2014
06.15

「いとしきエブリデイ」

いとしきエブリディ

イギリス、ノーフォーク地方の小さな村で暮らすステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの4兄妹。

母カレンは昼はスーパーで働き、夜はパブでも仕事をして一家を支えている。
何故なら、父イアンは刑務所で服役中だから。
会えるのは、わずかな面会時間だけ。

母と子どもたちで過ごすクリスマスを何度も迎え、季節は巡り、子どもたちは成長していく・・・。
いつか帰ってくる父親を待ちつつ・・・・。



映画の始まりは、まだ夜も明けきれない暗い朝。
母に起こされ、シリアルの朝食を頬張る子どもたち。

長女ステファニー、長男ロバート、次男のショーンはおしゃぶりを咥えているし、末っ子カトリーナのお尻はおむつで丸い。

この幼い4人の子どもたち、
なんと実際、本当に兄弟
そして、彼らの姿を追い、5年もの歳月をかけて本作は撮影されたのだとか

父親不在の日々、子どもたちがあまりに幼いので、
もしや彼らの身に何か起きてしまうのでは?(ロバートが拳銃を持ち出して森を歩くシーンにハラハラ・・・・)とか、
家族との面会の後、あまりにも寂しげなイアンの姿に、こちらもこれ以上悪いこと起こらないよね?・・とか、
観ながらそれはもう、余計な心配もいろいろしてしまったのですが、

ありがたいことに、事件や事故もなく子どもたちは成長していく・・・。(良かった

だけど、普段の、全く普通のような日々の中でも、子どもたちの成長や、季節が巡るごとに、ちゃんとさまざまな出来事は起こっていて・・。

成長とともに父親に対して複雑な気持ちを抱きかけているロバートの表情や
年下の彼ができたらしいステファニーや
泣き虫なのに、パパの悪口を言われて喧嘩してしまうショーンや。


4人の子どもたちの、このあまりにも自然でリアルで、
演技だとかなんだとか、そういうものを越えてそこにただ存在して、泣いたり笑ったり、黙ったり・・・そうした姿にすっかり見入ってしまいました。

ショーン

ぷぷぷ~~キューピーちゃんみたいなこの子がショーンです。チュってしたくなるよね?

作品の中で、本当に5年過ごした子どもたち、その成長ぶりにも驚かされました。
あんなに赤ちゃんっぽかったカトリーヌが、最後にはあんなに背が伸びててーー(それだけでもうジーン


それでもホンワカ~なムードばかりじゃない、
子どもを持って働いて、面会日には連れて行き、必死で頑張っている母カレンも、時には折れそうになって男友達を作ったり、その彼が父親の代わりでもいいのかなぁ・・・などともしや想像してる?なんて表情をアップで見せてみたり、

面会日に悶々としているイアンのためにカレンがブラウスから胸を覗かせてみようとしたり、
一日外出を許されたイアンとカレンが、子どもたちを公園で遊ばせている間に、忙しく愛し合ったり・・、
外出時にクスリをムショに持ち込んでしまったイアンをカレンが激しく責めたり・・と。

綺麗ごとだけじゃない、リアルさもしっかりと見せてくれました。


だからかなぁ、よけい、しっかりと一家の過ごしてきた時間を感じたし、何度も何度も描かれてきた面会日の様子も見てきたので、イアンの出所がとにかく嬉しかった~~。
「やっとだねぇ・・・・」って。
それほど長い映画ではないのに、まるで同じように季節が巡って5年間を過ごしたような、そんな気がしました。

待ちに待った父親、でも夜中に早速言い争いをしてしている(あそこで浮気を打ち明けるとは・・・)父と母の声に、翌朝の子どもたちのなんとも微妙な表情~、こういう描き方もなんて自然なのでしょう。
「そこはママの席だよ」なんてショーンに言われたりしてね、パパ。

