2014
10.09

「十七歳」

17歳

その夏、避暑地で出会った青年と海辺で初体験を終え、イザベルは17歳になった。

秋になり、イザベルは学校の放課後、名前や年齢を偽ってホテルで不特定多数の男たちと密会を重ねる。
お金になど困っていない、家族の愛情もある・・・・母も義父もそんなイザベルを疑ってもいない。

だが、常連客の初老の男性ジョルジュがホテルで突然死を遂げたことにより、
警察からイザベルの売春を知らされた母はショックを受けイザベルに理由を問いただすのだが・・・・。

オゾン監督の『危険なプロット』、今年のMyベスト入りが早くも確実なくらい良かった
続く本作もとっても気になっていました。

17歳・・・・、私にもあったよねぇ~~~なんて遠い日になったしまったんだろう

本作のヒロイン、イザベルを演じたのはマリーヌ・ヴァクト、モデル出身ですって。

17歳

若くて美しいイザベル。

けれど、どこかそんな自分を離れた場所から客観的に見ているような。(海岸での初体験のシーンでもそういう演出がありました)
妙に冷めたような、憂いを帯びた眼差しがとても印象的です。

17歳ー2

17歳-3

フランスの女の子って、メイクするとどうしてこんなに大人っぽくなるのかしら~
ママの服を勝手に借りてスーツに口紅、階段を上がってホテルのドアに向かう大人っぽい顔。
だけど帰りは普段着で見事にボーイッシュ。この変身ぶりにもドキドキさせられました。


父母の離婚はあったけれど(それがそれほど彼女に暗い影を落としているようにも思えなかったし)恵まれた環境の彼女が、なぜ、見知らぬ男たちを相手に売春を重ねたのか・・・。

母親にしたら「なぜ?どうして~~」ですよねぇ・・・。
だけど、彼女自身もそのわけをはっきり説明できるわけじゃないのよねぇ。

その行為をしている時は何も感じない。だけど家に帰ってその時のことを思い出すと・・・・またやりたくなる。
イザベルのこの言葉は、きっとものすごく素直な言葉だったんだと思う。

理解は出来ないんだけれど、「もしかしたらそういうことってあるのかもしれないナ・・・」って。
言い訳や飾りのない、率直な言葉って(理解を飛び越えて)触れてくるものがあるように感じてしまう。

そんな彼女が唯一(行為だけじゃなく)気持ちを動かされた常連客ジョルジュの妻と最後に出会うシーン。

なんと、なんと~~!!妻役にシャーロット・ランプリングを持ってくるなんてニク過ぎる~~
この素晴らしい存在感に脱帽ですよ~~。
(彼女が演じた)『まぼろし』のヒロインにどこか通じるかのような哀しさと危うさ、喪失感。

子ども時代は終わろうとしているけれど(終わらせたい)、大人にはなりきれない、捉えどころのない、不可思議な17歳。
少女と、愛する人を失った妻が、男が死を迎えたホテルのベッドでそっと寄り添うシーンがあまりに美しくて。

オゾン監督、やっぱりただ者じゃない!!とまた改めて感じました。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/750-d395ccbf
トラックバック
コメント
瞳さん、おはようございます。
連休突入だけど、台風はどうでしょうね・・どこも被害がなければいいけど・・。

ところで、♪誰もいない海~♪ご覧になったんですね。
一見、ありがちな題材でも、オゾンにかかるとその切り口に興味がわきますよね。
見終わった後には、自分にも哀愁がまとわりついていたわ~・・。
これ、こちらでは中洲(夜に活気づく街)の古い映画館での上映しかなくて、
観客がなんだかヒマそうな怪しげなオッサンが多かったので;;
変な映画じゃないから~オゾンだから~・・とか、自分に言い聞かせながら観に行きましたが。(笑)
17歳の主人公よりも、シャーロット様のお姿が、彼らの残像?になってればいいなあ(笑)
つるばらdot 2014.10.11 09:05 | 編集
>つるばらさん

こんにちは~。
台風、そちらは大丈夫ですか。
こちらはだんだんと風が強くなってきてるような気がします。
ゆっくり来るのって嫌だわ~~。早く何事もなくいってくれるといいですよねぇ。

あははは(笑)はい、南沙織サン、観ました♪
そうなんですよねぇ。題材はそんなに驚くようなことでもないんだけど、雰囲気というか、俳優さんもイイコ見つけてくるなあと毎回驚きます。
鑑賞後は、よろしく哀愁♪ですね!(^^)!

おお!!そうだったんですか!!
なぜ~、そういう劇場だったのかしら。
あぁ・・・すっごく目に浮かぶ観客席・・・・(笑)
シャーロット様、素晴らしかったですよねぇーーー。全然知らなかったのでビックリしましたが、感動でした。


dot 2014.10.12 15:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top