2013
06.27

「アウトロー」

アウトロー [DVD]アウトロー [DVD]
(2013/06/21)
トム・クルーズ、ロザムンド・パイク 他

商品詳細を見る


ピッツバーグ近郊。
白昼に5人が次々に狙撃されるという惨劇が起こる。

警察の捜査により、容疑者として逮捕されたのは元軍人のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)。
だがバーは、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)を呼べと言うだけであとは黙秘してしまう。

元陸軍のジャック・リーチャーは、携帯もIDも住む家もなく街から街へと放浪を続ける流れ者。
バーの過去の事件を知るジャックは、バーの弁護士ヘレン(ロザムンド・パイク)と事件を調べ始めるのだが・・・。




「『アウトロー』借りて来てくれ~」主人からのメール
ビデオショップで残り1本でした、セーフ~~(笑)人気ですなぁ。

白昼に起こった無差別乱射事件・・、あまりにも数多く残された証拠、あっという間に捉えられた容疑者・・。
そして登場したのが「アウトロー」ジャック・リーチャー

容疑者バーは、なぜ友人でも親類でもないジャックを呼んだのか、
無差別殺人のようにみえるこの事件の影にいったい何が潜んでいるのか、その動機とは?

白昼の狙撃シーンからジャックの登場、そして彼が語り始めるバーについての因縁・・、冒頭からの流れはとても面白くてすぐに物語に入り込んじゃいましたよ~。

トムが演じるジャック・リーチャーも、どこにも属さない、一匹狼的な雰囲気がいいですよねぇ。


なんていいうのかなあ・・・ちょっと懐かしいヒーローみたい。
あっしには関わり合いのないことでござんす・・と言いながら、やっぱり関わっちゃう、こういう主人公って日本人はみんな好きなはず~(笑)

格闘もカーチェイスも、めちゃくちゃ派手でもない分、ありそう!っていう雰囲気が漂っていて私は結構好きですワ。

アウトロー

この目立つ車からさらり~と降りてバス停の人たちに紛れるシーンがイイな。
あの黒人さんはなぜ帽子を貸してくれたのかしら


この方、原作者!

ロザムンド・パイク演じる弁護士ヘレンとの、恋愛にまでは発展しない・・距離感も好き♪
やっぱりアウトローは硬派じゃなくっちゃね!

ちなみにこの真ん中の警官役の方は、なんと!原作者の方だとか

アウトロー 上 (講談社文庫)アウトロー 上 (講談社文庫)
(2013/01/16)
リー・チャイルド

商品詳細を見る



やがて・・被害に合った5人の中に「ある会社」に関わる事実を突き止め、ひとつの仮説が浮かび上がっていく・・。
このあたりまでとっても面白かったんだけれど~~

う~~ん、後半どうしてこんなに荒っぽくまとめてしまったのかしら。


結局のところ、犯人はいったいどうしたかったのか、なんだかいろんなことがうやむやなまま
あまりにもジャックをつけ回しすぎるし(バレバレ~)
採石場に呼んじゃいますか!隠れ回るのにピッタリの石がごろごろ~~。

狙撃者とは銃を捨ててタイマン勝負ですと!?
影の黒幕は結局あの方だったの?最後は名前を名乗っただけであっさり・・・。
犯人の中の一人が「どうしてこうなったのかは、あとでわかる」とヘレンに語ったけれど、分からないままでしたよね。


もったいないわ~


ジャック・リーチャーが頭脳も(記憶力抜群!)銃も、素手でもバッチリ強くて頼れる~!っていうのは、とってもよく分かったんだけれどね!


これシリーズ化ありかな?
アウトローといいながらすごくイイ人キャラのジャック、私は結構好きなので次あるなら、もう少し敵役さん、頑張って盛り上げて欲しいデス。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/619-e2d869e9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top