2014
11.26

「スノーピアサー」

Category: WOWOW鑑賞作品
スノーピアサー

2014年7月1日、深刻化する地球温暖化を防ぐため、世界79か国で人工冷却物質CW-7が散布された。
だが、急激な冷却で雪と氷が地球を覆う氷河期となってしまう。

今や、人類唯一の生存場所は、永久不滅のエンジンを搭載した列車スノーピアサーのみ・・・。

それから17年後、
列車の最後尾車両に乗る貧困層の人々は虐げられた悲惨な現状を訴えるため革命をもくろみ、スノーピアサーを開発した絶対的権力者ウィルフォードのいる先頭車両を目指すのだった・・・。

温暖化を防ぐために撒いた物質で地球が氷河で覆われ、生存場所がなんと地球をまわる、回る~列車の中だとは・・・。
なんとも奇抜な発想だーー

永久エンジンって言われてもねぇ・・とか、レールっていつまでももつの(保線担当はいらないのか?)とか
まあ、考えてたら星の数くらい(そこまで言っちゃう?)突っ込みどころがありそうだけど、
SF的な問題点はこのさい考えずに、

この走る列車が今現在の人類の生きる場所=世界だとすると、
格差、食糧問題、権力や裏切り、欲望、怠惰、暴力、はては人口増加問題まで!
人間の存在するところ常に発生する数々の問題がなんともぎゅぎゅぎゅーーー!!と詰まったお話なのでした。

クリス・エヴァンスがニット帽をかぶった、あまりに暗い瞳のリーダーだったので、知らずに観たら気づかなかったかも。
彼の影さす部分は、後半あきらかになったのですが、この告白、衝撃的でした
彼を変えた人物ギリアム(ジョン・ハート)が実は・・・というどんでん返しも驚きでしたけどねぇ・・、なんて苦いのでしょう。

エド・ハリス、ジェイミー・ベル、ソン・ガンホ。
かなり滑稽とも思える世界観なんだけど、実力ある俳優さんたちのおかげでリアル感、臨場感がアップ、アップ
ティルダ・スゥイントンなんてもう!!別人すごい!
あの演説の憎らしさときたら特筆ものでしょう。

暴力シーンもかなりあるのですが、戦ってる最中に年が明けて一瞬新年を祝ったり、
前方の車両に向かえば、果樹園があったり、水族館?だったり、
お寿司を食べたり(日本語も時々聞こえました)、
子どもたちを洗脳するアヤシイ教室にあっけにとられたり(あの先生、強烈!)、
可笑しさやシュールさが混在して、これはかなりトンデモ映画ですゾ。(嫌いじゃないけどネ)

次の車両にはどんな世界(人々)が待っているのか、列車の扉を開ける=別の世界を目指す、単純だけどドキドキ、ハラハラしました。

それにしても飄々としたソン・ガンホ、いい味でした。
しかもビックリ、強そうに見えないのに強い。あのターミネーター並みに追ってくる男と互角に戦ってましたもん。
(私はあの、ギリアムの付き人さんを応援してたけど

そして、辿り着いた先頭車両で待っていたウィルフォードのあの弁舌、説得力がありすぎてよけい腹立たしい~~。

ラスト、
新世界へと足を踏み入れたのは(地上を知らない)アダムとイブ。
う~ん、こんなにキャラ亡くしちゃわなくてもいいのでは?と思いましたが、ある意味、潔いのでしょうか。

設定や世界観は奇抜すぎるけど、今現在の私たちの世界と同じ問題が同じように存在する、その怖さや苦さややりきれなさもしっかりと感じた作品でした。

あのプロテインの原料は・・・もしや・・(氷河期でも生命力ありそう・・だもの)



トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/766-ac6ded1a
トラックバック
その列車は世界の縮図 SNOWPIERCER 監督:ポン・ジュノ 製作:2013年 韓国・アメリカ・フランス 上映時間:125分 出演:*クリス・エヴァンス *ソン・ガンホ *ティルダ・スウィントン *ジェイミー・ベル *オクタヴィア・スペンサー *コ・アソン *ジョン・ハート 前を進め。世界を変えろ。 2014年7月(←ちょうど現在!)、 地球温暖化を食...
スノーピアサー dot RockingChairで映画鑑賞dot 2014.12.06 18:23
コメント
瞳さん、こんにちは!
世界を列車だけで描く発想は本当に奇抜でしたね!
私は比喩的な話と受け取り、そこがけっこう気に入りました。
あれはただの列車じゃなくて様々な問題を含んだ世界って所が、
すごい斬新だな~って。

俳優さん達も普段とは違った雰囲気で出演していて、
後から名前を見て、え~っとビックリ(゚o゚)

プロテインの原料はどうやらアレのようですよ(><)
YANdot 2014.12.06 18:21 | 編集
>YANさん、こんにちは。

お返事遅くなってごめんなさい~。
孫ちゃんが来ててバタバタしてます!(^^)!

世紀末近未来もこういう設定があったか~!と驚きました。
うんうん、そうでしたね。まさに世界の縮図でした。

クリス・エヴァンズって、結構演技幅広いですよね。
この作品ではちょっと暗い目をしてて、ニット帽もかぶってたし知らなかったら気づかなかったと思います。
ジェイミー・ベル、もうちょっと観たかったな。

おおぉーーー、やはり!
原料はアレだったのね。
生命力ありそうですもんね~(苦笑)


dot 2014.12.09 21:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top