2015
03.31

「月下の恋」

月下の恋

大学で超心理学を研究しているデイヴィッドの元に、一通の手紙が届く。
マリエル屋敷で働く乳母テスは、亡霊に悩まされ続けているという。
霊の存在を信じず、インチキ降霊会を暴いてきたデイヴィッドに救いを求めてきたのだった。

デイヴィッドは、屋敷のある美しい田園地帯エドブルックへと赴く。
幼いころ、その地で彼は、双子の妹ジュリエットを事故で亡くしていたのだった・・・・・。


F・F・コッポラ製作総指揮のゴシック・ホラー、1995年の作品です。

知らなかったわぁ、こんな作品があったとは
いつもながらに発掘良品シリーズ、侮れません。

舞台といい、美しい映像と言い(撮影はあの『眺めのいい部屋』のトニー・ピアース=ロバーツ)
なんともいえない雰囲気と魅力をもった作品でした。
なにより、奔放でミステリアス、美しいクリスティーナの存在が光る~

月下の恋2

ケイト・ベッキンセール、若い~、美しい~

『月下の恋』というタイトルですが、意外に夜のシーンは多くなくって、
↑のように明るい戸外のシーンが印象に残っています。
大胆にも裸で湖に飛び込むシーンがあったり、兄のモデルとしてヌードを披露したりして、その美しさにデイヴィッド同様、観ているこちらも惑わされるばかりです。
(裸はご本人じゃないらしいのですが、ま、それはソレ、綺麗ですから全然OKデス)

月下の恋3

悩める乳母のためにやってきたはずなのに・・・すっかり彼女の虜になっていくデイヴィッド。

・・・・ですが、クリスティーナとお兄さんとの関係や、自殺したという母親のこと、(母親が座っていたという揺り椅子が揺れるシーンにゾクゾク)
やがて屋敷に起こり始める不可解な出来事にデイヴィッドは翻弄されていくのです。

今回は敢えてネタバレはしなくないナ。
なぜって、この古き良き(って・・この場合使っていいのか分からないけど)ゴシックホラーロマンの雰囲気をぜひ堪能して欲しいから~

双子の妹ジュリエットちゃん、彼女の存在(?)とその言葉には救われました。
だけど・・・!ラストには「このままでは終わらない~」
きっちり、お約束が待ってましたね!!


月下の恋月下の恋
(1996/11)
ジェームズ ハーバート

商品詳細を見る


原作、絶版のようなのですが・・・気になるわ~~



トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/797-880163b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top