2014
12.26

「複製された男」

複製された男


大学の歴史講師アダムは、同僚に勧められた映画のDVDの中に、自分とそっくりの端役の俳優を発見する。
気になって仕方ないアダムはその俳優アンソニーの居場所を突き止め、彼と接触を図る。

やがて対面した二人は、顔ばかりでなく声、生年月日、そして体の傷までも同じ場所にあることを知り、衝撃を受けるのだが・・・・・。



ノーベル賞受賞作家の原作に『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督
これだけでもう、かなり期待値UPの作品です

“脳力が試される究極の心理ミステリー”
っていうのももちろん気になるけど、
脳力には全く自信がないので「解明してやるゼ~」なんて意気込みは最初からなく(笑)

妖しげな冒頭のシーン、不穏な空気がどこまでも高まる音楽、どんより黄色く曇った街の風景に、
時折登場する蜘蛛のイメージ、どこまでも捉えきれないアダムの心のうち・・・と、
わけもわからないまま、す~~っかり映画の雰囲気に飲まれてしまっていました~。

・・・・で、あのラストシーンですからねぇ・・・・
「えっ・・・!!何」ぽか~ん状態。
脳力って言われたってアナタ、「こ、このラストは何なん~~」っていうのが正直な感想ですよ。

ただ観ながら私が想像していたのは
「あまりにこの、アダムという人物の感情が希薄?ぼんやりしすぎてる」ので、これはきっと彼の夢に違いない!
そうでなかったらきっと「多重人格者」ってことかな?・・・っていうことでした~。

観終わって監督さんの言葉や、いろんな方のレビューを読んで
「へぇ~!!そういうことなんだぁ・・・、フムフム」ととっても興味深かったのですが、
逆に、そういう答えに辿りつけなくても、観た人ひとりひとりがそれぞれにいろんな想像や、感想や、自分なりの答えを持った・・・そういうことも面白いなあって感じるんですよねぇ。

“もうひとりの自分”っていうテーマは、映画でもいろんな風に描かれていたけれど、
「こうきたか!」「こんな風に描くなんて」とそのオリジナリティーに驚かされました。
でもネ、ちょっとフェアかな?ギリギリじゃない?って思う部分もあるんだけど

だけど、なにより、

ふたり


ジェイク・ギレンホールのアダムとアンソニー。
そっくりの顔、声なのに、身のこなし、表情、喋り方の違いが「素晴らしく自然」に演じわけられてて、とにかくお見事でした。

ロランちゃん

サラ。ガドン

まあ!そして、なんて美しい、アダムの恋人と、アンソニーの奥さん。
メラニー・ロランとサラ・ガドン目がくらみそうな、私も大好きな美女優さん2人。
ジェイク、なんて美味しい役なんだーーーー


観終わってから細かい部分を思い出すと、
アダムの母親の言葉や、(大学でのアダムの)授業の内容「支配されている」という意味、
いろいろなところに、隠された謎を解く鍵や暗示が散りばめられていたことに気づいてきて・・・、

これはやはり何度か見るたびごとに、いろんなこと(仕掛け)が分かってくる映画なのかも。


複製された男 (ポルトガル文学叢書)複製された男 (ポルトガル文学叢書)
(2012/10)
ジョゼ サラマーゴ

商品詳細を見る


原作が気になるなぁ・・・、でも高い

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/772-1c3aad73
トラックバック
コメント
瞳さん、こんにちは!
あのラストシーンはもったいない気がしました。
それまでの妖しげで不穏な空気感が一気に飛んじゃったし、
こちらの緊張感まで切れちゃいましたからね~(^▽^;)
ずっと妖しげな雰囲気で最後まで通してほしかったな~
でもあのインパクトのあるラストのおかげで、
ずっと忘れられない映画になるかも!

瞳さんの多重人格説も納得出来ます。
結局、一人の人間のお話だと思うので。
ジェイクは2役を見事に演じ分けてましたね!
すぐにアダムかアンソニーが分かりましたもんね。
なかなか味のある作品でした。
YANdot 2015.02.14 14:37 | 編集
>YANさん

こんにちは。
ビックリを通り越して・・・ぽか~ん、あっけにとられたラストシーンでしたね。
YANさんの「やっちゃったな」ていう言葉、まさにそうでしたね!(^^)!

雰囲気がね、なんともいえないムードでしたよね。私雰囲気に弱いタイプなので、すごく翻弄されましたよ。
そうそう、でも確かにあのラストシーンのおかげで、忘れない映画になるでしょうね。

ジェイク、見事でしたよね。
同じ姿、同じ顔なのに、見間違わない。どちらかがすごくオーバーな演技というわけでもないところが、演技力を感じました。

昨夜、同じドゥニ・ヴィルヌーヴ監督さんの、「プリズナーズ」を観たのですが、こちらのジェイクも良かったなぁ。
dot 2015.02.15 14:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top