2015
01.21

「コーヒーをめぐる冒険」

コーヒーをめぐる冒険

2年前に大学を辞めたことを父に秘密にしたまま、“考える”日々を送っている青年ニコ。恋人の家でコーヒーを飲みそこねた朝、車の免許が停止になった。アパートでは上階に住むオヤジに絡まれ、気分直しに親友マッツェと出かけることに。すると、クサい芝居の売れっ子俳優、ニコに片想いしていた同級生ユリカ、ナチス政権下を生き抜いた老人等々、ニコの行く先々でひとクセある人たちが次々と現れる。果たして、ニコのツイてない1日の幕切れは──?

                                            <公式サイト ストーリーより>


地味映画推進委員会のメンバーさんからご紹介いただきました。
これ、とっても楽しみにしていたんですよネ、「コーヒーをめぐる冒険」なんてタイトルからして気になる~♪

・・・でも、冒険というよりは、コーヒーをめぐる受難って感じ


なんという厄日なんでしょう!今朝私は、起床の鐘が鳴ったのを知らずにいたのです。
そして大急ぎで着がえをしている最中に靴の紐は切れる、カラーのボタンは背中に落ち込む、
食事には遅れる、したがって、第一時間目の暗誦にも遅刻、万年筆のインキはもるし、あいにく吸い取り紙を忘れたという・・・・・


ツイテいない日の始まりというと、いつもこの「あしながおじさん」のジュディの手紙を思い出すんだけれど、
これからは、きっとこの映画のニコのことも思い出すにちがいない~!!って思えるくらい、
ニコの1日はツイていませんでしたね。

車の免許申請のお役人さんの、イジメ?とも思える質問っぷりや、イヤミなコーヒー店のお姉さん、
どこへ行ってもコーヒーにありつけない。
なんだかやたらいろんな人に絡まれるし・・・・、何もかもが裏目、裏目に出ちゃう。
あまりにもついてなさに・・・、ニコの出会う人、これから起きることに「もしや、またイヤな目に・・・」と構えてしまいそうになるんだけれど、

吸い込まれたキャッシュカード(吸い込まれるんだ・・!)に慌てて、恵んであげた小銭が惜しくなって手を伸ばすシーンや
友だちと一緒に訪ねた家のお祖母ちゃんの電動イスの心地よさに思わずうたたねしちゃう場面、
ちょっと変わった親友マッツェ(車になかなか乗せてもらえないし 苦笑)

戸惑いやほろ苦さの中に、くすっと笑ったり、ほんわかしちゃうコミカルさ。
モノクロで描かれるベルリンの街の美しさや、流れるジャズ♪も、とってもイイ味でした。

コーヒーをめぐる


いつのまにか受け身になって、目的も見つけられず、ただ日々を送っていたニコの、
いつもと同じ1日になるはずの「今日」が、いつもと同じようにはいかず、
「周囲に感じていた違和感は、まわりに問題があるんじゃなくって、自分にあったんだ・・・」と気づき始める。

劇的に何かが変わるわけではないし、新しいことが起こるわけでもないけれど、
外に向かう行動って、まず自分の内側の思いが少し変わることから始まるんじゃないかしら。

最後にやっと!!コーヒーを飲めたニコの横顔がどことなく、ちょっと違って見えるような、味わい深~いラストシーンでした。
コーヒー、美味しそうだったなぁ。


・・・・と、今、(いつもはお茶だけど)コーヒー飲みながら感想書いてます。

コーヒー飲めた!

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/781-a63592a7
トラックバック
コメント
瞳さん、こんにちは。
これ、紅茶党の瞳さんも楽しめたみたいで良かったです。
現代のちょっとした思い通りにならない事に翻弄されて過ごす一日の終りに
歴史的な描写があった所にもハッとさせられました。
その前のお婆ちゃんのくだりはツボでしたよ。(笑)
でもあのキャッシュカード(と既に注文してしまったコーヒー)はどうなったのかな~?
ニコの今後より気になる・・(笑)

ところで、別のスレで申し訳ないですが・・
ポルカさんの所で見かけたフクロウと熊・・みたいなタイトル(違うか笑)の作品もご覧になったんですね!
さすが瞳さん行動が速い!
あと、「ボディスナッチャー」・・懐かしい~。
でも詳しい事忘れちゃってるのでコメ出来なくて・・
自分の感想も見直してみたけど、何も思い出せないイイカゲンな感想でがっかりしました。( ̄∇ ̄;いつもか;;
一番新しい(ニコールが出た)「インベージョン」も面白かった・・と言うか、結構現実味帯びてて恐かったかな・・。
その時は、なるほど何度もリメイクされるだけの物語ね~ってひしひし感じました。
つるばらdot 2015.02.12 16:49 | 編集
>つるばらさん

こんにちは~♪
お薦めいただいた本作、とっても良かったです。
紅茶党だけど、観ていてとってもコーヒー飲みたくなっちゃいましたよ(笑)

>現代のちょっとした思い通りにならない事に翻弄されて過ごす一日の終りに
歴史的な描写があった所にもハッとさせられました

そうでしたね!!
最後にああいう出会いがあったからこそ、ラストシーンの主人公に深みが感じられました。
お婆ちゃんとニコ、可愛らしかったですね!(^^)!
そうそう、カードが吸い込まれるなんて初めて見ましたよ!!
気になりますねぇ。

フクロウと熊・・みたいなタイトル、あはは~(笑)
そうなんですよ、気になっていたら偶然今月のWOWOWで放映されて、そろそろ(WOWOW)止めようかな・・と思ったらおお!と思うのがあるのでなかなかやめられないでいますヨ。
これは、もうぜひつるばらさんにご覧になって欲しいな。ポルカさんが書いていらっしゃいましたが、地味映画的なところとインパクトある部分っていう言葉に納得です。最後衝撃が大きいです。

おお、「ボディスナッチャー」ご覧になっているんですね。
4作あるみたいですね。オリジナルはレンタルがなくて残念なのですが、今度3作目のを観てみようと思ってます。
「インベージョン」も面白かったですよね。
隣にいる人がいつのまにか、本人じゃなくなってる・・・こういう静かなる侵略が一番怖いってしみじみ思いました。
dot 2015.02.15 14:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top