2013
06.29

「テール しっぽのある美女」

テール しっぽのある美女 [DVD]テール しっぽのある美女 [DVD]
(2013/05/02)
シリー・ライナモ、ヨン・シグヴェ・スカルド 他

商品詳細を見る




犯罪現場の清掃の仕事をしているレオとエルビスがやってきた森の中の一軒家は、今までにない悲惨な現状だった
エルビスは嘔吐するばかりで全く仕事にならず、黙々とひとり片づけるレオ・・・。

だが、地下室へと降りて行った二人はそこで驚くべき光景を目にして・・・!



禁断の生命体をめぐる衝撃の北欧スリラー解禁!!!



なぁんて書かれたら、気になりますよね

ノルウェーの神話に伝わる生き物、フルドラを題材にしているなんて聞いたら、もっと観たくなりましたヨ。
(ちなみにフルドラとは、美しい女性の姿をしており、牛のしっぽを持つと言われている。美しい歌声で男を誘惑し、その歌声に誘われ森に向かった男は、誰一人帰ってこなかったと言われているそうです)

本編75分という短さの本作、てっきりDVDスルー作品かと思ったら、なんと劇場公開もされたそうです!!
今、(映画も)北欧が熱いですもんね~

・・・で、本作ですが、はっきり言ってお金もかかってないなぁ、お話としても中途半端だし、よく分からなかったワ。
と、バッサリ言いながら、私楽しめました(えっ?

怪しい地下室、壁一面に貼られた資料、壊れかけたカセットテープから流れる老人の声、
不気味なコードが繋がれたバスタブ~~

テール

で、出た~~

おお~、結構怖いではないの~~と驚かせるんだけれど。

この監禁されていたらしい少女(ターレと言うらしい)とビビビ!と手が触れると、そこから互いの意識(過去の映像とか)が流れ込んできているらしい映像があったり、
ベッドの下に隠れて歌を口ずさむターレの隣にエルビスは一緒になって横になったり、

パンとコーヒーを渡してあげるとなんと!パン8個も一気に食べちゃったり

(ターレは、妖精みたいだった幼い時よりも、かなり目つきが悪いけど
なんかなぁ、あれれ・・・ちょっと癒されるじゃないの?


とにかくこのレオとエルビスの二人、ちょっとズレてる・・というか変わってる。

テール2

エルビス(右)は遺体の片づけの時はず~~っと吐いてばかりだったのに、地下室ではやたら好奇心旺盛だし(苦笑)その割には何か見つけたらめっちゃ、ビクビクしてるし、
逆にレオは何を見ても聞いても、悠然?というか、達観してるというか(のちの告白を聞いてちょっとなるほど・・と思ったわ)

この二人の凸凹っぷりが不思議な味わいで面白い~。
ここでその話?的なKYな会話も、2人のキャラだとありえるかなあって。

主人公たちらしい活躍もほとんどなく、あくまで普通っぽいのもいいと思う。
・・というか、捕えに来た人たち(結局何者か分からず)中途半端でしたね。

ターレ、力の源を切られても(ジャケットのしっぽのあるシーンは過去の回想の中だけ)
強かった!!

だけど森の中にいたほかの仲間たちは、人間っぽい姿ではなかったのになぜ彼女だけ・・?
幼い時から人間と一緒だと順応するっていうことなのかしら。


最後には、レオに奇跡まで起こっちゃうし、エルビスも娘チャンと上手くいきそうだし(という風にとれた)
暖かい気持ちにまでなれちゃった・・という、意外感いっぱいの北欧スリラー。
(好き嫌い別れるかも)


冒頭のブルートーンの森のシーンが印象的でした。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/620-1f4524f5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top