2016
11.01

「パーフェクト ルーム」

ロフト

豪華なビルのロフトを共同で借り、妻たちには内緒でそれぞれのお楽しみに使っていた5人の男たち。
だが、ある朝、その部屋で女性の死体が発見されるーー。

カギを持っているのは自分たちだけ・・・。
いったいなぜ、何が起こったのか、犯人はこの中にいるのか。5人は議論を続けるうち、互いに疑心暗鬼に陥っていく。


2008年制作のベルギー映画『ロフト』をハリウッドリメイク。
これ、楽しみにしていたんです~♪オリジナル版『ロフト』面白かったもの。

ロフト2

ジェームズ・マーズデンにカール・アーバン、ウェントワース・ミラー、そしてマティアス・スーナールツ(彼はオリジナル版と同じ役!!)
おおーー、いい顔ぶれを揃えましたネ

ハリウッド版リメイクもオリジナル版と同じエリク・バン・ローイ監督なので、ストーリーや結末も同じなのかな?それとも?・・・と探りつつの鑑賞だったのですが、
オリジナルは確かもう6年前?の鑑賞なので細かい部分は思い出せない。
そこが逆に良かったのかも
最後までしっかりと緊張感が持続!
そうそう、それに顔ぶれが違うと雰囲気が全然違っているように思いました。
ハリウッド版はやっぱりどこか華やかでした。
クリスとアンの間に流れる空気もぐっと甘い気がしたわ。

オリジナル版では、俳優さんもお初の方ばっかりだったので、平常心で一人一人推理しながら観ていた私ですが、
本作ではついつい、ジェームズ・マーズデン(ひいきのサイクロップス)の切ない目がたまらないわ~とか、
おお!!カール・アーバン、セクシーとか、
(ベルギー版の時はお初だったけど)それ以降いろんな作品ですっかり好きになったマティアス・スーナールツにいたっては、オリジナルの時は散々に言ったのに、いや、あんなひどい過去があったんだから辛いよねぇ・・・なんてダメダメ男にすっかり肩を持ちながら観てしまう始末。
ハリウッド版から先に観ていたら目が曇りっぱなしの私は、真犯人にはとうていたどり着けないナ~。

リメイク版を見たら、もう一度オリジナルを観てみたい~気持ちがムクムク
オリジナルとリメイクで同じ役をやったマティアスの演技に違いがあったのかもチェックしてみたい。

で、少し検索していたら、なんとハリウッドリメイクの前にオランダでもリメイク作品が作られているそうです。
『ロフト 完全なる嘘』というタイトル
こちらも気になります🎵

リメイク人気の秘密は、設定と脚本の面白さはもちろん、もしかしたら秘密の隠れ家を手にしたら男はどうなる?そして妻は?……なんてついつい想像してみたくなるからかもしれませんね~。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/907-7776139a
トラックバック
コメント
瞳さん、こんばんは。
ハリウッド版のタイトル・・完璧な部屋・・なんですね;;
オリジナル版は私もだいぶ忘れてるのできっとこれもドキドキ楽しめると思います(^^ゞ
と思ったら、もう一つリメイク版があったとは。
最近はDVDになる時にタイトル変わったりするものもあるし、なんだか混乱しそうです(汗)

ところでここでなんですが;;
カポさんのブログなくなってません?
やめてしまったのかな?何か聞かれてますか?
つるばらdot 2016.11.05 21:20 | 編集
>つるばらさん

こんばんは。
『完璧な部屋』のはずが……、ああいうことが起こっちゃうわけですねぇ。
キャストが知ってる俳優さんが多かったので、ついついその役で……ではなくて俳優さんのイメージで観ちゃいました(>_<)

オランダ版をネット予約しましたよ!
こちらも見てみたい。
そうそう、タイトル、いつの間に変わってる?なんていうのもありますよね。

カポさん……、私もつるばらさんにお聞きしようかな?と思ったんです。
少し前から見れませんよね。
どうなさったのかな?
dot 2016.11.06 21:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top