2016
01.02

瞳の勝手にCinema賞 スター編2015年

Category: 映画のはなし
ジャスミン

新年明けましておめでとうございます。

今年もマイペースで、映画鑑賞していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

それでは勝手にCinema賞、作品に続いてスター編です




俳優編


◆そんなあなたにやられました!!賞◆


男優さん

コリン・ファース 「キングスマン」「リピーテッド」」「マジック・イン・ムーンライト」
正直に言うと、昔~は、コリン・ファースの魅力が今一つ、ピンと来なかったのダ。
でも、最近はスクリーンで彼の姿を見るのがとっても嬉しい♪いい仕事してるよねぇ(笑)
「キングスマン」のアクションも凄かったーーー。


エディ・マーサン 「おみおくりの作法」
この役は、もはや彼以外ではありえないほどピッタリでした。
地味だけどとっても丁寧に仕事に向かうその姿、やがて出会った人々によって少しづつ変わっていく・・・その表情の変化も素晴らしい。


ジェレミー・アイアンズ  「リスボンに誘われて」
静かに暮らしてきた一人の男性が、自分でも思いがけず飛び乗ったリスボンへの夜行列車。
演じてる彼がとっても魅力的だから、その旅に観てるこちらもどんどん惹きこまれちゃう。


ドーナル・グリーソン 「アバウトタイム 愛おしい時間について」
超能力的なオーラを全く感じない、いたって普通の心優しき青年役がぴったり。
能力の使い方が微笑ましすぎて可愛いすぎる~。


ビル・ナイ  「アバウトタイム 愛おしい時間について」「パレードへようこそ」
「アバウトタイム」のパパ役、素敵すぎる~!!しみじみと親子の愛情を感じました。
「パレードへようこそ」、こちらはまた全然違うタイプのキャラ、だけど、もう、唸るほど上手いのよネ、これが。


ギョーム・グイ 「ぼくを探しに」
幼い時に受けたショックから言葉を失くした青年の、閉ざされた世界が・・・・その表情の端々から伝わってくる~。
・・・・と思ったら、正反対なキャラの父親役も彼の二役だったとは!!


ベン・アフレック 「ゴーン・ガール」
いや、そりゃあもう、妻役のロザムンド・パイクは凄かったーー。
でも、夫役のベンも「そりゃあもう、ドンピシャな」キャラでしたヨ。
優しくて、ご都合主義で、ちょっと情けないお坊ちゃま・・・似合ってた~!!


トム・シリング「コーヒーをめぐる冒険」 
癖のないような、こういう役って、実は一番難しいんじゃ?
いつになったらコーヒーが飲めるの~!!と彼と一緒にうずうずしてました(笑)


サイモン・ペッグ 「ミッション・イン・ポッシブル ローグネイション」
トムさん、スゴイよね!それはもう、間違いなし。
でも、ついついベンジーに目がいっちゃう(笑)


ニコラス・ホルト 「マッド・ガンズ」
巷で大評判の「マッドマックス」はまだ未見なんだけど、この作品での嫌なヤツっぷりがあまりに印象的で!!
こういう役もすんなり演じられるのね・・・とまた新たな一面にビックリ。


イーサン・ホーク 「プリデスティネーション」「ゲッタウェイ スーパースネーク」
好きなんだなぁ・・・・
何故なんだろう?いつだって、魅力的に見えちゃうんだよね。


マチュー・アマルリック  「青の寝室」「愛の犯罪者」
イーサンと並んで、そんなあなたにやられました!!の常連さん
だって、仕方ない。いつだって、どんな役だって、その独特の存在感。醸し出す雰囲気にやられちゃうんだなあ。




女優さん


ケイト・ブランシェット 「ブルージャスミン」
イタイ、痛すぎる~~、だけどその痛さ加減が絵空事じゃない、実にリアルに迫ってくるのは、やっぱり彼女の演技力の凄さ。
ラストシーンの切なさ、辛さが忘れられない。


レベッカ・ファガーソン「ミッション・イン・ポッシブル ローグネイション」
文句なくカッコいいーーー。あの太ももにうっとり~


リリー・コリンズ「あと1センチの恋」
太眉の彼女、いつのまに、こんなにキュートに綺麗になったんだろう♪
この作品の、しっかり者のはずなのにバタバタぶり、ハプニングぶりがとっても愛らしい。


オドレイ・トトゥ 「テレーズの罪」
決して好感度の高い役じゃないのに、とっても惹きこまれちゃう。
しかも、オドレイと煙草!?全然イメージじゃなかったけど、意外に似合ってたのがビックリ。


ジュリアン・ムーア「マップ・トゥ・ザ・スターズ」
役をとられた相手に突然出会った時の、あの“表”の表情と、ほれぼれのするほどのスタートーク。
かと思ったら、舞い降りた幸運に歌い、踊る、キレっぷり。思わずあんぐり~、マイッタ、マイッタ・・・。


シュリデヴィ 「マダム・イン・ニューヨーク」
いやぁ・・・・お美しい。
美しいの前に“お”を絶対つけたくなる、ハッとするほどの美貌と気品!!彼女のサリー姿に見惚れました♪


サラ・スヌーク「プリデスティネーション」
いまだに驚きっぱなしのこの作品、
こんなに驚かされたのは、彼女の存在、その演技力が大きな要因でもあるよねぇ!!


