2016
08.18

「イット・フォローズ」

フォローズ

19歳のジェイはある男から“それ”をうつされ、その日以降、他の人には見えないはずのものが見え始める。
動きはゆっくりとしているが、確実に自分を目がけて歩いてくる“それ”に捕まると確実に死が待ちうけるという。
しかも“それ”は時と場所を選ばずに襲ってくるうえ、姿を様々に変化させてくるのだ。
いつ襲ってくるか分からない恐怖と常に戦い続けながらジェイは果たして“それ”から逃げ切ることができるのか!?

                                               <公式サイト より>




※↓ラストについてのネタバレがあります。未見の方はご注意くださいね。

“それ”はゆっくりと歩いてくる。
“それ”は人にうつすことができる。
“それ”はうつされた者にだけにだけしか見えない。
“それ”は様々な人間の姿になり変わる。
“それ”はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。



“それ”って・・・・・いったいナンデスカーーー!?
お友達のところで見て、ものすご~~く気になっていた映画です。

このナゾナゾのような“それ”の正体、結局は分かりませんでした~~
でも、ほら、分からないからなおさら怖い、分からないからますます気になる~~ということで、鑑賞後は絶対誰かのレビューが読みたくなる、語りたくなる映画です。

どこからやってくるのかもわからない、どんな姿をしてくるのかもわからない、“それ”の恐怖に心臓ドキンドキン

フォローズ2

ただ後ろを振り返るだけのシーンなのにコワイ
まるで(やがて近づいてくる“それ”目線でもあるかのような)遠くから捉えた映像や、
独特の、こんなの聞いたことがない!!っていう不気味な音が響く♪音楽も恐かった~~。

でも、観終わった今、怖さ以上に心に残っているのがこの映画、青春ムービーだったなぁってこと。

大きなビニールプールで泳ぐジェイ、植木の影から覗く男の子たち、
付き合い始めたばかりの彼、映画館でのデート、幼なじみとの初キスの思い出、
“それ”から彼女を守ろうと頑張る妹や友達。
恋や友情、甘酸っぱさや切なさ、そして不安や戸惑い・・・、“それ”の謎や怖さも強烈なのだけれど、
彼らの姿にあぁ、帰らない青春の日々(私の青春とは全然違うのにサ)若いねぇ・・なんてしみじみ感じてしまいました。

そして、ホラーのようであり、青春ムービーでもあるこの作品で引用されるのが、ドストエフスキーの「白痴」ってとこ、
監督っていったいどんな人
『傷よりも、死が何分先か、何時間先に待っているんだということを分かっているのが恐ろしい』(うろ覚えですが)
この引用がすごく意味深な気がします。

モノクロの古いTVを見ているかと思えば、電子書籍を読んでいたり(シェル型!)いったいいつの時代か捉えられない不思議さや
登場人物の中に主人公たちにしっかりかかわる大人の存在がないこと、
草原に伸ばしたジェイの白い指に塗られた赤いネイル、細くちぎった葉っぱを腕に並べていくシーン、

フォローズ3

美しくも恐いこのプールの場面も・・・、
どこか寓話的にも見えたりしました。う~ん、なんてフシギな作品なんダ。

ラスト、二人はあれからどうなるのでしょうか。
なんとも意味深に彼らの背後には、一人の人物が近づいてきているように見えます。
“それ”なのかーーーー

いやいや!きっと大丈夫!!
なぜって~?なんの根拠もないけれど(笑)
しっかりと握られた二人の手に、暖かさと強さを感じたから。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/889-309f9350
トラックバック
コメント
瞳さん、こんにちは~。
台風が続けてきて今週も大雨でしたが、大丈夫でしたか。
昨日は雨がひどかったけど今日はいいお天気になりました。
夏バテ大丈夫ですか、疲れが出る頃でもあるのでご自愛くださいね。

かなり変わった映画でしたね(^◇^)
でもしっかり青春ムービーで胸キュンもあり、楽しめましたね。
感想拝見して、TVとか電子書籍とか色々気付かなかったことを教えていただけてよかったです!
確かに、しっかり関わる大人がいなかった!
なんかどんどん深い映画に思えてきました。
一方「それ」の仮(?)の姿が・・・(^_^;)
ハッとするような美しい映像もあって素晴らしかったですね^^

この監督の長編デビュー作「アメリカン・スリープオーバー」が東京の1館で上映されたようです。
2010年作品の青春映画で、とっても観たくてDVD探したのですが、ありませんでした(ガクッ)DVD出てないのかも?気になりますよね。
ポルカdot 2016.09.09 14:56 | 編集
> ポルカさん

おはようございます。
台風続けざまでしたね(>_<)こちらは大丈夫でしたよ。
ありがとうございます。
北海道、東北、そして関東地方は今年台風大変ですよね、気をつけてくださいね。

お昼はまだ暑いですが、朝夕は過ごしやすくなってきましたね。
またウォーキング始めようと思ってますヨ。

ポルカさんちで拝見して気になりました!(^^)!
そうでしたね~!不思議な映画でした。怖いけど、青春してて美しくて。
あのシェル型のスマホみたいなの、あれ面白かった(笑)いったいいつの時代っていう感じでしたよね。

「それ」の仮の姿・・・・、ゾンビよりもゆっくりだけど、でも確実にやってくる!年齢層もいろいろでしたね。

「アメリカン・スリープオーバー」ググってみました♪
ほんとだ~!!東京1館なのですねーー。この監督の青春ムービー、気になる~。
DVD出て欲しいですね。WOWOWのジャパンプレミアでやらないかなぁ!(^^)!
dot 2016.09.10 09:48 | 編集
お邪魔します~~
こちらで違うお話ですが・・・。

瞳さん鳥取ご旅行だったのですね。
驚いたことでしょう。
何事もなく本当良かったです。
旅先の土地で、となると不安だったりしますものね。
まだまだ大変な思いをしている人のことを考えると
心痛みますが、無事ご自宅に戻ることができて
良かったわ。

そして映画の話ですが。
この奇妙な設定やっぱりそそられますよね。
そういえば、台詞も意味深なもの多かった気が。
冒頭がインパクトある映像で(少女の手足が曲がっているの)
どうなることかと思いましたけれど、終始淡々とそれほどグロくない映像で楽しみながら見ることができましたよ。
変化球ホラーもたまには良いよね
主人公の女の子も可愛くって守ってあげたくなるわ
みみこdot 2016.10.25 17:32 | 編集
>みみこさん

こんにちは。

そうなんですよ~、鳥取に行ってました。
驚きました!!
「今はもう日本中、どこで地震が起こってもびっくりしないわ」と地元の人が離していたのが印象的でした。
倉吉の近くを通った時は、瓦がゆがんでいたり落ちている家が多くて・・・・(>_<)
まだ余震が続いているようで心配です。
実は我が家地方も震度4だったみたいで(ニュースで見て)家の中とか大丈夫だったのかなあと心配しつつ帰りましたが、何事もなくてホッとしました。
一刻も早く収まってほしいですね。

この作品、とっても不思議でしたよね~。ほんと、奇妙な設定なんだけど青春ムービーっぽくもあるし、哲学的?な感じも受けましたね。
そうそう、あの冒頭の少女!!衝撃でしたよね。

>それほどグロくない映像で
うんうん、そうでしたね。
ハッとするような綺麗なシーンもあったし。

直球ど真ん中ホラーは心臓に悪いけど、こういうのならイケる(笑)
dot 2016.10.26 14:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top