2015
04.12

「ゴーン・ガール」

ゴーンガール

結婚5周年の記念日の朝、妻エイミーが自宅から突然姿を消してしまう。
いったい何が起こったのか?
やがてキッチンから大量の血痕が発見され、警察はアリバイが不自然なニックに疑いを向け始める。

メディアも事件を大きく取り上げ、ニックは全米から厳しい目を向けられる男になってしまうのだが・・・・・・・。


※↓ネタバレあります、未見の方はよ~くご注意くださいね。

すっごく面白そうだけど、伝え聞く評判から、なんだか、いや、絶対後味悪いらしい・・・と年末に劇場で観る勇気がありませんでした~。

でも、レンタル開始で恐る恐る観始めたら、150分近くあったなんて全然思えない、長さなんて全く感じられないくらい、ぐいぐい引き込まれました。
“後味悪いぞ”バリアを張り巡らせておいたせいかしら?思ったほど、嫌悪感が無かったのが意外~。

前半から中盤までは、ニックの側から物語を見せつつ、2人の出会い、結婚までの様子が妻エイミーの綴る日記で挟まれてゆく、
いったいエイミーに何が起こったのか?果たしてニックは本当に彼女を殺したのか?
少しづつ見えてくる2人の関係にいろんなことを想像しつつの前半、
ところが、なんと後半が始まると、観客である私たちに“謎の元凶”がさらりと明かされてしまう。
走り去る車の窓から、愛用の?ペンを投げ捨てる・・・怖ろしくも、颯爽としたその美しさに慄き~

原作はまだ読んでいないのでわからないんだけれど、
この構成がとても印象的というか、効果的で、(ネタバレされたにも関わらず)怖さのテンションはどんどん上がってゆく
ラストまでもう目が離せない~、止まらない~。
いやぁ、ここまでやっちゃうのか・・と。

だけど、恐ろしさ以上に、さまざまな思いを残す映画でもありました。

出会って結ばれるまでの二人のロマンチックっぷりは、まるでそのまま映画のようでした。粉砂糖が舞う~なんて。
自分を相手に合わせて、その人の望むようなタイプにする・・・ってこと、誰にもあることだと思うのだけれど、
そういうのって、やっぱり長くは続かないと思うので、

演じたり、支配したりする、それが結婚よーー!!
エイミーのこの言葉に「えぇ~!?」と思いつつ、
でも、全部が全部否定できない・・・少し分かるような部分もあってフクザツ。
もともと他人同士が出会って結婚してずっと一緒にいる中で、時にはそういう部分もあったりするだろうし、(それが長持ちの秘訣だったりすることもあるし 苦笑)
そもそも夫婦の主導権(?)って・・・そのカップルごとにいろんなタイプがあるような気がするし。

でも、“アメージングエイミー”には夫の迷いや、完璧なカップルからの脱落、加えて浮気なんて・・・絶対に許せなかったのね・・・
少女時代から、アメージングエイミーとして育って来なければならなかった(だろう)エイミーのそのあたりの気持ちもいろいろ想像してしまう。
だからといって、あのお仕置きはアリエナイ

逃亡時に、ダイエットやめていろんなもの食べて、頬もふっくらお腹も出てきた・・・それは変装というよりも、彼女の地では?って思うところもあったなぁ。
デザートを頬張りながら、TVでニックのインタビューを見た彼女が、
彼の見事なパフォーマンスにキラリと目を光らせるシーンが、すごく印象的でした。
「ほらやれば出来るんじゃない!!やっぱり私の目に狂いは無かったわ・・」とでも言うような・・・。
その後の彼女の行動の恐ろしさ~~
デビー、彼もかなりアブナイ人のようにも思えたけど、それでもあれは酷すぎます

エイミー

ロザムンド・パイクはこれまで、美人で上品で、芯がしっかりしててという印象の女優さんだったんだけど、こんなに強烈なキャラクターも演じられるという驚き!!