ラストシーン。家族で海へでかけた一家の前に、やがて遠く、遠く、青い海が広がっているのが見えます。

それまでにも何度か海のシーンはあったのですが、この最後の海のシーンに、あの音楽♪♪
あぁ・・・なんともこみ上げてくるものをこらえきれませんでした

当たり前の日々の、普通に過ごせる時間が愛おしい。
ノーフォーク地方の自然の美しさにも癒されました。


ノーフォーク

いとしきエブリデイ3

いい映画観たわ~~、地味映画推進委員会のみなさま、お薦めに参ります!!
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/723-564a934b
トラックバック
コメント
瞳さん、こんばんは。
この作品の地味映画でのオススメ、ありがとうございました(^O^)
知らない作品、って思ってたけど、
この可愛いキューピーちゃん顔には見覚えがある気が…?
どこかでポスターでも見たのかもしれません。可愛いよね〜(^-^)
冬尻監督、結構お気に入りなんだけど、最近のは殺人鬼モノだったし、
今回のこれはガラッと違うみたいで又楽しみです。
シャーリー・ヘンダーソンが出てると、なんだか落ち着くし…⁇(笑)
つるばらdot 2014.06.20 18:27 | 編集
>つるばらさん

こんにちは。
キューピーちゃん顔のショーン君、可愛いでしょう~♪
ふふ、映画の中でもとっても癒される坊やでした。泣き虫シーンもあるんだけど、なんだかとっても微笑ましくって。

冬尻監督~(爆)
私全然観てないよね?って思ったら「キラー・インサイド・ミー」そうだったのね!!
わ~~、あれも衝撃だったけど、この作品とは全然違ってたからビックリです。
つるばらさんはほかの作品もご覧になってるのね~。

私もこれからいろいろ観ていきたいなって思ってます。
シェーリー・ヘンダーソン、常連さんなのかな?
独特の雰囲気を持ってますね~。

dot 2014.06.22 17:00 | 編集
お邪魔します~~

まだ観ていないんだけど
気になって覗いちゃいました。


淡々とした中に
感動もありそうで・・・
楽しみ。


子ども主体の映画って好き。

↑のつるばらさんの
冬尻監督って、え~~ってしばらく考えたけど
わかった瞬間、笑。
いや~~面白いよね。


そういえば、前につぶやきで
腰かな・・調子悪そうだったけど
今は大丈夫なのかしら。お大事にしてね
私もパソコン長いと腰も痛いのよね


ではでは
また遊びに来ますね~~

みみこdot 2014.06.24 16:23 | 編集
>みみこさん

こんばんは。
覗きにきてくれたのね~、嬉しいな♪ありがとう。

>淡々とした中に
感動もありそうで・・・

そうなの!!とにかく自然でリアルなんだけれど、子どもちゃんたちの成長に感動させられたわ。
5年って、大人だとそれほど変わらなかったり?するけど、子どもの成長ぶりってすごいよね。
今次女のところもユサちゃん(1歳)が来てるので、よりそう感じたわ。

>冬尻監督

ふふふ~~(笑)面白いよね!!
つるばらさん、ナイス!

つぶやき、読んでくれたのね、ありがとう。
腰は若い時にバレー(ボールの方 笑)で痛めて、分離症なんだけれど、最近足の付け根も痛くて・・。
それで整形で股関節のレントゲン撮ってもらったら、すごい変形してるって~~(涙)
ショック~~!!
ちょっと手術も考えないといけないくらいみたいなんだけど、今は様子見状態で、筋トレと体操やってます。

(PC、私もついつい長く座ってしまうけど)
みみこさんも腰、お大事にね~♪
dot 2014.06.26 23:21 | 編集
お邪魔します~~
やっと、やっと観ることができました・・泣

子どもたち可愛かった・・ショーンも大きくなると
お兄ちゃんのロバートに似てくるのね(本物兄弟だから
あたりまえだけど)

子どもが可愛くってママも一生懸命だったから
余計あのパパに腹立たしさも感じたりしたけど・・。
もう~~何で刑務所入るようなことしたのよ~~~って。
それに薬とかも持ち込んだじゃない?心配だったよ
あの弱さが・・。


