2013
12.08

「アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場」

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場 [DVD]アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場 [DVD]
(2013/12/04)
ヴィルデ・ゼイナー

商品詳細を見る


北の王国、優しい父王と母王妃に育てられたゴールデンヘア姫は、クリスマスの星を探しに森へと向かうが、
悪しき伯爵と魔女の手によって行方不明になってしまう。

姫を探して10年の月日が流れようとしていたクリスマスイブの日、記憶をなくし泥棒一家と暮らしてきたソニアという少女が王宮へと迷い込み・・・。




12月ですから!もちろん気になるクリスマス映画

今年第一弾は、北欧はノルウェーの作品ですよ~♪
『クリスマスの星を探しに』という絵本が開かれて始まる本作、もしかしたらノルウェーではクリスマスの物語としてよく知られているお話がもとになっているのかしら。

姫を失って王様が空を呪うと、クリスマスの星が夜空から消えてしまい・・王国は闇に包まれてしまう。
そして、10年の月日が流れ・・、王宮へ迷い込んだ一人の少女が失われた「クリスマスの星」を探す旅に出る。

・・というお話なのですが、
とてもシンプルなストーリーだし、姫がどこにいるのかは、最初から「はは~ん!」と分かっちゃう

清純な心の持ち主の少女ソニアが、ノームや大熊と出会ったり、北風に乗って北極のサンタの元へと向かう。
勇気と優しい心を持った主人公ソニアも、彼女の邪魔をしようとする魔女も・・・ちょっとドジな伯爵も、
物語の展開も予想したとおり~。
(ただ・・・少女一人を森へと向かわすなんて!王様、あなたも動きなさいな!!)

アドベンチャー!というほど冒険は危険な感じじゃなくって小粒っぽいし、
クマや北風、北極の様子も目を見張るほど驚きの映像というわけではないんだけれど、

森のシーンは、さすが北欧絵になる~。
それに、奇をてらうことなく、クリスマスのお話の王道をまっすぐに(まるで星に導かれるように)進む気持ちよさ。

子どもたちにも薦められること、間違いなし~!
王様がなぜクリスマスの星を失ったのか(本当は・・!?)という部分は、大人にも考えさせられるところでしたよね。

なにより、ソニア役の彼女がとっても可愛くて見ていて楽しかったわ~



そうそう、でも、家族でご覧になるなら・・パパさん、魔女のセクシーな胸元にくらくら~~ときてるとこをお子ちゃまたちに気づかれないようにね(笑)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/656-ba3cc86b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top