2017
04.17

「アンダーワールド ブラッドウォーズ」

ブラッドウォーズ

長老殺しの罪により同胞から追放され逃亡の日々を送るセリーンは、兵士の養成のためにとヴァンパイア族に呼び戻される。
新たなリーダー、マリウスの統率のもと勢力を強めているライカン族の猛攻に遭い、ヴァンパイア族は劣勢にあえいでいた。
その特別な血ゆえにライカンに狙われている行方不明の娘イヴを守るためにも、セリーンは戦いに挑むことを決意。
マリウスの襲撃を受け、死闘の末窮地に陥った彼女は、新たに手にした“ある能力”を駆使し、反撃に出る――

                      <公式サイト ストーリーより>


1作目が2003年ですから、もう14年
『バイオハザード』のミラジョボもそうですが、ケイト・ベッキンセールもスゴイナ~~
クールな美貌、黒ボディスーツをぴったり着こなした変わらないカッコよさ

本作は5作目です。前作4作目『覚醒』の感想はこちら
2012年ですから5年も前になるんですね。
ええ~っとどうなったんだっけ?と思いつつ、見始めましたが、このシリーズ登場人物は入リ乱れますがストーリーはそれほど込み入ってないのですぐにその世界に入っていけちゃいます。
そして、5作目の本作は前作よりもよりシンプルなストーリーでした。

勢力を増すライカン族に脅威を感じたヴァンパイア族が、追放したセリーンを呼び戻すのですが、それを提案した元老院のひとりセミーラ、匂う!なんか匂う~!!・・・・と思ったらやはり、予想通り。

ブラッドウォーズ3

ぴったりスーツを着込んだセリーンに対して、彼女は胸元を大きく開けてたり、スケスケの衣装に「おお!!」と思わせたり(笑)
最後の最後まで悪役っぷりが強烈でしたヨ~。

同胞であるはずのセミーラの陰謀と、圧倒的な強さで迫ってくるライカンのリーダー・マリウス、今回も血を抜かれたり(ううっ・・イタタ)苦境に立つセリーンですが、
4作目にも登場したデヴィッド(テオ・ジェームズ)、頼もしくなったわ~!!
セミーラのハンサム部下も登場して、今回なかなかイケメン度高しですヨ(笑)

そして、セリーンたちが助けを求めて訪れた北の辺境の部族!
その居城や、白髪、白を基調にしたスタイルがアンダーワールドシリーズの暗~い世界の中でとても新鮮でした。
ちょっと(ロードオブリングの)エルフみたいでしたよね~♪

しかし・・・新しい力を手に入れてまたまたまた・・・強くなったセリーン。(氷上でのアクション、カッコよかった~)
どこまで強くなっちゃうんだろう?

6作目も制作あり!と聞きましたよ
もう、敵がいないんじゃ?と思いますが・・どうなんでしょうか。
行方不明だったマイケルが本作で「ええっ・・・・結局はそんなことに」とショックな事実が明らかになったので、
どうかデヴィッドは大丈夫でありますように(イケメンは無事であって欲しい )。
娘イブがまた登場するかしら。

何年後でも、シリーズ完結まで見届けるつもりです~

ブラッドウォーズ2

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/940-6732b054
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top