2014
01.15

「美しき棘」

美しき棘 [DVD]美しき棘 [DVD]
(2012/04/06)
レア・セドゥ、アナイス・ドゥムスティエ 他

商品詳細を見る


母を亡くしたばかりの17歳の少女プリューデンス。
父は海外勤務で不在の日々、姉は家に寄りつかないため、プリューデンスは家の中で一人で暮らしている。

喪失感と孤独を埋め合わそうとするかのように、偶然出会った不良少女マリレーヌを家に招いた彼女は、
パリ郊外のランジスで違法バイク・レースに興じる若者たちのグループと知り合うのだが・・・。


WOWOWの、ライジングスター特集今月は嬉しいことにレア・セドゥ。
まだ未見だった本作、観ることができました。



美しき棘

あぁ~~、この表情、この目が、すべてを物語る~~

寂しげなんだけれど、それを決して認めようとはしない、時に挑戦的とも見えるその表情。
喪失感を埋めるかのように若者たちと交わり・・大勢の中にいても。けっしてそこに彼女の居場所はない。

どうしたいのか、どうされたいのか。
どこにいればいいのか・・。

持てあます自分を抱えて夜の街を漂うプリューデンスに、観ているこちらもどうしたらいいのか、なんともいえない居心地の悪さを感じ続けました。

でもね、それでも目が離せない。
レア・セドゥの存在感、やはり大きいですね。


だけど・・・まだ17歳
父は(姉の不在を知らないとはいえ)母親を亡くした少女をもっとかまうべきではないかしらねぇ。
いや、もしかしたらもっともっと幼い歳だったら、また全然違う環境に置かれたのかもしれないんだけれど、大人ではないけれど・・幼くもない。
まわりの大人たちもどういう風に接したらいいのか、一番難しい年頃なのかもしれませんね。

おしげもなく裸のシーンもありますが、必死で何かにすがろうとするかのような切なさが哀しい。


それだけに、ラストシーン。
突然、子どものように泣きじゃくる彼女の姿に逆にとってもホッとしてしまうんです。

それまで決して現れなかった母の幻。
見てしまった事故の犠牲者の姿は、現実の死というものを彼女に受け止めさせたのかもしれません・・。
そこから・・一歩。
若い彼女が踏み出していけますように。願わずにいられません。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/668-b98dd45b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top