2008
05.30

「パーフェクト・クリーチャー」

パーフェクト・クリーチャーパーフェクト・クリーチャー
(2007/10/05)
ダグレイ・スコット

商品詳細を見る


錬金術の失敗により世界には疫病が蔓延し、大勢の人々を死に至らしめた。
だが、一方、錬金術は新たな遺伝子を作り出し、"ヴァンパイア"を生み出す。
ヴァンパイアは、完全体であるみずからの血液で疫病に苦しむ人々を救い、人間はヴァンパイアに生き血を捧げることで共存をはかり、世界は均衡を保っていた。
しかし、ウィルスの突然変異により人間を襲うヴァンパイアが出現する・・。
世界の均衡は崩れようとしていた・・・。



WOWOWでやってたのを録画したのですが、これが、なかなかの拾い物。
ヴァンパイアものにしては、珍しい設定。
疫病を通じて人間との共存を図る・・っていう世界観がオリジナリティーがあって面白いですよね。


人間から生まれたヴァンパイアはなぜか男だけであったり、彼らはブラザーと呼ばれ教団組織を作って人々から敬われていたり・・。
近未来というよりは、どこか中世風な映像も雰囲気がありました。


う~ん、なのに今ひとつ盛り上がりと魅力に欠けたのは何故かなあ・・。
狂気に囚われた弟ヴァンパイアと彼を捕らえなくてはならない兄ヴァンパイア、そしてそんな二人の間にひとりに女性刑事・・・。

弟の目指したものや兄の苦悩、女性刑事の痛ましい過去の傷・・、どれもがあんまり伝わってこなかった。
特に(一応主人公だと思われる)兄ヴァンパイアが・・じ、地味すぎるんですけど~~(汗)

ストイックさは共感持てる!眠っている彼女を見つめるシーンもいいと思う。
でも・・もっと活躍してもよいのでは~。
ロックスが地味なのに闘うシーンも地味では・・あまりにも~。

弟ヴァンパイアももっと素敵だったらなぁ・・ふらふらっとさせてくれるくらい(苦笑)


設定が面白いと思うだけに、人物の魅力不足がもったいない気がしましたよ。


遠くから彼女を見つめる兄ヴァンパイア・・、最後までとってもストイックな主人公でありました。
何故一緒にはいられないんだろう?このあたり、弟の指摘したことと関係アリ?
だとしたら、もっとそのあたりも突っ込んで描いても良かったのではないかしら。

新たに誕生した生命に希望を感じるラストではありましたが、世界観の面白さのわりにあまりにも地味な印象しか残らなかったのが、惜しいなあ・・と思います。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/71-49747bbc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top