2017
03.08

「シークレット アイズ」

シークレットアイズ

2002年、ロサンゼルス。
FBI捜査官レイは、惨たらしい殺人事件の被害者を見てショックを受ける!!
それは、仕事上のパートナーで親友でもある検察局捜査官ジェスの娘の変わりはてた姿だった・・・・。

捜査に乗り出したレイとエリート検事補クレアは容疑者を発見するが、FBI内部の事情により、真相は闇に葬られてしまう。

それから13年後、FBIを退職したレイはある事実を発見し、再び古巣へとやってくるのだが・・・・。

第82回アカデミー外国語映画賞を受賞した2009年のアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」をハリウッドリメイク。
オリジナルの衝撃はいまだ忘れられないな~。レモンティーを飲むたびに思い出します。

ハリウッドリメイクということで・・・舞台はロサンゼルス。
アルゼンチンのあの時代の混沌さ・・・犯人を捕らえきれなかった要因をリメイク版ではどんな風に?と思ったら、
911アメリカ同時多発テロ発生直後という・・・アメリカ全土がテロの脅威に警戒せざるを得なかった
ココに時代と舞台を据えたこと!これがとても上手く生かされていました。

シークレットアイズ3

そしてキャスト陣豪華です!!ニコール・キッドマンとジュリア・ロバーツって初共演なのね~

リメイク版ではオリジナルと違って、被害者をジュリア・ロバーツ演じる捜査官ジェスの娘に
これ、思い切りましたね。
この設定によってオリジナルとは違う“被害者を知っていた”(しかもレイはその日の朝、被害者との約束を守れなかったという負い目)事件に対する特別な思いが強くなっていたように感じました。
その分、観ているこちらも彼らの悲しみ、痛み、拘束したにも関わらず事情によって(聖域!!って何ーー!!信じられない)捕らえることができなかった・・・そのくやしさはとても強く伝わってきたのですが・・・。

ただ・・・、逆にそうしたことで、オリジナルで感じた事件と自分の人生(恋愛も含め)を重ね合わせた人間ドラマ的な深さ。それがあまり感じられなかったーーー
モラリスの妻に対する想い、忘れることができない過去にとらわれるその人生を自分と重ね合わせる・・・、
誰しも捨てることができない情熱についても・・・・。

主人公レイのクレアに対する情熱は確かにとっても感じましたよ~~、初対面の時からかなりの話しかけっぷり・・・、帰りは必ず駐車場まで送っていく・・・。
でも、私はオリジナルのベンハミンのラテン系なのに・・・控えめすぎる~!!目はものを言ってるのにね・・・というキャラがあまりに好きだったので本作のレイのキャラがあまり好きになれず(ゴメン~)、加えて、ニコール演じるクレアの(ちょっと、ちょっと、何歳!?とびっくりするくらいの)美しさにコワさ?を感じちゃって(犯人に尋問するシーンは迫力あって良かった!胸チラにもドキッツ)
二人の愛の行く末にそれほど感情移入できなかったのが残念(ますますゴメン~)。

シークレットアイズ2

髪型とかちゃんと変えてたのに、(ニコールの美しさがアダになって
現在と13年前が時々どっち??となっちゃったの、私だけかな~。

そんな美貌はニコールに譲って、すっぴん、ノーメイクで娘を奪われた母親であり捜査官であるジェスを演じたジュリア・ロバーツ。
その老けっぷりは衝撃!!というくらいの演じっぷりでした。
やっぱりヒトって口角が下がると老けるんだな・・・と改めてシミジミ・・(なんのこっちゃ 

衝撃の事実・・・・オリジナルと同様でありながら、でも違う選択を最後には見せてくれた・・・、リメイクならではのこのラストシーン、良かったです。
無理してオリジナルと同じにしなかった、レイとジェスの関係ならでは・・・でした。


さて、このリメイク版を見てからもうーー、無性にむしょーにオリジナルが観たくなって(こんな時、近所のビデオショップが閉店したのが痛い)
借りてきました♪

やっぱり、こっちが好きだーー
パブロ、本当にイイキャラだったね

イレーネのファッションにも今回注目彼女の隠された情熱を表すかのように・・・の洋服が多かったのに、今更ながらに気がつきました~♪
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/933-128689ce
トラックバック
コメント
こんばんは!

わたしもオリジナルの方がどのキャストも印象に残っています。
ただ,ジュリア・ロバーツはなんでこんな役に?確かに老けたし地味だしーと思っていたら
後半はニコール・キッドマンより心に残る演技と役柄に逆転。
いつのまにか,演技派女優に変身を遂げていたのですね。
ニコールももちろん演技も達者ですが,あの方は今でも美貌を前面に押し出しているので
どうしてもその美貌が邪魔をして?演技よりサイボーグ的な若さの方に目がいっちゃいます。
最近の彼女の出演作はみんなそう思ってしまう・・・。
あのお年でヒロインのオーラをいまだに放つのは凄いと思いますが。
ジュリアはよい具合に枯れて来ているのかしら、とか思ってしまいました。

オリジナルと変えたラストは意外でした。
想ですね、主人公レイとジュリアの友情を思うと
ああいう「救い」のあるラストにした方がいいかもですね。

ななdot 2017.03.12 23:18 | 編集
>ななさん

こんにちは。
ななさんもオリジナル、リメイクと両方ご覧になってたんですね~♪
オリジナルのキャラクター、みんな印象的でしたよね。

>後半はニコール・キッドマンより心に残る演技と役柄に逆転。
そうでしたね!!
娘を失った辛さ、悲しさ、そんな中でも強さ、すごく感じました。

>どうしてもその美貌が邪魔をして?演技よりサイボーグ的な若さの方に目がいっちゃいます。

そうなんですよ~~!!同感です~~!!
主人公にとって世界が違う高嶺の花なんだけど、それでもオリジナルのイレーネには可憐さ、可愛さなんかを感じたのですが、クレア(ニコール)には(密かに彼を思っているんだろうのに)そういう熱いものも感じられなくて。
とっつけない(?)なあ・・・・って思ってしまいました。

>主人公レイとジュリアの友情を思うと

オリジナルのままだと辛すぎますものね。

それにしてもオリジナルもリメイクも犯人は、ひどいヤツでした!!そこは激しく一致(>_<)

dot 2017.03.13 15:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top