浮気を告白したときも、心配したけど
なんとかもってくれたみたいでホッとしちゃった・・
根底には愛があるものね~~

とにかく、平凡だけど家族一緒が一番ということを
しみじみを感じる一本だったわ
紹介してくれてありがとう・・・ね。


明日かな・・今日の夜からかな、台風。
前回もそうだけどこう続くと嫌だよね。早く行って欲しいよね。
どうぞお気をつけてくださいね。
みみこdot 2014.10.12 22:04 | 編集
>みみこさん

こんばんは。
2週連続台風、今週のはゆっくりきたからよけい怖かったわーー。
そちらは大丈夫でしたか。

わ~、子どもちゃんたち、観てくれたのね~♪
お話にきてくれてありがとう。

そうそう、ホンモノ兄弟だからやっぱり似てるのね。
キューピーちゃんみたいなショーンもお兄ちゃんも目がクリクリってしてて可愛いですよね。

パパがねぇ、いいパパなんだけど弱い部分があるのよねぇ。
一日でも早く帰ってきてほしいのに、あんなことしちゃって!!ってガックリ来ちゃったわ。

うんうん、浮気もね、「言っちゃう!?」と思ったけど、
なんとかなって良かった。

ラストの海のシーンにジーンとなっちゃって、家族一緒って(当たり前のことみたいだけど)こんなに素晴らしいことなんだなって改めて感じますよね。

また地味なの、何か見つけたらお知らせに行きますーー。

dot 2014.10.15 19:59 | 編集
瞳さん、こんにちは。やっとこれ見られました~(^^ゞ
子供達可愛いかったですね。
5年の月日の中で少しずつ身長伸びたりと、目に見える変化にしみじみしたけど、
目に見えない所ではもっと多くの変化があったでしょうね。
それにしても母親一人で大変だぁ~・・病気になるヒマもない日々よね。
瞳さんの
>ありがたいことに、事件や事故もなく子どもたちは成長していく
・・・・これに尽きる気もしました。
本当に普通に元気に日々を送れる事の有難さといったら・・。
でも自分はあの夫に対して結構イライラしてしまいましたよ;;
なんだか自分の事しか考えてないみたいにも見えて・・。
刑務所でどんな扱い受けてるのかわからなかったけど、
再犯も他の囚人に脅されてやったとか、なんか言い訳にしか聞こえなくて・・
あ~ダメだ~私はカレンにはなれない~(←?笑)
ラスト~エンドロールの流れ、とても良かったですね。
「ひかりのまち」っぽい音楽だったので、違う雰囲気のナイマンを聴いてみたかった気もしたけど
あの流れがとても良かったので、まあいっか~な感じでした。(^^ゞ
あと、感覚の違うシュウトメを軽くスルーしてたのはリアルでした。(笑)
つるばらdot 2016.03.24 11:39 | 編集
> つるばらさん

こんばんは~。
わ~!!ご覧になったんですね。ご報告ありがとうございます。

子どもたち、とっても自然で可愛くて良かったですよね♪

> 目に見えない所ではもっと多くの変化があったでしょうね。
あぁ・・・確かにそうでした!!
からだの成長もそうだけど、小さな心にもいろんな思いや、変化が生まれて。それがまたすごく自然に感じられました。

ママは、本当に大変でしたね。
パパはあんな風だし(苦笑)、そうそう、もっとしっかりしてヨーー!!って言いたくなっちゃいますよね。
私、パパがもっとダメダメになっちゃうんじゃないかとか、
子どもたちに何か起きちゃうんじゃないか・・・って、ハラハラしてしまいましたよ。

なので、あのラストシーンには本当にほっとして、嬉しくて、ジーンとして、ほろり~となっちゃいました。

> 「ひかりのまち」っぽい音楽だったので、違う雰囲気のナイマンを聴いてみたかった気もしたけど
「ひかりのまち」音楽、似てるのかな~。
私未見なのですが、こちらの作品も良さそうですね。

> あと、感覚の違うシュウトメを軽くスルーしてたのはリアルでした。(笑)
あはっ、そうでしたね~(笑)
dot 2016.03.25 21:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top