2017
06.25

「胸騒ぎのシチリア」

胸騒ぎのシチリア

世界的な人気を誇るロックスターのマリアンは、お忍びで南イタリアの孤島、シチリアのパンテッレリーア島へヴァカンスにやって来る。
声帯の手術を受けたばかりでほとんど声が出ない彼女は、恋人で無名の映画監督のポールと二人だけで静かに過ごそうとしていた。
ところが、マリアンの元彼でカリスマ音楽プロデューサーのハリーが強引に押しかけて来る。
去年初めてその存在を知ったというセクシーな娘ペンを連れて。
歌って踊って、食べて飲んで、1秒たりとも黙らないエネルギーの塊のようなハリーに、マリアンのセレブな休暇はかき乱されていく。

              <公式サイト ストーリーより>


1968年製作のアラン・ドロン主演のフランス映画「太陽が知っている」をリメイク
ドロンの役をマティアス・スーナールツ、モーリヌ・ルネがレイフ・ファインズ、そしてロミー・シュナイダー演じる二人の男に愛されるヒロインをティルダ・スウィントン

お友達から情報をいただいて絶対観ると決めていた作品です(^-^)/

まずは一言言わせて~!!
「レイフって・・・・スゴイ」
いやもう、思わず大文字にしちゃった

別れた彼女を友人に紹介しておきながらやっぱり忘れられず、二人のバケーションに割り込み(しかも娘連れ)、脱ぐわ、泳ぐわ、料理するわ、食べるわ、呑むわ、迫るわのエネルギッシュさ
中でもストーンズの曲に合わせて歌う、踊る~~♪シーンのハイテンションさにビックリですよ。
レイフの作品全部観てるわけではないけれど・・・・、こんなレイフ、観たことないゾ!!しかも観たことないけど、すっごくハマってるーー。
常に喋ってて(術後で声が出せないマリアンにも質問攻め)、グイグイくる・・・・こういう男性ものすごく苦手なのに人の目をぐっと惹きつけずにはいられないこのカリスマ性見事でした。

かたや、今彼のポールは物静かで・・・過去に自殺未遂までしちゃってるらしいわけアリな様子。
オリジナルはもちろんドロン側だった私、
本作でも少し悲し気なマティアス・スーナールツに肩入れしちゃうけど、レイフのこの堂々たるカリスマ性にマリアンの心が傾いていきそうで・・・・・胸騒ぎドキドキ
そして事件が・・・。
展開はわかってはいたものの、リメイク版でもやっぱりこうなっちゃうのねーーと悲しい。

ダコダ・ジョンソン演じるハリーの娘(ホントに)の存在感が後半になるにつれて徐々に大きくなっていくのも見事でしたが、
なによりやっぱりティルダ・スウィントン
ほとんど無言(ささやき声)の彼女の、透明なようでいて、二人の男に愛されるヒロインっぷり、その独特な美しさが本作でも輝いていましたよ~。
この喋れないっていう設定は彼女のアイディアだそうですが、“効いて”ましたね。

ディオール

ディオール3

ディオール2

ディオールの衣装が美しいの、なんのって。大人の白と黒だよねぇ。
大きく開いた背中に見惚れました。
男性陣のファッションは・・・・、着てない時が多かったかな~(笑)特にハリー。

南イタリアの熱い太陽、島の風景が人工的な感じじゃなくて自然で・・・ちょっと荒々しさも感じるような美しさが印象的でした。
舞い上がる風も~~。
こういう場所でバケーションしたら、あんな風に開放的になっちゃうのかな(笑)
みんな大胆~!刺激的なシーンも多かったナ~。
食いしん坊な私には、ハリーの作る詰め物をした魚の塩釜?焼きや、地元の人が作った出来立てのリコッタチーズも気になりました♪


雨の中追ってくるパトカー・・・・・・そして
あのラストシーンは意外でしたえっ?そういうことそれで・・・いいん

オリジナルはこれから先の二人の関係にのしかかるだろう~~暗さが感じられる、なんともいえないラストシーンだったと記憶していますが、
リメイク版のヒロイン、マリアンには母性のような愛情も見えたような気がして・・・・そういう意味ではこのラストシーンもアリなのかな。


太陽が知っている

オリジナル版もぜひぜひ!再見してみたい♪
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/957-e321ddf1
トラックバック
コメント
瞳さん~  これ観ましたわ。DVDで。

レイフ、めっちゃ凄かったね。このひとほんとに名優だわ。

脱ぎっぷりのいいこと!そしてこんなあつかまし~いキャラ。
たしかに初めてみるレイフかもしれませんね。
私は気弱で陰鬱で生真面目なキャラを演じるレイフが
一番好きなのですが、でもこんなキャラも難なくこなす彼は
ほんとに素晴らしいと思いました。もう若くないのにね。
英国紳士がハマる彼ですが、ちょっと変わったキャラとしては
「バーナード・&・ドリス」というドラマでゲイの執事を演じていて
そのとき女装とかしてくれてたなぁ・・・・。
でもそれでも人柄はシャイな役だったので
こんなやりたい放題の役を演じるとは・・・・

