2017
03.06

「LA LA LAND」

ララランド

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。
映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。
ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。
彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。
やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。

                       <公式サイト ストーリーより>


アカデミー賞作品賞発表時のアクシデント驚きでしたねーーー
もうスピーチ始まってたよ・・・・

とはいえ、🎊6部門受賞はすごい
この作品は絶対!!劇場で観ると決めていましたよ♪
うん!行ってよかったーー。

まず、オープニングが予想外でビックリ
ロスに向かう高速道路の大渋滞、進まない車から飛び出して一人、また一人と飛び出して・・・・・。
踊る!歌う~!舞う、登る(車に!)スケボも!
このパフォーマンスが楽しい~。夢見る人たちのパワーがここでもうすでに爆発でした
そして・・・・落ち着いたところで主演二人の(初めは最悪!)な出会い
バーでセブのピアノに魅せられたミアが思わず駆け寄るシーンでも、おお!あの予告のシーンがと思ったら全然違ってて「あれれ」・・・・と。
そんな風に最初は「タイプじゃない」二人だったのが・・・、惹かれあっていく姿はある、アル~!!物語ではあるけれど、パーティ帰りの公園でのタップダンスの楽しさ♪

ララランド2

「理由なき反抗」の映画館デート(別の男性と食事をしていたミアが流れてきたピアノの曲に思わず立ち上がるシーンも好き)のハプニングから

グリニッジ
グリニッジ天文台へ星空へと舞い上がる二人
こういう流れがとっても好きだーー(笑)
なにせ、もう!!エマちゃんも良かったけど、ライアン・ゴズリングが素敵すぎる~~
ピアノ姿にノックアウト波止場で帽子クルクル~&歌にもヤラレターー

意外だったのは、ミュージカル映画だけれど(主演二人は)朗々と歌いあげるのではなくて、
この街で夢を追い、生きていく・・・そうした夢追い人の心情を静かに、時には切なく、抑えて歌う・・・・♪
ミュージカルってこんなにも歌う時の表情(演じっぷり)に目が行くんだったっけ?と新鮮に感じたし、台詞と同じくらい自然に感じました。

「LA LA LAND」このタイトルがまたイイナ~。
まさにロサンゼルスという街自体がこの作品のもうひとつの主役でしたから。

5年後の二人・・・。
セブの弾くピアノの曲が流れる中、あのラストの
めくるめく夢のようなシーン
予告のあのキスシーンはココだったんだ・・・・(涙)、
二人ともそれぞれ見事に夢見ていたものを手に入れたけれど・・・こんな風な別の夢もあったよね・・・、二人で過ごすパリの夜(「ミッドナイト・イン・パリ」を思い出すなぁ)
もし、こうだったら・・、こんな風だったら・・・あぁ、切ない。

それでも、互いの夢をたたえるかのようにそっと笑顔をかわす二人・・・、
“どうか乾杯を 夢追い人に”そう、そっと歌いたい。

カラー

色鮮やかなファッション、いったい何着着てたのかしら?と思うくらいのミアのファッション、一番印象的なのはやっぱりタップダンスの時の黄色のワンピースかな~。

でもエマちゃんに負けないくらい、今回ライアンのファッションに目が行きました♪
オシャレでスマート、ちょっと独特のこだわりも感じちゃう。お金のために参加したバンドスーツもカッコよかったですヨ。私はあの音楽も楽しかったな(笑)

セブ

セブ2

セブ3

サントラ、買おう~っと。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/932-88b2400f
トラックバック
今更ですが、見ました。4つ★
「ラ・ラ・ランド」感想 dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2017.05.11 15:42
コメント
感想拝見しに来ました。
もう~~すっごく良かったよね。
ライアン素敵すぎだよね。
タップダンス姿もピアノ弾く姿も、絵になって
いたよね~~美しい。
波止場での帽子くるくる・・・(笑)哀愁満ちていて
抱きしめたくなっちゃいましたよ。
ラスト・・・こういう展開だとは知らなくって
感情押さえるのに一苦労。
ああいう演出、人生経験重ねてきた人のほうが胸にしみるよね
夢と現実の折り合いが分かる部分あるからね~
ライアンのファッション私も好き。
映画館のスーツ、茶色いの・・・落ち着いた感じで良いよね
デートに気合い入れたって感じで(笑)
バンド音楽でのライアンも、私は嫌いではなかったですよ(笑)
サントラ~~買うのね。
私も~~★
一緒にランドに浸りましょうね~~♪
みみこdot 2017.03.06 21:52 | 編集
>みみこさん

おはようございます~。
良かったわ~♪思ってたミュージカル映画?っていうイメージとは違ってたけど、
それがまた新鮮で、ロサンゼルスという街ならではの映画で・・・そして、そしてとにかくライアン!!
好きだーーー(笑)

