2014
01.02

瞳の勝手にCinema賞 スター編2013年

Category: 映画のはなし
マチュー

2014年明けましておめでとうございます。

香川では、暖かで穏やかな元旦となりました。
もちろん、あん餅雑煮も食べましたよ~♪

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします。


それでは、作品賞に続いて・・2013年スター編、まいりましょう。




俳優編


◆そんなあなたにやられました!!賞◆


男優さん

マチュー・アマルリック 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き最後の夢~」「キングス&クイーン」
「チキンとプラム」では、自己中で勝手なバイオリン弾き、「キングス&クイーン」では、かな~り変人のヴィオラ奏者・・
でも、どちらもとっても愛おしく感じられたから不思議です。「キングス~」ではブレイクダンスまで観れました!
もう、マチューに夢中


ジャック・ガンブラン  「戦争より愛のカンケイ」
真面目で慎重な男が、かな~り飛んでるヒロインに翻弄されつつ・・優しく支えるその包容力。
皺のよったその笑顔にクラクラ~。


イーサン・ホーク 「フッテージ」
苦手なホラーもイーサン主役と聞けば、見ないわけにはいきません。眼鏡イーサンと来ればますます。
取材のために自らが飛び込んだ恐怖といえど、あの怖がりっぷりのリアルさにこちらもハラハラ、ドキドキ。


カール・アーバン 「ジャッジ・ドレッド」
全くブレナイ、骨太ヒーローをこれだけ見事に演じてくれたら・・もうついていくしかないでしょう。
ただの一度も、一瞬たりとも決してヘルメットを取らなかった徹底したジャッジぶりにも敬服。


ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 「アンチヴァイラル」
まさか「X-MEN」のアメリカーンな少年が、こんなに不健康で怪しい青年を演じられるとは・・。
フラフラ~と倒れる寸前での踏ん張りっぷり、凄かった。

ジャン=ルイ・トランティニャン 「愛・アムール」
時には利己的なものに見えるほど強くて濃い愛情。言葉も出ないくらい素晴らしい演技でした。


ロベルト・ヴィエンツキェヴィッチ 「ソハの地下水道」
いやぁ、どう見たって悪役顔よでも、あの少女の手を取った彼の暖かさ、最後の誇らしげな表情に思わず泣けました・・。


クリストフ・ヴァルツ 「ジャンゴ 繋がれざる者」
さすがだねぇ・・、この存在感。登場したとたん、彼にすっかり心奪われました。
あぁ、なんて魅力的なキャラクターだったんでしょう。


ベン・ウィショー 「クラウド・アトラス」「007 スカイフォール」
長丁場だった「クラウド・アトラス」で一番、一番気になったのが彼のパート。稀有な存在感が光る
007の新メンバーQの可愛さもたまりません。


ヒュー・グラント  「クラウド・アトラス」
何変化も演じる俳優さんたちの中で、彼だけがどの時代も、どこの世界でも悪いヤツばっかり(苦笑)
人喰い種族まで演じちゃいました!エライ。


アムール・ワケド 「砂漠でサーモンフィッシング」
彼がシャリフの役で本当に良かった!
「妻が何人もいる」なんて台詞言われても全然嫌味じゃない~~、納得の素敵さ、妻の一人にして欲しい(笑)


香川照之 「鍵泥棒のメソッド」
殺し屋と記憶を失った男・・シニカルなシーンととぼけた味が絶妙でしたねぇ。
あの几帳面さ、ツボにハマっちゃった!


加藤剛 「舟を編む」
言葉に対する熱い情熱、真摯な取り組みに心打たれました。若者たちの中に楽しそうに飛びんでる姿もチャーミング。




女優さん


レア・セドゥ 「マリーアントワネットに別れを告げて」「美しいひと」「幻の薔薇」「ミステリーズ 運命のリスボン」
う~ん、全くこの不思議な魅力をなんて表現したらいいんでしょうか。彼女の出演作は絶対見逃せない。
これからもずーーーと観ていきたい女優さんです。


エマニュエル・リヴァ「愛・アムール」
そこにいて、息をして、動いて喋っている・・その存在すべてが、この役そのものでした。



サラ・フォレスティエ「戦争より愛のカンケイ」
こんなヒロイン観たことない~!
一歩間違ったら危なすぎるヒロインなのに・・・その絶対無二さが、こんなにもチャーミングに見えたのは彼女のおかげでしょう!


アンドレア・ライズブロー 「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」「オブリビオン」
しっとりと落ち着いた大人の女性をこんなに魅力的に演じられる人がいるのねぇ。透明感のある美しさにうっとり。


ミア・ワシコフスカ「イノセント・ガーデン」「ジェーン・エア」
少女の中に潜む悪・・強烈だったなぁ・・。いったいどれだけ隠れた引き出しを持った女優さんでしょう。
これからも楽しみ。


ニーナ・ホス 「東ベルリンから来た女」
冷たくて無愛想で・・。でも、どんどん彼女の内面を知りたくなった!
自転車に乗るスレンダーの姿も魅力的でした。


アリシア・バックレーダ「オンディーヌ 海辺の恋人」
本当に人魚なの?・・そう自然に思えちゃうくらい神秘的で魅力的だったなぁ。ファッションも素敵でした。


ラシダ・ジョーンズ 「セレステとジェシー」
成功した大人の女性の高慢さが予想もしない事態に挫かされ・・驚き、焦り、もがく姿がなんともリアルでした。
脚本も彼女が書いたとか、才女ですね。


ゴルシフテ・ファラハニ 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き最後の夢~」」
振り向いた彼女の、ハッとするほどの輝きに息を飲みました!!彼が思い続けたのも納得ですよね。


サラ・ガドン 「アンチヴァイラル」「モスダイアリー」
人々の憧れセレブを演じるのに相応しい洗練された美貌で魅了された「アンチヴァイラル」
「モス・ダイアリー」では若々しく明るい美しさが眩しかった~。


ゾーイ・カザン 「ルビースパークス」
天然でチャーミングで愛らしくて。小説から登場した少女というキャラクターにまさにドンピシャ!


