2015
03.27

「悪童日記」

悪童日記

原作を読んだのは、確か2010年のお正月。
元旦のまったり読書のはずが・・・、とんでもない衝撃に打ちのめされました原作の感想

いや、しかし・・・この小説を映画化しようなんて(思うだけでも)すごい。

そして、それが挑戦だけじゃなく、こんなにも素晴らしい映画となって完成していることに胸がいっぱいです。
何故だか涙が止まらない

感想はもう少し落ち着いてから。


ふたご

この世界の真実だけをじっと見つめている“ふたご”
この目がイイ!どこから探してきたんだろう・・・。

魔女

ふたごのおばあちゃん“魔女”
原作ではやせっぽちだったけど、ふたごを向こうに回しての働かせっぷりなどは、堂々たるこの体型に納得でした。


映画を観終わった夜、またすぐに原作を開きました。何度読んでも圧倒される作品です。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/796-5fbc5f99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top