>抱きしめたくなっちゃいましたよ。
うんうん、わかるーー(笑)
最後の笑顔もね・・・切なくてキュン!ときて、思わず「セブ―!!」って叫びたくなったわ。

>ラスト・・・こういう展開だとは知らなくって
感情押さえるのに一苦労。
そうなの、そうなの!!
ミアの5年後の様子が映った時、同じ列のおじいちゃんが「アッチャーー!」的な声をあげたの!(^^)!
おじいちゃん!!と思ったけど、わかる、わかるよ、その気持ちって思ったわ。
あのめくるめくような甘い夢の「もし、そうだったら」のシーンは、美しくて素敵で・・・それだけに余計泣けるね。

>ああいう演出、人生経験重ねてきた人のほうが胸にしみるよね
監督若いのに・・・ああいう演出、ニクイよね。

ライアンのファッション、素敵だったよね。
そうそう、あのデートのスーツもいい感じ~♪
あ!みみこさんも?(笑)
バンドのメンバーやってたセブもシニカルな感じだけど、クールでカッコよかったよね。

サントラ、絶対欲しくなるよね。
うんうん、浸りましょ。
もう1回見に行こうかなぁ(笑)
dot 2017.03.08 10:23 | 編集
瞳さん、こんにちは~。
4月ですねーそちらは桜満開なのかな。
静岡は開花が遅れて、まだ少ししか咲いてません。

私も見ましたー♪劇場観賞してよかった!
オープニングは圧巻でしたね!わくわく楽しかったです♪
二人がすんなり恋に落ちなかったのもよかった(笑)
タップダンスも天文台のシーンも大好きです。
あとエマがリクエストした曲で踊るのが超キュートでした。
ゴズリン、カッコよかったですねーピアノすごいですよね。
ラストは切なかったけど、
一瞬でもこんな二人を見れて嬉しかったです。
ファッション、素敵でしたねーゴズリンはスーツも似合う!
私もバンドの曲、すごくよかったと思いました。
自分の好みはジャズよりこっちの方(笑)
もう1回大きなスクリーンで見たいなー(笑)
ポルカdot 2017.04.06 18:04 | 編集
>ポルカさん

こんにちは。
レス、遅くなってごめんなさいね。

春休みが終わって孫ちゃんたちも帰り、久々PCの前にゆっくり座りました!(^^)!

桜、雨の中満開です。
そちらも咲いたかな~、また寒くなってビックリですね。

わーー、ポルカさんも劇場鑑賞♪
オープニング、盛り上がりましたね!!楽しい~。

>二人がすんなり恋に落ちなかったのもよかった(笑)

私、予告で何回もキスシーン見てたのでてっきり互いにひとめぼれ~って思ってて、驚いちゃいました。
タップダンス、天文台のシーン、ロマンチックでしたね。

ゴズリン、最高でしたーー。
久々、ゴズリン熱上がってます(笑)
ピアノ、すごいよねぇ~~。
そうそう、スーツ、似合う!!
あまりにゴズリンが素敵だったのでラストが切なくて、切なくて。
でも、ラストに微笑みあう二人が見れて良かった~。

>自分の好みはジャズよりこっちの方(笑)

おおーー!!ポルカさんロック系?
うんうん、私もノリがよくて盛り上がっていいじゃん!!って思いましたよ。

大きなスクリーンで観れて本当に良かった~って思いました。

dot 2017.04.11 15:38 | 編集
こんにちは。忘れたころコメントするBill McCrearyです。

この映画、やはりダンサーの衣装が原色で鮮やかでしたね。「ロシュフォールの恋人たち」もやはりダンサーの服の色が印象的でした。ミュージカルでは、そういうお約束でもあるんですかね。

ところでこの映画を観て、映画の趣旨はまた違いますが、なんとなく「シェルブールの雨傘」みたいだなという気がしました。これも「ロシュフォール・・・」と同じ監督、女優ですね。

あ、ついに米国映画にコメントしちゃいましたね。なんとなくこちらでコメントする映画は、非米国映画に限るつもりでいたんですが。

違う映画にもコメントさせていただきます!
Bill McCrearydot 2017.05.06 17:55 | 編集
>Bill McCrearyさん

おはようございます。
GW終わってようやくPCの前に座りました。お返事遅れてごめんなさい~。

ダンサーの衣装!!そうでしたねーー。
「ロシュフォールの恋人たち」や「シェルブールの雨傘」、
本作の監督さん、そういった過去のミュージカルにリスペクトの念を感じますね。
特に「シェルブール」は私もそう思いました♪

>あ、ついに米国映画にコメントしちゃいましたね。なんとなくこちらでコメントする映画は、非米国映画に限るつもりでいたんですが。

ふふふ~、そうだったんですね(笑)
私は大歓迎です。

そうそう、先日「フラワーショウ!」を観ながら(アイルランドのガーデンデザイナーということで)Bill McCrearyさんを思い出しながら見てましたよ。
dot 2017.05.09 10:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top