広末涼子 「鍵泥棒のメソッド」
実はね、ちょっと苦手な女優さんだった・・けど。この役はとっても良かったーーー!
好感度急上昇


今年もいっぱい挙げちゃいました(笑)
敢えて大賞をつけるとすれば、男優さんは、マチュー・アマルリック。女優さんは、レア・セドゥ



続いて、恒例のスクリーンで見つけた素敵なカップル賞、行きましょうか。


キリマンジャロの雪3
「キリマンジャロの雪」から。
こんな風に互いに思いやって寄り添える夫婦になりたい・・・しみじみ。


ジェーン・エア4
「ジェーン・エア」
この、そっと・・寄り添い加減がなんともドキドキしましたよ~、お似合いでしたね。


戦争より愛のカンケイ
「戦争より愛のカンケイ」
どこにでもいそうなありふれた名前のフランス人と、世界にきっと一人しかいないという稀有な名前のアラブ人。
超個性的なカップルの恋の行方に目が離せませんでした。


クラウドアトアス
「クラウド・アトラス」から。
「次の世で会おう」
許されない二人が・・・切なかったわ~。でも、このシーンはファンタジーで楽しい♪


ローンレンジャー

「ローン・レンジャー」から。
え!?カップル!?
トントとジョンのコンビもナイスでしたが、なんといっても最強の白馬シルバーにアッパレ~。

今年は午年ですしね~(笑)
 




2014年もまた素敵なスターたちに会えますように
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/665-6b2c5402
トラックバック
コメント
瞳さん、おはようございます。
瞳さんの勝手にスター賞(省略しちゃった~笑)面白かったです~。
いやぁ・・昨年も魅力的な俳優さん、たくさんいましたよね。
イーサン・・毎年コンスタントにいいシゴトしてますよね。
ガンブランは最近トンとご無沙汰な気がするので、この作品見てみたいです。
あと、聞いたことない俳優さんも、一度聞いただけじゃ覚えられない俳優さんもいらっしゃったので、
自分も頭の体操がてら(?)そちらの作品もチェックしたいと思います。(^^ゞ
そんな中、男優の一番に自己中マチュ~が選ばれてたのは嬉しかったです。(いや、自己中はイヤだけど・・笑)
それと、レア・セドゥって「ミッドナイト・イン・パリ」の蚤の市(?)の女の子ですよね?
雰囲気があって、私もいいな~って思ってました。結構色々出てるんですね。

ロマなシーン・・の「クラウド・アトラス」(未見)にはちょっと笑っちゃったんだけど、あっ、ここ、切ないシーンなんですね?(あちゃ~)
これも見てみたい1本なんだけど、長くて難解って言う噂に怯んでいます;;

今年もまた色々面白い作品が見られるといいですね。
瞳さん発掘!の名作、不思議作(?!)また楽しみにしています!
つるばらdot 2014.01.22 10:46 | 編集
>つるばらさん

いらっしゃいませ~。
勝手にスター賞、おおっ、それイイ~(*^_^*)
読んでくださってありがとうございます♪

魅力的なスターさんが多くて、今年も悩んじゃいましたよ。
うんうん、イーサン、ホラーでもいい仕事してましたね。

ガンブランのこの作品、いいですよ~!!ぜひぜひ。
みぬぅさんももう観てる「最初の人間」をレンタルしたのでこちらのガンちゃんも楽しみです。

>聞いたことない俳優さんも、一度聞いただけじゃ覚えられない俳優さんもいらっしゃったので、
あはは~、そうですね(笑)

自己中マチュー、えへへ、現実では自己中はイヤですけどね~(笑)
「チキン」もそうだけど「キングス&クイーン」のマチューもとっても良かったですよ。絶対ほかの人には出せない味じゃないかなって思いました。

レア・セドゥ!!
そうそう、その彼女です~!
あの作品の彼女は(珍しく 笑)爽やかな役でした!
他の作品はちょっと不思議だったり、道を外れてたり(殺し屋)、独特のキャラクターが多いんですが、表情と言い、雰囲気と言い、とっても気になる女優さんです。

「クラウドアトラス」ベン君のパートはとっても切なかったんだけど、この(夢のような)シーンだけはファンタジーで楽しかったので挙げてみました♪
いろんなエピソードがランダムに流れますが、そのわりにはややこしくはなかったですよ。
でもとっても好みがあるみたで、全くダメだった・・っていう人も多いみたいです。

目指せ!発掘!不思議作~(笑)今年もいろいろ出会えますように♪

dot 2014.01.24 17:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top