2013
12.11

「ナタリー」

ナタリー [DVD]ナタリー [DVD]
(2013/11/20)
オドレイ・トトゥ、フランソワ・ダミアン 他

商品詳細を見る


カフェで知り合い、結婚したナタリーとフランソワ。
愛し合い、幸せに暮らす二人に突然の別れが訪れる・・・

フランソワを失い、残されたナタリーは何年も恋や出会いとは無縁の仕事一筋の日々を過ごす・・。

しかし、そんなある日、ナタリーは何故だが同僚のマルクスに突然キスをしてしまい・・・。



2009年にフランスで刊行され、大人気となった同名の小説が原作です、原作者のダヴィド・フェンキノス氏が監督もされたとか。

愛する夫を亡くし何年も仕事に没頭してきた聡明で美しいヒロインが、心を寄せたのが・・・周囲の人々も思ってもみなかった意外な人物だった!?

ナタリー4

確かに意外~~!でしょ?(苦笑)

同僚のスウェーデン人マルクス、大きなクマさんみたい。
ナタリーが彼に突然熱烈なキスをするシーンは、私てっきり、彼の願望シーンだとばかり思いましたもの

これに舞い上がってしまったマルクスですが、実はナタリー、このキスが全くの無意識、「覚えがありません~」とな!?
なんて罪な・・・と思うところですが、
この突然で唖然としてしまう出来事、なぜでしょう、オドレイだと結構熱烈なこのキスも、いやらしい感じが全く無いのね~。相手がクマさんだから?いやいや(笑)



ナタリーが愛するフランソワと過ごす幸せな日々、
その出会い、結婚、そして別れなど考えてもみなかった・・・いつもと同じように過ごしていたあの日曜日。

なんていうのかしら?二人の別れが・・あまりにも突然で、なにか予感があるわけでもなくて。
だからこそ、よけいに、ものすごく現実的に感じられて。
一人になったナタリーの悲しみや持っていき場のない怒りも・・すごく感じられて
こんな言い方したらいけないけれど、映画的にはよくある悲劇のはずなのに・・・ボロボロ泣けてしまいましたヨ~、自分でもビックリ。

こうしたナタリーの姿を前半、とっても丁寧に見せてくれたので(泣かされてしまったので)
中盤から後半、マルクスとのちょっと「美女と野獣」?風な恋愛が生かされていたんじゃないかしら~♪

傷ついて、強気になって、むきになってがむしゃらに仕事に向かおうとする、オドレイの表情がとてもイイから、
そうした彼女が無意識に選んだ?のが、天然中年クマさん、マルクスだったのかなあって。

決して無理やりには踏み込んでこない、そんな彼の優しさが、ナタリーには心地よかったんだと思うなあ。
あのプレゼントも・・・彼らしい~。

朝、カフェオレと(とっても)固いトーストを二人で食べるシーンも、可笑し微笑ましいシーンでした。

若くて綺麗なナタリーと恋をしても・・・おおっ、なんだかすごく垢抜けてきた!っていうことのない変わらないマルクスがいいな(褒めてマス)。


ナタリー


ナタリー3


オドレイ・トトゥ、変わらないわ~、チャーミングです。
本作はチャーミングさに加えて、強くあろうとする厳しい表情の彼女も印象的でした。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/657-c795ce93
トラックバック
コメント
瞳さん、こんばんは。
せっかくの七夕が雨で残念です・・そちらはどうかしら?
ところで、ちょっと前にこれ(録画してたのを)見ましたよ。
最初から意表をつく展開で・・
マルクスは完全にノーマークで(笑)
で、色々ツッコミながらも、心にしみる展開で・・
見終わっても録画を消せないでいます。
主演の二人、良かったですね。
マルクス役の俳優さんが気になってたまりません~(笑)
つるばらdot 2015.07.07 22:34 | 編集
>つるばらさん

こんばんは。
七夕、こちらは曇りでした~。
夕方スーパーで大きな七夕飾りを見かけて、短冊書きたい!!って思ったんだけど、大人一人だけでは書きにくく(>_<)
孫ちゃん連れてたらなあって思いましたヨ。

おお、ご覧になったんですね。
そうそう、突然のあのキス!!ビックリでしたね。
相手は全くのノーマーク(笑)
クマさんみたいなマルクス・・・・。

ナタリー、結構感情的なシーンもあったような・・・(記憶が)。
でも、とっても印象的な作品でしたよね。

マルクスクマさん、他にどんな作品に出てるんでしょうね。
気になりますよね。
そうそう、オドレイはこの前、「テレーズの罪」っていう作品を観たんですよ。
これがまた!!とっても印象的で考えさせられる作品でしたよ。

dot 2015.07.10 21:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top