2016
02.27

「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」

残酷な牙

ここはイランの何処かにあるゴーストタウン――バッド・シティ。

ジャンキー、ポン引き、娼婦…、そこは死と絶望に満ちている。 暗闇が覆い尽くす夜、町に現れる黒衣の美しい少女。静かにそして冷たく、町にはびこる悪人たちを襲うその正体は、残忍で美しい牙を持つヴァンパイア。ある夜、少女は孤独な青年と出会い、急速に魅かれあっていく。それはまるで血塗られた壮絶な世界へとふたりを導くように…。

                 <公式サイトストーリーより>

                 

私としたことが・・・ヴァンパイア映画なのに、ノーチェックだったとは
お友だちから教えていただいて大感謝
ヴァンパイア映画にまたひとつ!新しい扉が開いた~~と大満足の1本でした。

舞台はイランのどこか“バッド・シティ”
夜の闇から生まれ出たような黒衣の少女。長い、長いチャドルが彼女の姿を長身に見せる。
少し前に観たヴァンパイア映画の古典中の古典、かのリー様のドラキュラ伯爵のように。

けれど、部屋にはポップスターの写真、イギリスのバンド音楽が好きな少女は、チャドルの下にボーダーのシャツを着こみ、夜の通りをスケボーで風を切る。
そして彼女が襲うのは、ヤクの売人やジャンキー、あぁ、そんな(ろくでもない)男たちの血でいいのーーー

男が歩けば後をついていき、立ち止まれば少女もピタリ。
横にあるけば彼女も同じ。通りを隔てて向かいあう・・・・・。

残酷な牙2

こういう、何とも言えない“間”や、台詞の少なさ、(男を襲う一瞬の動以外)の静けさが、いろんなことを想像させ、怖さを増し、
とっても好みの映画でした。

そして、普段は白Tシャツにジーンズ姿の青年は、ドラキュラになって(コスプレ)彼女を抱きしめる。
説明が無くても、台詞をほとんど交わしてなくても、その時の少女の驚き、トキメキ()がズギュン!と胸にキターー(笑)

ドキドキのシーン

その後の、少女の部屋でのこのシーン。
く、首が~~~、あぁ、ドキドキ思わず息を止めて見入っちゃった。
彼、アラシュがデートに呼び出したのが、発電所っていうのも・・・なんて(この街ならではの舞台)新しい

イラン出身のアメリカ人アナ・リリー・アマポアー監督は、この作品が長編デビューとか。
う~ん、今後の作品がとっても楽しみです。

そうそう、本作、忘れてはならないのが、冒頭からラストまで登場する一匹のネコちゃんの存在です。
クロネコではありません~。
どちらかというと丸っこい、普通っぽいネコちゃんなのですが、カレ(♂です)の目の表情が素晴らしいの、なんのって。
ちゃんとキャスト紹介のところにも名前が出てる(マスーカ)のが嬉しい。

モノクロの映像が夜の闇をなお深く、バッドシティーと言う名の街をもっと暗く見せながら、
怖いはずの少女の牙に魅入ってしまう。

チャドル

異国の匂い、新しい魅力に満ちたヴァンパイア映画でした。

「悪い子なの?」
少女に問い詰められた男の子の恐怖・・・・・、トラウマだよね。
ヴァンパイア映画で(襲われるシーン以外で)こんなにコワイ!と思ったのは初めて。あぁ、ブルブル。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/859-0f544bca
トラックバック
コメント
瞳さん、意外です!ヴァンパイア好きなんですね?(笑)
私の世代だと、ヴァンパイアといえば「ポーの一族」(萩尾望都)です。
今、見たら「ぼくのエリ 200歳の少女」もご覧になっているのですね。
これはよかったですね〜。寒々しい北欧の風景がなんとも言えませんでした。
ハリウッド版「モールス」はストーリーはほとんど同じですが、私はこちらの方が恐かったです。孤独感もこちらの方が強くて、なかなか辛い映画でした。

イランが舞台のチャドルを着た美少女ヴァンパイア、かなり魅力的です!!
でも恐そう〜 ((;・・;))ブルブル
でも見たい〜(笑)

tontondot 2016.02.28 18:04 | 編集
> tontonさん

こんばんは~♪
はい!ヴァンパイア大好きです(笑)ヴァンパイア映画とゾンビ映画(!)は欠かさずチェックしております~。
(ゾンビ映画は以前は全然ダメだったんだけど、海外ドラマの「ウォーキング・デッド」やほかにもいろいろ観てるうちにクセになってきました !(^^)!)

> 私の世代だと、ヴァンパイアといえば「ポーの一族」(萩尾望都)です。
おおーーーー!!大好き!!
初めて読んだときの衝撃といったら!いまだこれを越えるものはありませんね。

> 今、見たら「ぼくのエリ 200歳の少女」もご覧になっているのですね。
> これはよかったですね〜。寒々しい北欧の風景がなんとも言えませんでした。
うんうん、良かったですよねぇ。そうでしたね。あの風景がまたなんともいえない孤独感を深めていましたね。
私も北欧版の方が好きです。

> イランが舞台のチャドルを着た美少女ヴァンパイア、かなり魅力的です!!
> でも恐そう〜 ((;・・;))ブルブル
大丈夫です!!
舞台もどこか架空の街のような感じで、不思議なユーモアが漂う場面なんかもあったりして、新感覚のヴァンパイアものでしたよ。良かったらぜひぜひ~♪

dot 2016.02.28 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top