ロザムンド・パイク 「ゴーン・ガール」
美人で上品で・・・・そんなイメージだった彼女の、アメージング・エイミーっぷりは、もうただ一言「スゴカッタ!!」


アデル・エグザルコプロス 「アデル ブルーは熱い色」
青い髪のレア・セドゥにうっとりしてたけど、
彼女のアデルの生々しさ、苦しみながらも逞しい、その食べっぷりが強烈でした!!



今年もたくさんのスターさんたちにうっとりさせられました。

敢えて大賞をつけるとすれば、
男優は、ますます魅力を増してきているコリン・ファース
女優さんは、圧巻の演技!ケイト・ブランシェット
に差し上げたいと思います♪




続いて、恒例のスクリーンで見つけた素敵なカップル賞、行きましょうか。


ノルマンディ
「間奏曲はパリで」からグサビエとブリジット。
一緒にいることが当たり前になってきていた二人だけど、ブリジットのおひとり様パリ旅行で、改めてしっかりと絆を確認♪
農場でのこのファッション、二人ともとってもお洒落でお似合いですヨ。


モンスター3
「モンスター変身する美女」
2000年も孤独に生きてきたルイーズと、彼女に恋するエバン。ホラーかと思いきや、とってもピュアなラブストーリー。
イタリアの海辺の街も素敵~。


シンデレラ2
「シンデレラ」
乙女心がきゅーーん!としたわ(笑)舞踏会のシーン、見返したくらい。


アデル3
「アデル ブルーは熱い色」
情熱的な恋人たち~~だったよねぇ・・・

他にも「アバウトタイム 愛おしき時間について」の二人も「あと1センチの恋」の彼と彼女もお似合いでしたネ。
「ゴーン・ガール」もね、実は意外にあの二人だからこそ、このままやっていけるんじゃない?なんて思ってしまったり(怖いけど)


おまけ・・・は、

魔女とカラス
「マレフィセント」から、魔女とカラス。とってもお似合いでした~カラスのキャラ、お気に入りです。


ふたご
「悪童日記」のふたごちゃん・・・。
どこからこんなにピッタリな子たちを見つけてきたの!?すごいヨ・・・。



以上、勝手にCinema賞、スター編でした。

それでは、2016年もまた素敵なスターたちに会えますように
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/848-12d474c0
トラックバック
新年明けましておめでとうございます。今年もマイペースで、映画鑑賞していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。それでは勝手にCinema賞、作品に続いてスター編です... 瞳の勝手にCinema賞 スター編2015年
瞳の勝手にCinema賞 スター編2015年 dot トントンとてくてくdot 2016.01.16 16:15
他の方のブログで鑑賞した映画の中から、俳優賞をランキングしているのを発見。 瞳の勝手にCinema賞 スター編2015年 私も選んでみようとやってみました。 そもそも見た映画が少ないのですが、少ないながらも強烈な印象を残してくれた人を基準に男優、女優賞を選んでみました。 2015年映画館で見た鑑賞全映画はこちら 作品賞ベスト3は以下の通り(No.3は同点となります) ...
2015年鑑賞映画、tontonアカデミー男優&女優賞 dot トントンとてくてくdot 2016.01.16 21:57
コメント
瞳さん、ファースの件、解ります~~!(いきなり・・笑)
実は私も前はそんな感じだったんですよ。
でもあの高級英国紳士にやられました。
なのであの作品の後半は・・(以下略・・笑)

見てない「おみおくり・・」(爆)だけど、マーサンって個性的よね。
アタリ役のこの作品、楽しみです。
ホルト君のイヤなヤツっぷりも見たいわ~(笑)
イーサンもマチューもアイアンズもみんな待ってて~~~(*´Д`)

ブランシェット姐さんはやっぱり巧いよね。
逆の個性でマイペースに演じてたホーキンスも良かったです。
ホーキンスもそれまでさほど好きな女優さんでもなかったんだけど、
ファースみたいに、いいなって思える瞬間が来るのも
ずっと映画を見てての嬉しいご褒美(?)かな~って思います。