ティルダは40超えてるとは思えない「いい女」ぶりで
大柄な彼女ならではのファッションが素敵でしたね。
そうそう出てくる食べ物がみんなとっても美味しそうで
シチリアでのバカンス…一度体験してみたいなぁ。無理だけど。
ななdot 2017.06.25 21:17 | 編集
>ななさん

おはようございます~。
ななさん、ご覧になってたのね♪
さっき、みみこさんちに報告に行ってななさんのコメントも読んできちゃった(笑)

>レイフ、めっちゃ凄かったね。このひとほんとに名優だわ。

ホント~!!凄かったね。
改めて演技の幅の広さ、引き出しの多さに唸りましたよ~。

>私は気弱で陰鬱で生真面目なキャラを演じるレイフが
一番好きなのですが、

ふふふ~(笑)いいですね、いいですねーー。

「バーナード&ドリス」
おお!!懐かしい~。
うんうん、そうでした!「日の名残り」みたいなお話かしら?と思いつつ、レイフの執事が楽しみ~♪と鑑賞した作品でした。
意外な!お話だったけれど、ここでもレイフだと全然違和感なくてなり切ってましたよね。
そうそう、シャイな役でした。
そういう意味では今回の役柄、新しいレイフが見れましたね。

ティルダ、「いい女」でしたね~。
2人に愛されて羨ましい~、大変そうだけど(苦笑)
背が高くてスレンダーで、背中も綺麗♪
ハリーは食も楽しむキャラでしたね。そういうとこは好きだわ!(^^)!

シチリアのバカンス、行ってみたくなりますね~。
私も無理だけど・・・。

ネットレンタルでドロンの「太陽が知っている」を予約しましたよ、再見が楽しみです。

dot 2017.06.26 09:27 | 編集
お邪魔します~~

おお~~瞳さんがローガン行かれたのですね。
私は別のを観たので、未見ですがこれで最後は
悲しいですよね。ちょっと感想拝見して
<プロフェッサーがあんなに衰弱して認知症のおじいちゃん>
ここショックでした・・( ノД`)シクシク…
若い時かっこよかったのに・・・。

あ・・・レイフ、レイフですね。
大文字でありがとう~~♪
<脱ぐわ、泳ぐわ、料理するわ、食べるわ、呑むわ、迫るわ
のエネルギッシュさ>
アハハ~~そうそう、若いですね。もう50オーバーなのに・・笑。私も頑張らなきゃ・・
<少し悲し気なマティアス・スーナールツ>
こちらは、こちらで母性本能くすぐるというか・・。
悩みは私にいって~~~という感じでした…笑

ティルダ・スウィントンみたいな神秘的な雰囲気のある
女性憧れますわ。

後半レイフがああなるとは全然知らなくって
もう、しくしくで・・・。
故意じゃなくても不憫でした。

ああいう場所で、がやがやお食事したりダンスしたり
したいですね。素敵な男性いたら最高だし。

ドロンの方の感想も楽しみにしています。
ドロンも素敵だものね~
みみこdot 2017.06.29 16:33 | 編集
>みみこさん

こんにちは~。
「LOGAN」主人がどうしても行きたかったみたいで(笑)
みみこさんは別のをご覧になったのね。

そうなの~、あんなに強かったウルヴァリンがフラフラしてるし、チンピラとかにもやられちゃうし、
プロフェッサーがとってもおじいちゃんで(でもパワーは暴走しちゃうけどあるし、途中力も使えたりしてました)
・・・・昔を思い出すと切なくなりますよね。
アメコミって感じじゃなくて、西部劇?人間ドラマっぽさのある作品でしたよ。

そうそう、レイフ~(笑)
思わず大文字にしちゃった!(^^)!だってすごいんだもの~。
今までにない役柄をこんなに見事に!!
すごい役者さんですね。

ふふふふ~、私たちも頑張らなきゃね(笑)

マティアスの方は影のある感じで・・・守ってあげたくなるようでね~。

>ティルダ・スウィントンみたいな神秘的な雰囲気のある
女性憧れますわ。

いいよね♪
美女っていうんじゃないのに独特のオーラが合って、素敵でしたよね。
2人に愛されて羨ましい~。

>後半レイフがああなるとは全然知らなくって
もう、しくしくで・・・。
故意じゃなくても不憫でした。

うんうん・・・あんなにエネルギッシュな彼があんなことに(涙)
彼を見つけた時のティルダの表情、声を出せないのに唸ってて・・・印象的でしたね。

あんな島で開放的にバカンス~~!!
いいな、いいな♪
私の場合は行く前に相当なダイエットが必要だわ(爆)

オリジナル、届くの楽しみです♪
dot 2017.06.30 13:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top