2016
01.05

瞳の勝手にCinema賞 おまけ編 ファッション他 2015年

Category: 映画のはなし
マダム2


勝手にCinema賞、最後は恒例のファッション編へGo~

その前に去年読んだ、映画の原作本は

『輪廻の蛇』(映画「プリデスティネーション」の原作)
『私が眠りにつく前に』(映画「リピーテッド」の原作)
『素晴らしき結婚生活』(映画は「ファミリー・シークレット」)
『ゴーン・ガール』
『盗まれた街』(映画は「ボディ・スナッチャーズ」)

でした
どれも、映画と見比べて(読み比べて)とっても面白かったデス。
中でも、ジャック・フィニイの『盗まれた街』は、さすが、何度も映画化されるのが分かる~!SFの古典、名作だわ!と納得です。


おまけ編 ファッション賞

女優さんの着こなし~


まずは、華麗なドレスからまいりましょうか

『シンデレラ』リリー・ジェームズ
シンデレラ ブライダルドレス
シンデレラと言えば、ドレスはブルー(昔読んだ絵本のまま)。
シルクをますます輝かすスワルフスキーのクリスタルと、たくさんの小さな蝶の飾りはなんと日本人の方が作ったのだとかシンプルだけど気品と愛らしさに溢れたウエディングドレスにもうっとりしました。

『美女と野獣』のレア・セドゥ
美女と野獣 ベル
う~ん、こちらも美しい~~。
ドレスもだけど、アクセサリー、髪型、ティアラに至るまでとっても凝ってマス。

どちらの作品も、舞台や小道具に至る細部まで素晴らしい~、眼福です

眼福と言えば、インドの衣装サリーを美しく着こなしたこちらの方も

『マダム・イン・ニューヨーク』シュリデヴィ

アダム マダム2

マダム3 マダム4
あぁ・・・なんて、お美しい
個人的には(画像ちっちゃいけど)水色の花柄サリーが好みです♪

『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットは、
演技ももちろん流石~ですが、衣装の着こなしもさすがだわ~と唸ってしまう。

ジャスミン ジャスミン2

ジャスミン3
クリーム色のシャネルのジャケット、エルメスのバーキン、
妹のお世話になりながらいつまでもセレブ気取り、ジャスミンと言う名にしがみつく彼女の、痛々しさがファッションにもよーーく現れていましたね。(う~ん、だけど決まってる!)

ケイト・ブランシェットのスタイルの良さも変わらないけど、こちらの方も全然変わらないわ~。

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』よりグウィネス・パルトロウ

モルデカイ モルデカイ3

モルデカイ4 モルデカイ2
こういうシンプルなラインって、絶対スタイル良くないと決まらないんだよネ!
パンツルックの時のヒップラインの美しさときたら

『間奏曲はパリで』イザベル・ユペールのファッションが好き~

間奏曲はパリで 湯ペール

ユペール3
あったかそうなロシアン帽にタータンチェックのマント、パリではお洒落なスカーフを結んで♪
農場ルック(笑)もパリでのコートも、下の洋服とトーンをさりげな~く合わせてるところなんて、上級お洒落ダ!!


『マジック・イン・ムーンライト』、アレン監督の新しいミューズエマ・ストーンの衣装もキュートでしたね♪

MIM_201601051331465e8.jpg MIM2_20160105133148e97.jpg

MIM3_2016010513314972a.jpg
1920年代のクラシカルなワンピースと帽子が可愛い。南仏の柔らかい日差しに映えるんですねぇ。

お~っと、気づいたら画像が山盛りに・・・・
まだまだ『あと1センチの恋』のリリー・コリンズちゃんや、『アバウトタイム 愛おしい時間について』レイチェル・マクアダムスのファッションもね、印象的でしたよ。


女優さん、大賞は・・・・とっても悩んだんだけど、ファッションが映画の中身にこれほどの意味を持ってるとは・・・ということで、ジャスミンこと、ケイト・ブランシェットに決定


男性編~♪

まずは、ズバリ!スーツの着こなしが素敵な紳士を2人。

『マジック・イン・ムーンライト』『キングスマン』コリン・ファース

MIM_201601051331465e8.jpg MIM2_20160105133148e97.jpg

MIM3_2016010513314972a.jpg MIM5_201601051345040f8.jpg

2 スパイグッズ 
両作品の、スーツの着こなしっぷりと来たらねぇコリン・スーツ株がどんどん上昇してますヨ
ピシッと決まったスーツはもちろんですが、カジュアルなのも大好き。


こちらは紳士と言っても、かなり胡散臭い方ですが(笑)

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』より』ジョニー・デップ

モルデカイ2 チャーリー3

チャーリー2 チャーリー
タイやポケットチーフの色使いが洒落てる~


『間奏曲はパリで』では、実直で無骨なご主人というキャラがぴったりだった』ジャン=ピエール・ダルッサン

間奏曲はパリで  グサビエ
いや、だけど、どうして・・・なかなかお洒落ではありませんのーー!なにより、似合ってマス。

そして、ここでも贔屓の彼に登場してもらおう~っと。
『プルデスティネーション』の』イーサン・ホーク

プリデス プリデス2
だって、ホラ、決まってるんもの、仕方ない

そして、最後は意外な(?)人物。

『エクスペンダブルズ3』よりシルベスター・スタローン

エクス
戦闘ルックだって、キメキメですけどね~(笑)
新メンバーをスカウトに行った旅の先々でのファッションが、楽しいくらいにキメキメでした(画像、用意できなくてゴメンナサイ)


