2016
10.09

月イチ★クラシック「ダークハーフ」

ダークハーフ


純文学作家のボーモンドは、一方でジョージ・スタークというペンネームでバイオレンス小説を書き人気を博していた。
しかし、ある男からの脅迫を受けスタークのペンネームを葬ってしまうことを決意する。

が、その日から彼の周囲で猟奇的な殺人事件が次々と起こるようになり・・・!!


1993年公開のアメリカ作品。
原作がスティーブン・キング、監督がジョージ・A・ロメロと知ってこれは観たい~♪と今月の月イチ★クラシックにチョイスしました。

純文学では食べていけないサッド・ボーモンドは、ジョージ・スターク名で過激なバイオレンス作品を書いているのですがこれがなかなかの売れ行き。
けれど、出版社のつてからそのことを知った男にゆすられ、思い切って自分からそのことを世間に発表し、ジョージ・スターク名を捨ててしまうことを決意します。
カメラマンのアイディアでスタークの墓まで用意されてしまうのですが、その後、カメラマンをはじめ周囲の人々が惨劇にあっていく・・・。
自分が葬り去ったペンネームに復讐されるという不思議なお話なのですが、
キング自身も違うペンネームで作品を書いていたそうなので、「もしも・・・・?」なんて考えたんでしょうか。
それにしても映像化するのは難しい作品ですよね。

キング&ロメロっていうことで、かなりホラーホラーしてるんじゃないかしら?と想像していたのですが、
怖さよりも、スタークとボーモンドの関係性(そこもまた別の意味でコワイけど)が気になって
鳥のさえずりが聞こえるという予兆の後の怪しいボーモンドの様子にまさか?とドキッとしたり、
全く対照的な二人にまるでジキルとハイドと思ったり、
多重人格?これまで眠っていた感情が一方を葬ることで目覚めた?・・・とかいろいろな想像を掻き立てられました。

猟奇殺人のシーンも多いのですが、
一番怖かったのは冒頭のあの手術のシーン!まさか脳の中にというあのシーンが強烈でした。
生まれる前の過程でもう一方を吸収仕切れなかった・・・なんて説も驚きです。
予兆の鳥のさえずりや、空を黒く覆うほどの雀の大群、ただでさえ、鳥が苦手なのに・・・不気味でした。
雀でもあんなに集まって怖すぎ~~。


ボーモンド(&スターク)を演じているのがティモシー・ハットンだったのも嬉しかったなぁ
「普通の人々」懐かしい。
イケメン過ぎない好男子っぷりがいいよね身近にいそうな、決して派手じゃない堅実さでスタークの異常性をより際立たせていました。

目つき鋭いアラン保安官に疑われつつも、しっかりと彼の味方をしてくれる奥さんや、可愛い双子ちゃんの存在。
この双子の赤ちゃんの表情が素晴らしく可愛い~♪

ラストもいったいどうなるの!?と思いましたが、
この時の双子ちゃんの表情がニコニコとあまりにも可愛かったのでついついそちらに目が行って怖さ半減・・・なのは残念というべきなのかしら

キングの原作が気になります。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/900-970c0ba6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top