ベンアフ

そして、ベン・アフレックが、またすごくイイ
情けなくて、優しくて、ご都合主義で、お坊ちゃんで・・・、
クソ女なんて贖いながらも、エイミーにぴしゃり!と言われたら逆らえない、
イヤイヤと言いつつも、彼女の支配下に置かれても意外にやっていけるんじゃ?と思わせるキャラがぴったり。
インタビューの練習中、凄腕弁護士からダメだしのグミを投げられる姿もぷぷっと笑ってしまうほどお似合いです(褒め言葉デス!!)
それにしてもニックにはあれほど支えてくれる双子の妹がいて、それはとっても救いでしたね。


しかし。
・・・・・・・結婚って、はたからみたらとても不思議なもので、
まわりには理解できない部分もきっと多いのが夫婦だと思うから
そう言う意味からいうと、ニックとエイミーは、ああいう関係ながら・・・やっていけたりするのかと想像するとそれもまたコワイものです。

・・・・なんて、とめどもなくいろんな(結婚や夫婦のこと)ことを考えたり、感じさせられた物語でした。
なんにせよ、私はアメージング(完璧)よりもナチュラル(自然)でいきます(と、なぜかここで宣言・・・
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/800-0ddc1e90
トラックバック
面白かったけど・・・ 4つ☆ちょっと
「ゴーン・ガール」感想 dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2015.04.18 11:29
未だ不明熱のため、 検査と薬漬けの日々を送っております。(^^; 頭がボーッとして胃がムカムカする状態なので PCに集中して向かう事ができませんが、 少し状態が良い時に記事更新をしていこうと思います。 GONE GIRL 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作:2014年 アメリカ 上映時間:149分 出演:*ベン・アフレック *ロザムンド・パイク *ニール・パト...
ゴーン・ガール dot RockingChairで映画鑑賞dot 2015.05.15 17:07
コメント
私も最近レンタルで見たばっかりです☆
うん、うん、エイミーのやったことは酷いけど(特にデビーのところは)、もともとの発端は、旦那の浮気と心変わり(浮気どころか、離婚宣言されそう)だよね。
私もさー、ここだけの話、わかーーい頃、彼氏が私以外の女の子(その後、私の次の彼女になった)と腕を組んで歩いているのを、見ちゃった事があって(笑

完璧なエイミーにとっては、彼女の人生のストーリーにあってはならない出来事が色々ありそうだったもんね。

それにしても、頭脳犯。賢いなーすごいなーって途中までは驚きながら見ていたよ。最後の方は、やりすぎーヒドイって思ったけど。
latifadot 2015.04.18 11:43 | 編集
>latifaさん

こちらにもコメントありがとう♪
おお、ご覧になったのね!あとで感想拝見しまーす。

わっ!!latifaさんにそんな辛い思い出があったのね(>_<)
それって、見ちゃうと絶対ショックだし、腹が立つよ~。
なにそれ!?って思っちゃうよね。

エイミーも、あの目撃した時のシーンはとても悲しそうで、あれは同情しちゃったな。
あんな風に同じことしちゃうニックに「こいつーー」って思う気持ちわかります。

だからといって、あの行為は酷すぎる~とは思うんだけど、
あそこまで用意周到で、念をいれた計画と実行力はビックリを通り越してなんともいえなかったわーー。

原作本を読んでみようと思ってます~。
dot 2015.04.20 17:32 | 編集
瞳さん、こんにちは!

映画の構成は上手かったですね。
やっぱりねと思った後半から勢いが加速して
グイグイ引き込まれました!

エイミーのサイコぶりには驚くばかり( ̄□ ̄;)
あそこまで過激で異常だとほんと恐ろしい~
そんなに年月かけて計画して身体を張ってやる事なの?
と思っていたら、
ラストでまた一緒になっちゃう事にビックリ!
でも私も案外あの2人は仮面夫婦で
やっていくんじゃないかと思います。

YANdot 2015.05.15 17:05 | 編集
>YANさん

こんばんは。
体調お悪いのに、コメントいれてくださってありがとう~。
さきほどそちらに伺って感想読ませていただきましたよ。
うんうん!って頷きながら読んだわ。

前半と後半、トーンというか、見せ方が違うのに、違和感がないというか、ますます引き込まれていって・・・上手いなあと思いました。

普通は腹が立ってもあれほど長続きしないというか、あそこまで用意周到にしかも綿密にやり遂げられませんよね。
執念というか、やっぱり普通じゃないですよね。

>でも私も案外あの2人は仮面夫婦で
やっていくんじゃないかと思います

そうなの~!!
YANさんもそう思ったのね!!
そこがまた、ゾクゾクってしちゃうところですよね。
dot 2015.05.16 20:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top