2014
10.31

「パッション」

パッション


大手広告代理店コッチ・イメージ社で、新作スマートフォンの広告を手掛けるイザベル(ノオミ・ラパス)。
仕事熱心な彼女が作り上げたCM画像はロンドンでの会議でも評判を呼ぶのだが、
上司クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)はニューヨーク本社への返り咲きを狙い、イザベルの手柄を自分のものにしてしまう。

驚きを隠せないものの、それでも魅力的なクリスティーンに惹かれていたイザベルだが、度重なる彼女の悪意ある言動に耐え兼ね・・・・・。


久々のデ・パルマ監督作品、ノオミ・ラパスが出てる~と知ってワクワク。

黒の下着姿のレイチェル・マクアダムスといい、妖しく光るナイフといい、まるで鮮血をイメージしたかのような真っ赤な↑の画像、
なんだかあの『殺しのドレス』のような匂いがする~~

その昔観た『殺しのドレス』は、私の恐怖のトラウマともなった作品ですヨ
エレベーターもお風呂のシャワーも、しばらくの間、無理~~って思ったくらい。

本作は、さすがにそこまで怖くはありませんでしたが、それでも久々にデ・パルマワールド満載でした。

エレガントな美しさの中に潜む残酷さ、第三者の目(存在)を感じさせるかのようなカメラワーク、
おお!出ましたヨ、画面2分割、
夢?それとも現実?不安とショックに満ちて、どこまでも観客を落ち着かせない展開に、
なにより、あの音楽~~!!

うわ~~~、ドキドキするんだけど、なんだか嬉しい~(笑)

金髪と黒発

黒髪に黒のファッション、イザベルと、金髪に鮮やかな衣装のクリスティーン。まるで光と影のようですねぇ。
レイチェル・マクアダムス、キュートな容姿が魅力的なだけに我が儘な悪女っぷりが際立ちました。

正直、デ・パルマワールドにノオミ・ラパスってピンとこなかったのですが、
目がね、こんなに綺麗だったんだなあって改めて発見
追い詰められて薬に走り、朦朧となっている姿も、意外なくらい自然でした!!

赤毛さんも

イザベルを慕う助手さんは赤毛。
う~ん、なんて見事に女性たちが輝く~男性の影の薄さったら・・・・・

イザベルの薬がカップにこぼれたシーンから、スカーフの謎へと・・・・あのあたりから「そういうことだよねぇ」と薄々分かってはくるのですが、
なんとまあ!!
あの螺旋階段(ヒッチコック、出ましたね)だし、
最後には、エレベーターの中から「えっ!?まさか・・・」登場してきちゃうし、
最後の最後まで、夢か現実か・・・、デ・パルマワールド(あの音楽付き♪)、やってくれました~。

小道具使いも上手いナ。
カメラが足元を映していく・・・、その美しい靴に「ドキン!」。


今なら、あの『殺しのドレス』を観ても、大丈夫かしら?
私もずいぶん大人?になったし(笑)

いやいや・・・・・生涯、恐怖のトラウマ映画としてしまっておくことにしよう~っと。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/757-eb95664c
トラックバック
パッション(2012  フランス・イギリス) PASSION 監督: ブライアン・デ・パルマ 製作: サイド・ベン・サイド 脚本: ブライアン・デ・パルマ オリジナル脚本: アラン・コルノー ナタリー・カルテール 撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ プロダクションデ ザイン: コーネリア・オット 衣装デザイン: カラン・ミューレル=セロー 編集: フラン...
パッション dot ちょっとお話dot 2014.11.04 10:21
コメント
はじめまして!
スパイクロッドと申します。

久々に帰ってきたデ・パルマ節、
ボクもおおいに堪能させてもらいました!
しかも音楽はあのピノ・ドナッジオ!
いいですよね~最高です!

ぜひ久々に『殺しのドレス』も再鑑賞してみてください!
さらなるトラウマになるやもしれませんけど(笑)
スパイクロッドdot 2014.11.01 23:05 | 編集
瞳さん、こんにちは。
「殺しのドレス」の匂いしてましたね~。
「殺しのドレス」観た後は、私もエレベーターには、つい構えてしまった記憶が・・そうなるよね~(笑)
で、本作もブレないデパルマ世界が面白かったですね。
謎な部分もあったけど、良い意味でけれんみ溢れた演出にはいつも魅せられて(丸め込まれて?笑)しまいます。
キャスティングも音楽もドンピシャで。(死語?;;)

ところで、これ、以前サニエちゃん主演で映画化されてたらしくて、
気になってレンタル屋で探したんだけど、同じタイトルの違う作品しかなくて未だ見れずにいます。
瞳さん方面のレンタル屋には置いてあるかしら?
もし鑑賞の機会があったら、どんなだったか教えてくださいませ~(^^ゞ
つるばらdot 2014.11.02 11:41 | 編集
> スパイクロッドさん

おお!実はお名前知ってます(*^_^*)
映画の感想をググっていて覗かせていただきました!!
イラストとってもお上手ですね♪

コメントありがとうございます。

久々のデ・パルマ監督、こんなに往年のデ・パルマワールドを繰り広げてくれるとは思いませんでした。
音楽もコンビ復活で良かったですよね。

『殺しのドレス』ふふ、そうですね~。
いつかチャレンジ・・・・・出来るかなぁ(笑)
dot 2014.11.02 20:06 | 編集
> つるばらさん

こんばんは。
わっ、つるばらさんもエレベーター、構えてしまいました?

あれは、本当に強烈でしたよね。
あと最後のシャワーシーンで、履いてたスリッパだけが残されていた・・・・あのシーンがとても、とても怖くて。
バーン!と怖いシーンを映さなくても(想像させることで)怖がらせる上手さが強烈でした。

> 謎な部分もあったけど、良い意味でけれんみ溢れた演出にはいつも魅せられて(丸め込まれて?笑)しまいます。

そうそう、最後も夢?現実?とあいまいな感じでしたけど、それもまたデ・パルマ音頭(ふふっ)でしたね。
すっかり乗せられてしまいました。


> キャスティングも音楽もドンピシャで。(死語?;;)

ドンピシャでしたよ~~(笑)

> ところで、これ、以前サニエちゃん主演で映画化されてたらしくて、

私もとっても気になってます!!ネットレンタルだとあったので予約入れたんですよ。
はい、観たらまたご報告しますね~♪
dot 2014.11.02 20:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top