2017
07.04

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」

最後の海賊

かってジャック(ジョニー・デップ)と運命を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)は今や幽霊船フライング・ダッチマン号の船長として呪われた運命を生きている。
その息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、父を救おうと海の伝説を調べつくし、呪いを解く力が伝説の秘宝(ポセイドンの槍)にあることを突き止める。

勇気ある青年に成長したヘンリーは、英国軍の水兵となるが、いまだ(ポセイドンの槍)にはたどり着けずにいた。
ある日、船が危険な“魔の三角海域”近くを航行中、恐ろしい姿をした“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)に襲われる。

            <パンフレット ストーリーより>


海賊シリーズ第5弾行ってきました~♪
1番スクリーンのど真ん中久々です3Dは吹き替えしかないので2D字幕版で。

まだ幼いヘンリー少年がたったひとりで!!海の底にいる呪われたダッチマン号の船長である父ウィル・ターナーに会いに行くシーンから物語は始まりました
ええ~っ!!もうキャプテンターナー登場まだ心の準備が~~

ウィル・ターナー

海の底ということで暗くて・・・劇場ではよく見えなかったけれど(もっとはっきり見せて~!!と心で)
こうして画像見ると・・・・いっぱいついてる~~ついてても男前だけど(笑)

父の呪いを解くためにポセイドンの槍を探そうとするヘンリー。
演じてるのはブレントン・スウェイツ(「ギヴァー記憶を注ぐ者」良かった)ウィルとエリザベスの息子・・・というのが頷けるイケメンですそしてその行動力も・・・父母譲り~(笑)
「ジャック・スパロウには近づくな!」と思わず声を荒げてしまったパパウィルですが(そりゃもう身をもってわかってます)、
やはり物語は(もめごとは・・・とも言える)“キャプテン”ジャック・スパロウを中心に回ってるんですね

海賊がまさかの陸での銀行強盗金庫じゃなくて(銀行の)建物まるまる馬で引っ張るーーーとか、
ギロチン台の大回転とか、
プププ~~のハチャメチャぶり健在(笑)危機一髪の状態もなぜか抜け出しちゃう飄飄ぶりもお約束通り。
そんな変わらないジャックに、離れたり戻ったりのギブスをはじめ海賊仲間たち、今や悠々自適のバルボッサ、そして今回若い風を吹かせてくれてるのがヘンリーと天文学者のカリーナ。
二人とジャックのやり取りは「1」の時のウィル&エリザベスとジャック・・・を思い出して懐かしく、(時の流れも感じて)ちょっぴり切ない気持ちも。

本作でジャックや海賊たちを追い詰めるのは、若きジャック(カッコいい)によって魔の三角海域に沈んだスペイン人将校サラザール。
メイクも凄いけど、ハビエル・バルデムの怒りの目力すごかった~、さすが。
バラっバラの骨、スカスカの身体で迫ってくる海の死神たちのビジュアルもインパクトありました!海上を走ってるし。

北を指さないコンパス、黒ひげのボトルシップ、ガリレオの日記、登場人物すべてが望むポセイドンの槍・・・これまでにも増してキーアイテムが多くてもっとシンプルでもいいかな~と思ったけれど、お宝を探すには冒険が必要で冒険にはアイテムが・・・っていうことかな(笑)
瓶を飛び出したブラックパール~!!やっぱりこうで無くっちゃね。

互いに腹を探りあい、思惑が絡まりあう、これもシリーズ通してのお約束だけれど、
そんな中でも恋アリ、親子の愛情アリ。
ちょっと性急な感じもしたけれど・・・・バルボッサーーーーーー叫ばずにはいられませんよ~~。
ジャックの肩にジャック(お猿の)がこんな時がこようとは

そしてやっぱり。
ウィルとエリザベス~~~、良かった、ヨカッタ
若きフレッシュなカップルも可愛くて良かったけれど、
ずーーーっとシリーズを支えてきた二人の何十年もかけてのラブシーンには心震えるナ。泣けました。
ファンとしてはウィルの登場が少なかったの、もっと観たかった~♪が本音ですが、
「ウィルは冒頭と最後に登場して物語の“ブックエンド”役を果たすんだ。」オーランドがインタビューでこんな風に語ってましたっけ。
このブックエンドは見事に物語を支えてくれました
当初は出る予定のなかったキーラちゃん、出てくれてアリガトウ


エンドロールの後のシーンもお見逃しなく
まさか、まさかの~~、あのヒト(?)が←大好きですけどね(笑)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/959-42f558db
トラックバック
コメント
瞳さん、こんばんは~。
まだ見れてないんですよー(>_<)
ストーリー、はじめて読ませてもらったけど、
面白そうですね!そしていいお話みたい。
キャプテンターナー、
私はもっとついてるのかと思ってましたよ(^_^;)
キャプテンらしい貫禄がありますね。
相変わらずジャックのドタバタもありそうで、
楽しみです(^◇^)
ハビエルのメイクも気になる~

劇場では「ハクソー・リッジ」を見ました。
沖縄戦ということで複雑な気持ちになりましたが、
アンドリュー・ガーフィールド演じる主人公の姿は、
感動的でした。

韓国映画3作品の最後に見た
「アシュラ」が面白かったので、
まだまだありそうな韓国の犯罪アクション映画を
チェックしてみようと思ってます(やみつきになりそう笑)
ポルカdot 2017.07.09 00:02 | 編集
>ポルカさん

おはようございます。
海賊ももう、5作目ですね♪シリーズの原点復帰?を感じましたよ。
と同時に「3」の続編でもありました。
キャプテンターナー!!きゃは(笑)思ったより少なかったですか~(笑)
貫禄ありましたーー(爆)オーランドが、アクション系の映画に出てたせいか、筋肉つけてて!(^^)!ひとまわり大きく見えましたよ。

ジャック、相変わらずです~~(笑)
若ジャックがカッコよかった!私てっきりCGかと思っちゃったけど役者さんが演じてるのね。どこから探してきたの?って思うくらいぴったりでしたよ。
ハビエル、髪のたなび具合に注目です。

ぜひぜひ、ご主人と見てきてくださいね。

「ハクソー・リッジ」予告を観ましたよ。
実話なのかしら。
戦場で人の命を救う主人公、ガーフィールド君でしたね。
予告を観ただけでもう感じ入るものがありました。

「アシュラ」!!韓国犯罪アクションなのね!!
韓国映画に疎いので、ぜひポルカさんにいろいろ教えてもらわないと。
また感想読みに伺いますね~♪
dot 2017.07.11 09:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top