2015
08.30

8月 WOWOW映画鑑賞♪

Category: WOWOW鑑賞作品
愛の犯罪者

お盆には長女、次女夫婦と孫ちゃんたちがやってきて賑やかでした♪
WOWOWの映画鑑賞は5作品と少ないけれど、フランス映画界の大好きなふたりの作品も観れたし、満足、満足

『愛の犯罪者』
『グレードデイズ 夢に挑んだ父と子』
『カリフォルニアゾンビ 逃避行』
『ゴール・オブ・ザ・デッド』
『美しき獣』


『愛の犯罪者』(↑画像)は、2013年フランス・スイス合作映画。
教え子の女生徒たちと情事を重ねる大学教授マルクを演じるのは、マチュー・アマルリック。
ある日、彼と一夜を過ごした女子学生が行方不明になってしまう・・・・というミステリータッチの作品なのですが、

マチュー、ピッタリ~~~
と大文字で書きたくなるほど(笑)、いや、もうこの役、彼以外考えられないわ・・・と唸らされるドンピシャぶりでした。

なんでしょう、この醸し出す雰囲気。
文学を語るインテリぶりが、これほど鼻につかず、どこか寂しげで、女心を誘う~
時にはいい加減でダメな男のように見えるのに、その実、何か隠し持っているかのようなアブナイ匂いに惹きつけられてしまう。

ロケーションが、また実に見事でした。
雪山に近いロッジ、人里離れたその風景、一緒に暮らす美しい妹マリアンヌとの、ただならぬ風な関係にもドキドキさせられました。
マチューが観れて大満足!!

グレートデイズ

そして、こちらも大好きなフランス男優、ジャック・ガンブラン
障害を抱えた息子とともにアイアンマンレースに挑んだ親子の物語。

思ったより淡々とお話が進むし、とてもシンプルな展開だったけれど、無理に感動を盛り上げよう~~といういやらしさがないところが、好感度大ですヨ
離れて暮らしていた父親とのぎこちなさ、つい過保護になってしまう母親との距離感に悩みだす部分とか、とっても自然でした。

なにより、ガンちゃんの走りっぷり、二人で頑張るレースのラストには力が入りましたねぇーー。爽やかな感動をもらいました。



カリフォルニアゾンビ

ゾンビサッカー

さて、続いてはがらりと変わってゾンビ映画を2本!夏のお約束だよねぇ(といっても、夏以外にも結構観てるゾンビ映画

『カリフォルニア ゾンビ 逃避行』は、大勢の人々がゾンビ化してしまった世界で、引っ越してしまった大好きな女の子を探し(彼女を救おうと)旅する男の子のお話。

なんと彼は、精神科医にもらった新薬のおかげで、ゾンビに咬まれてもゾンビ化しない!!・・・というなかなか面白い設定なんだけど、この設定がそれほどいかされていないのが残念なのダ・・・。
「そりゃ、ないよねぇ・・・」というラストにもちょっと力抜けちゃったな

『ゴール・オブ・ザ・デッド』は、サッカーのスタジアムにゾンビ化した選手が乱入~
なんと、選手も観客も、みんなみんなゾンビになっちゃうというナンジャソレーーというストーリーですが、

故郷に帰ってきた元地元のスター選手を巡って、彼が地元を捨てた・・とよく思っていない人々や、元チームメイト、
監督やオーナー、フーリガン、レポーター、いろんな人々が絡まりあって、意外にさまざまなドラマが観れるゾンビ映画でした。

サッカーのシーンはすごく少ないので(それを期待してると肩すかしだけど)私は全然OKだったなぁ。
でも、ゾンビ化した人々の中、ゴールへとダッシュするシーンは見ものです。
ただ・・・・主役のサッカー選手、人格的にちょっと・・・でしたネ。


美しき獣

そしてこちらもヴァンパイア映画は外せない『美しき獣』

愛し合う二人の間に乱入してきた妹ヴァンパイア・・・というと、「オンリー・ラヴァーズ」を思い出しますが、こちらの妹ヴァンパイアのトラブルメーカーっぷりの堂にいったこと!!
彼女があまりに強烈なので、せっかく魅力的だわ~♪と思っていたヒロインとその恋人の影がどんどん薄くなっていってしまいましたヨ。

それでも、ドアチェーン越しの熱いキスシーンは目に焼き付いちゃったな

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/827-3382ee99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top