「モンスター変身する美女」・・タイトルが(笑)でもピュアな物語なのね~。
マレフィセントとカラス・・そのままアンジーとカラスでも合いそうな。(笑)
でも最後の双子に漂う何かがやっぱり一番気になりました~。
つるばらdot 2016.01.09 22:25 | 編集
>つるばらさん、

スター編にもコメント、ありがとうございます。
わ!わーー!!コリン・ファース、つるばらさんも!?
一緒~(ニヤニヤ)
昔、コリン・ファースVSヒュー・グラント・・なんて感じじゃなかったですか(笑)あの頃、私断然ヒュー様派だったわ(笑)もちろん、今でも大好きだけど。
それがもう、最近の充実っぷりったら!!やられちゃいますよね。

>イーサンもマチューもアイアンズもみんな待ってて~~~(*´Д`)
ふふ、ぜひ、つるばらさんに観てもらいたいです~!(^^)!
ホルト君は巷で大人気(去年のベスト1にしてる方が多いですよね)「マッドマックス」を早く観ようと思ってる私です。
「マッド・ガンズ」は絶対「マッドマックス」を意識しての邦題だと思うんだけど(苦笑)これがなかなかの拾いものでした。

ブランシェット姐さん、素晴らしかったですねぇーー。もう、文句なし!!
そうそう、そうでしたね!ホーキンスも良かったわ。
>ずっと映画を見てての嬉しいご褒美(?)かな~って思います。
分かる~~♪
そういうサプライズに出会いたいですね。

「モンスター変身する美女」も、なかなか面白いですよ。
「ええーー!!」とぽか~んとしちゃう怪物になっちゃうシーンなんかもあるんですが、主人公の青年のピュアさと、ラストシーンにじーんときました。

双子ちゃんも・・・ぜひ観て欲しいです♪

dot 2016.01.10 10:57 | 編集
ファッションも楽しませてもらいましたよ。
で・・・
コメントは俳優編でね、

コリンの映画
私もみたいな・・・キングスマン。

<正直に言うと、昔~は、コリン・ファースの魅力が今一つ、ピンと来なかったのダ。>
あは~~そうなのね。
私は普通って感じで。
コリン・ファース
アナカン(アナザカントリー)からみていたけどそのときは
ルパート・エヴェレットもでていたからそっちみていたし。
レイフとも共演していたイングリッシュ・ペイシェント では
そりゃあ、レイフびいきだから、コリンそっちのけで(不倫相手の夫だし)
なかなか注目してあげなかったかもしれないな。
でも確かに最近よいよね(なんか偉そうな・・・笑)
アクション姿みてみたいです。
これも借りるね・・・

アイアンズも好きだからこれもみないと。

イギリス俳優良いよね

だからアランリックマンの訃報は悲しかったわ・

春先からまた映画みていくね・・・
みみこdot 2016.01.16 16:22 | 編集
こちらの記事を拝見して、私も演技賞ランキングやってみました。
つきましてはトラックバックとやら?をしたいのですが、
よろしいでしょうか?
恥ずかしながら、ブログ機能が全然よく分かっていませんで、できたらなんですが…(汗)



tontondot 2016.01.16 18:47 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.01.16 19:24 | 編集
>みみこさん

こちらにもコメント、ありがとう。

> コリン・ファース
> アナカン(アナザカントリー)からみていたけどそのときは
> ルパート・エヴェレットもでていたからそっちみていたし。

そうそう!!私もそうだったわ!!
私あの頃、ルパート結構好きで、他の出演作品と探して観てましたよ~♪

> レイフとも共演していたイングリッシュ・ペイシェント では
> そりゃあ、レイフびいきだから、コリンそっちのけで(不倫相手の夫だし)

ふふふ~、そりゃあもう、そうだよねぇ(笑)

「キングスマン」のアクション、凄かったよ~!!
ちょっと細身に体も絞ったのかな?スーツもバッチリ決まってました。

アイアインズ、いいよね~、「リスボンに誘われて」お薦めです。

アラン・リックマン、ショックでした(涙)
まだまだとっても若いのに・・・残念でたまらないわ。
最初に観たのは「ダイハード」でおお、コワ、すごいなあって思って、
その後観た「ある晴れた日に」がとっても優しくて好感度上がって。
たくさんの映画に出られて、監督さんもされて、
まだまだこれからもずっと・・・と楽しみにしていた俳優さんだから悲しいわ。

>春先からまた映画みていくね・・・

は~い、またゆっくりと映画鑑賞楽しめるといいですね~♪

dot 2016.01.16 23:20 | 編集
> tontonさん

こんばんは。
演技賞ランキング!!おお~!!楽しそうですね。
これから読みに伺いますね~♪

TBでも、リンクでも構いませんよ~♪
お知らせ、ありがとうございます。
dot 2016.01.16 23:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top