ・・・なんとも辛いシーン、多かったですね。
見ごたえあったけど、すごい~~!!と思ったけど。
どよよ~~んと疲れたことも事実です(汗)
実は結構好きだったりするティム・バートン監督の「バットマン」を懐かしく思ったり。



そんな時には、やっぱりアルフレッドとフォックス社長に登場してもらわないと(笑)
なんだかこの二人が出ると安心します。
「だから言ったでしょう・・」のアルフレッドが可愛い(笑)
しかし・・相変わらず、完璧な執事っぷり。ご主人様のためなら・・・あの手紙も・・。


そしてもうひとり。
「ビギンズ」の時から注目のゴードン警部。
ゲイリーですからね、「ビギンズ」の時は絶対怪しい・・・いい人のはずがない!!と思い込んで見ていましたが(苦笑)今回は前回以上の活躍ぶりでしたよ!!


大人のドラマを彩る三角関係は・・・う~ん。なんとも複雑というか・・・微妙・・というか。
実はね、今回レイチェルはマギー・ギレンホールがやると聞いてとっても楽しみにしていたのです、味のある素敵な女優さんだし。
でも・・・どうして~~?素敵に見えなかった・・。(一番最近見た「主人公は僕だった」なんて最高に素敵だったのに・・)

キキちゃんだってスパイダーマン以外の映画では可愛いのに、ケイティ・ホームズも「エイプリルの七面鳥」ではすっごいキュートなのに・・。
アメコミのヒロインになると・・みんな大味に見えちゃうのは・・私だけかしら・・(小声)




DARK KNIGHT・・・、この言葉の意味と重さに思わず最後に「おお~~!!」っと。
でもKついてるんだ・・・実はナイトは夜かと思っていたことは・・ 内緒ですよ(他所様やオフィシャルページ見てたのに・・・苦笑)


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/96-b50e6753
トラックバック
アメコミ原作バットマンの実写版映画最新作、「ダークナイト」のジャパン プレミアに行ってきました。 私が見た今年公開された映画の中...
The Dark Kinght dot kaleidoscope world blogdot 2008.09.09 00:41
コメント
お邪魔します~ポルカさんのところでみて早速飛んできました。
暗かったですよね・・・重かったですよね・・・ふ==。
私は暗いの好きなので・・・笑・・満足度はあったんですけれど、
家族で楽しくは観れないですよね。ちょっと。だって、ラスト
なんだか、ベールが不憫に感じちゃいますもの。ハリソンの逃亡者みたいだわ。
バートンのは、もっと明るい感じなの?ちょっと比べて見たいな~
ヒースのこともあるので、全体的に気合入れてみた分
疲れました・・・笑
ヒロインも今回不憫だったわね。魅力振舞う前に、ああなるなんて・・・・泣。私なら「大丈夫だわ」なんて言えないわ。
みみこdot 2008.09.01 15:37 | 編集
>みみこさん
早速感想読みにきてくれてありがとう~。
なのに、なのに・・私の感想って、後から読み返したら結構どよよ~んと(笑)
深夜に書いたからかしら?(笑)
すごく良かったのに、面白かったのに、なんていうか、アメコミの枠を超えた・・すごい!と感じながら、結構アメコミ好きなので、ああいう滑稽さや爽快さもちょっぴり欲しかったりした私でした。
でもバットマンは不憫なキャラですもんね。
バートン監督のは、結構アニメ?ちっくというか、独特です~(笑)でも原作ファンには不評だったみたい・・、私は好きなんだけどなあ。
ヒース、すごかったですね。目に焼きつきました(涙)
ヒロイン、あんなに不憫なのに・・私ったら(汗)
あのシーンは辛かったですね、衝撃でした。
dot 2008.09.01 17:22 | 編集
「ダークナイト」、ご覧になったんですね!
トラバさせて下さい。(笑)
アルフレッドの執事っぷりに対するコメントが私と同じで笑ってしまいました。(笑)

そうそう、「ビギンズ」の時のゲイリー・オールドマンは、私も絶対いつか裏切る!と思ってましたよ。(苦笑)
「ハリー・ポッター」も原作を知らなかったら絶対悪人だと思ったはず。「レオン」の印象が強いので、思い込み(刷り込み?)ってスゴイです。
Miidot 2008.09.09 00:48 | 編集
>Miiさん
TBありがとうございます。
遅くなりましたが、見て来れました!これは絶対何があってもスクリーンで見なくちゃ!って思ってたので。
アルフレッド、ご主人様のためなら何でもやってしまいそうですよね(笑)素早かったもの、処理?が(苦笑)

ですよね~!!ゲイリー!!
絶対いつかボロを出すぞ!って思いながら見てましたよ。
そうそう、ハリーでも。
刷り込み(笑)ってありますよね。
今回のゲイリー、大活躍でしたよね。
dot 2008.09.09 19:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top