さぁて、男性の大賞は、やっぱり今年はコリン・ファース
あのスーツ姿にはやられましたからねぇ・・・。

あ、となると、男女とも、スター編と同じ大賞になっちゃいました。



おまけのおまけ。

靴職人と
『靴職人と魔法のミシン』から、アダム・サンドラー。
赤のシマシマのマフラーとブルーのバッグが目に焼き付いちゃった~(笑)
でも、このプププ・・・ルックが、ちゃんと映画の小道具的使われ方をしてましたネ。

Tシャツ
『ジュラシック・ワールド』のTシャツの彼
久々の新作には、1作目へのオマージュが込められていて楽しかったナ。このTシャツ!!懐かしいーー。



またしても、今年も長くなっちゃった・・・。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
2016年もまた、素敵な映画、スターたち、そしてファッションに出会えますように~

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/849-c6fd5048
トラックバック
コメント
もしやと思ったけど、やっぱりファースが取っちゃいましたね、ファッション賞!(≧∇≦)
でもわかる~素敵だったよね。
素では素敵なはずなのになぜか胡散臭い方になっちゃったデップ(笑)面白そう~。
ジュラシックのTシャツは懐かしかったですね。
あの頃、子供にもUSJのお土産のジュラシックTシャツ着せてました(^^ゞ

女性の方はシンデレラVS美女と野獣でしたね。
こんなドレスは普段縁がないから(笑)余計憧れてしまう~。
15歳になったら社交界にデビューする・・と言うのを本気で信じていた幼少時をふと思い出しました。(←何故信じてた?笑)
インドのファッションは独特なので興味深いですね。
TPOや季節に従ってやっぱり色々きまりがあるんでしょうね?
で、こちらは最後はブランシェット姐が持っていきましたね~!
確かにファッションに意味があったし、着こなしぶりがさすがな分、まるで皮膚の様でしたね。( ̄∇ ̄;

それにしても、ここでも未見なのが沢山で;;
でも一足先に目の保養になりました(^^ゞ
色んな映画の色んな賞、楽しかったです~!
どうも有難うございました!(* ̄∇ ̄*)ノ
つるばらdot 2016.01.09 22:53 | 編集
>つるばらさん

ファッション賞もいつも丁寧に見てくださって嬉しいな♪
ありがとうございます。

ふふ、ファッション賞もスター賞のお二方がとっちゃいました(笑)
なんといってもファースのスーツ姿がね、バッチリだったので。
ジョニーのこの作品は、正直言うと作品のテンポがね・・・ちょっとダレダレだったかなって思うんだけど、ポール・ベタニーがキュートだし(笑)ファッションも良かったです♪
>あの頃、子供にもUSJのお土産のジュラシックTシャツ着せてました
うちもです~~(笑)
あとこの柄のバンダナも♪懐かしいですよね。

>15歳になったら社交界にデビューする・・と言うのを本気で信じていた幼少時をふと思い出しました
まあっ!!つるばらさん、なんて可愛い、可愛すぎるわ~~~!(^^)!

こういうドレスって、やっぱり映画の中だけでの眼福だから、目の保養ですよね。
公開いつでしたっけ?
エマ・ワトソンちゃんが演じる「美女と野獣」もとっても楽しみです。絶対綺麗でしょうね。

ブランシェット姐さんの着こなしは、そうそう、もうさらり~というか、確かに皮膚のようでしたね(笑)
カラフルな妹ちゃんの洋服も彼女のキャラに合ってて良かったわ。

個人的に一番好きなのは、ユペールのファッションでした。
マントもコートも、今の季節にぴったりな感じで、本気でこういうの欲しいなあって(似合うとかではなくって 笑)思いました。
フランス女優さんの着こなし~って、やっぱり粋ですよね。

コメント、たくさん、ありがとうございました。
今年もまたいろんなお話できるのが楽しみです。つるデミーが待ち遠しいわ。
どうぞ、よろしくお願いします。
dot 2016.01.10 11:14 | 編集
はじめまして。
50代映画好き主婦です。
超初心者ながらソーイングも趣味なので、映画の中のファッションも気になります。
「ブルー・ジャスミン」のケイト・ブランシェット、「キングスマン」のコリン・ファースのスーツ、ため息ものでした。
WOWOWで録ったままになっている映画がたくさんありまして、こちらのブログをみて「リスボンに誘われて」や「ぼくを探しに」見なくては!と思い出しました。

イーサン・ホークお好きなら「6才のボクが大人になるまで」もおすすめです。
私のブログでも昨年のベスト3書いてますので、よろしかったらご覧になってください。
「トントンとてくてく」
tontondot 2016.01.11 12:27 | 編集
>tontonさん

おはようございます。
そして初めまして、slowDreamに寄っていただいてありがとうございます。

ソーイングされるんですね♪
映画の中のファッションって気になりますよね。
豪華なドレスももちろんだけど、普段着なんかの着こなしも目がいっちゃいます。
ケイト・ブランシェット、コリン・ファース、素敵でしたね。

WOWOW入っていらっしゃるのね!
新作も結構早く取り上げてくれてるし、日本未公開作品がいち早く観れるのも嬉しいですね。「リスボンに誘われて」「ぼくを探しに」ぜひぜひ~♪

イーサン・ホーク、大好きです!(^^)!
「6才のボクが大人になるまで」も絶対観ようと思っています。
ブログまた遊びに伺いますね~。
dot 2016.01.12 09:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top