2014
06.05

「ラストスタンド」

ラストスタンド

かってはロス市警の敏腕刑事として活躍していたレイ・オーウェンズは、今では第一線を退き、メキシコとの国境に近い田舎町ソマートンで保安官を務めていた。

そんなある日、町のダイナーで見なれない軍人を見かけたレイは不信感を抱くが、
それは、FBIの手から逃亡を図り、メキシコへと向かおうとしているロスの麻薬王コルテスの手下であった・・・・・。

警察の応援も間に合わない状況で、町を守れるのは保安官と4人の仲間たち。
戦闘経験のない部下たちや、銃器オタク、旧式の武器をかき集め、武装した犯罪グループに立ち向かう。
最後の砦(ラスト・スタンド)」を守りきれーーー!!

アーノルド・シュワルツネッガー、10年ぶりの復帰主演作です~~

レイ保安官

演じるのは田舎町の保安官。
・・といっても、もちろんタダモノではありませんヨ。かってはロス市警で目覚ましい活躍を見せていた敏腕刑事。
麻薬王を移送中に逃してしまった“イイトコナシの”FBI捜査官(演じるのはフォレスト・ウィテッカー)に「イモ保安官のくせに~~」なんて言われようとも、内に秘めたる大物っぷり、隠せません~。

だけど、だけど、「ばかねぇ・・・シュワちゃんなんだよ、もちろん敵うわけないじゃん!!」
・・・という、以前の圧倒的、無敵パワーのシュワちゃんは、本作にはいません。

単身、敵の中に乗り込んでバッタバタ!!などはせず、あくまでソーントンの保安官として部下たちとチームを組み、凶悪犯を迎え撃つ。
時にはちょっともたついたり、倒れて「歳だねぇ・・・」なんてぼやいてみせたりする・・。

そんな、自然体の、だけど筋金入りの頼りになるヤツ!!それが本作のシュワちゃんです。

現代だけど、西部劇が似合うような田舎町が、舞台としてとってもGood
銃器を名前で呼ぶ銃器オタクや、テンガロンハットのぽっちゃり副保安官フィギー、姉御肌の紅一点サラ、都会の警察への憧れを抱くジェリー、部下たちのキャラクターも良かったです。

ストーリーも予想できちゃうシンプルさなんだけど、
ダイナーにミルクを届ける老人の身を心配するような、小さな町らしさをちゃんと生かした細やかさがあったり
なにより、砦のメンバーが戦闘経験のない部下たちなので、「大丈夫!?」とドキドキしました。

その分、悪いやつらをやっつけた時の、カタルシス、大きいよね~~

ピーター・ストーメア、相変らずなんて悪役似合うんでしょう。
本ボス、3代目麻薬王コルテスの、最新鋭の車シボレー・コルベットZR1もすごいーー。時速400キロ出るって
おまけにレーサーで、しかも、(演じるノリエガ)イケメンときますからねぇ。

ロドリゴ

そうそう、だけどイケメンといえば、身を持ち崩しかけたサラの元恋人フランクは、ロドリゴ・サントロなのだーー。
わぉ、久しぶりーーー。

ブラジル(ロドリゴ)とスペイン(エドゥアルド・ノリエガ)のイケメンの出演でますますテンション上がりました

トウモロコシ畑でのカーチェイス(探り合い)・・・なんて、これも「らしさ」を生かして面白かったーー。
車の窓にトウモロコシがバチン、バチン~~

そして最後には(チームを組んだと言っても)やはりありました!シュワちゃん、タイマン勝負!!
上着を脱いだ時、もしや?裸に・・・なんて思いましたが、それはさすがに無かったですね(笑)

コルテスの柔術?っぽい攻撃に、豪快な投げ技で対抗ーー。
だけど、ここでも圧倒的なパワーじゃなくて、刺されたって根性で耐えて刺し返すという。

最後の最後まで、ターミネーターじゃない、生身の頑張りを感じるアクションでした。


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/720-b69eeb07
トラックバック
シュワちゃんの「ターミネーター3」以来10年ぶりの主演復帰作! 期待せずに観たらけっこう面白かった! THE LAST STAND 監督:キム・ジウン 製作:2013年 アメリカ 上映時間:107分 出演:*アーノルド・シュワルツェネッガー *フォレスト・ウィテカー *ジョニー・ノックスヴィル *ロドリゴ・サントロ  俺たちが最後の砦(ラストスタンド)だ! ...
ラストスタンド dot RockingChairで映画鑑賞dot 2014.06.07 18:28
コメント
瞳さん、こんにちは!
シュワちゃんの復帰作に相応しい、
只者ではない田舎の保安官役でしたね!
ちょっと歳を感じさせるんだけど、筋金入りの頼れる男☆

舞台が田舎というのも良かったです。
ノンビリして事件などとは全く無縁な人達が、
協力し合って悪党をやっつけちゃう!
いや~ほんとに、カタルシスが大きかったです\(^▽^)/

トウモロコシ畑でのカーチェイスなんて、工夫がありましたよね!
タイマンのシーン、裸にならなくて良かったです(^^;
でも生身でよく頑張ってました!
アッバレ、シュワちゃん☆でしたね~
YANdot 2014.06.07 18:26 | 編集
>YANさん

こんばんは。
シュワちゃんの復帰作、「絶対的100%のヒーロー」じゃなかったところが、良かったですよね。
そうそう、否かの保安官だけど、只者じゃないんですものね。
やっぱり頼れる男でしたね♪

舞台もいいですよね。
事件なんて全くないから、ダイナーの人々もね、ノンビリ動きませんでしたよね(笑)
でも、いざという時はおおばあちゃん、強かった!!

あははは~(笑)
タイマン勝負ね!一瞬びっくりしたんですよ。
「えっ!脱ぐの!?」って。
刺されてもぐっとこらえてね、やっぱり鍛え方と根性に年季入ってるんだよ!!って画面見ながらつぶやいてました(笑)

dot 2014.06.08 20:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top