2016
11.13

「クーパー家の晩餐会」

クーパー家のクリスマス


今日は、世界のあちこちが、愛と平和に包まれるクリスマスイブ。
だけど、クーパー家の人々は違っていた。
それぞれが抱えた秘密が今夜の晩餐会でバレないかとおそれているのだ……。

          <公式サイト ストーリーより>


11月も中旬になりましたそろそろクリスマス映画が気になる~

クリスマスイブを舞台にした本作、劇場公開された時は季節外れでしたが、いい時期にレンタル開始になりました
たくさんのモミの木が並らび、家々には電飾が飾られ、クリスマスケーキやクッキーが焼かれていく~
なんて美味しそう(笑)
オープニングからクリスマスを祝う街の様子が映し出されて、テンション上がりました

そんな中ちょっと雲行きの怪しい夫婦が一組。
長年共に過ごし、子どもたちも孫もいるクーパー家のサムとシャーロット。
実は離婚を決めたばかり、これが最後のクリスマスイブ。
けれども、一年に一度のクリスマス、悲しい知らせは晩餐会が終わってから・・・と決めていた二人に、実は子どもたちも、叔母さんも、それぞれ問題を抱えていて・・・、というお話なのですが。

楽しくて暖かな、家族団らんで過ごすクリスマス。
一大イベントだからこそ!!素晴らしい思い出にしたい~!と力がこもるし、
久々に会う家族だからこそ、窮地に追い込まれてる自分を見せたくない、ちゃんとやってると安心させたい。
だけど、ダケド・・・という、家族の物語を群像劇風に描いていきます。

てっきり晩餐会であれやこれや~といろんなことが起こるのかと思ったら、集まるまでのシーンの方が長かったのが意外でした!

それぞれの抱える問題、やはり年齢と立場からいうと熟年妻のシャーロットが一番身近なんだけど(笑)
そこはやはり、空港で出会った見知らぬ青年ジョーを恋人に仕立てて、両親を安心させようとするエレノワが気になる
複雑なキャラクターをオリヴィア・ワイルドが魅力的に演じてました~♪
時々トゲもある彼女にハラハラしちゃうけど、ジョーの笑顔が包みこんでいましたね。

アマンダ・セイフライドは相変わらずキュートだし、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、マリサ・トメイ、そしてダイアン・キートンと、
俳優陣の豪華、芸達者なこと~。
そんなしっかり固めた名優たちの中で、子役たちも可愛かったナ♪伸び伸び~、個性的。
名犬ラグスの活躍っぷり、食べっぷりも楽しかった。

家族だからこそいろんな思いがあって、言えないこともあって・・・。
でも隠していても隠せてないから
そして家族だからこそ、心配しあって歩み寄ることもできる。
クリスマスですからね~、もちろん、心温まるラストシーン。そうでなくっちゃ

降り続く雪、37個のスノードーム、ツリーの見事な飾りつけ、
食卓に並べられたお料理の数々、赤いスカーフを襟元にシュっと結んだ(真っ赤なエプロン!)シャーロットのクリスマスルック
クリスマス気分を一足早く、堪能しました~♪

晩餐会
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/909-c00dbe08
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top