2013
06.20

「007 スカイフォール」

007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/04/03)
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る



トルコ、イスタンブール。
NATOの諜報部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵を追いつめるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。
しかしあと少しというところで、上司のM(ジュディ・デンチ)の指令を受け敵に放ったエージェント・イヴ(ナオミ・ハリス)の銃弾を受けてしまい・・・。


ダニエル・クレイグのOO7、本作で3作目、とっても評判がいいみたいなのですが、こっそり言うと
どうも私の中ではダニエル=007がいつまで経っても慣れない
でもこれはただ単に私の思い込みの007像とは違うなあ・・と言うだけ。

ダニエル@ボンド好きな主人と一緒に鑑賞したのですが、スタイリッシュでアクションもキレがあるし、その実とっても人間味臭い新ボンド、見ごたえたっぷり~好評なのも頷けました!!

アクション的には、オープニング前のトルコのシーンが一番面白かった
イスタンブールの街をバイクで疾走しちゃう!飛び乗った列車の上でのせめぎ合いなんて!!OH!007ワールドでしょう。

でも、こういういかにも007的なアクションは最初だけ。
その後は、M16やエージェントの存在についての懸念や、年寄り扱いされるボンド若返ったQ,
最後はMを連れての、まるでゲリラ戦のようなボンドの生まれ故郷での戦い・・・、
シリーズ誕生50周年記念作品ということもあるのかしら、いろんな意味で過去、そしてボンドシリーズの未来を考えさせられる作品でした。

今回敵役は、ハビエル・バルデム演じるシルヴァ。
すべては彼の怨恨のみ、世界征服など考えていない分、スケール的にはとても小さく思えるのに十分恐くてタダモノではないオーラを醸し出すところがさすがですよ~!!

Mに向ける憎しみ、恨みは、愛情の裏返し彼もまたボンド同様Mの息子であり、冒頭Mの命令によって銃弾をうけたボンドの姿(復帰した時の拗ねっぷり)に被る部分もあって複雑です。


ナオミ・ハリスやベレニス・マーロウというボンドガールも今回は小粒な扱い・・、ええ、だってもう、本作のヒロイン、ボンドガールはズバリ


M.jpg

この方でしたね。


だからこそ、最後の最後までボンドと連れ添った・・。
スコットランドのボンドの故郷はすごく雰囲気ある場所でしたが、あの地までわざわざ彼女を連れてそこであんな戦いを繰り広げる・・普通に考えるとかなり納得いかない戦いではあったのだけれど・。

もうひとりの自分シルヴァと向かい合うのは、あの地での戦いが必然ともいえるのかなあと思います。
しかし、ここまで登場人物たちの内面や心情に入り込んだ007作品、無かったですよね。そういう意味でもとっても新しいボンド作品だと思います。



さて、次回からこのシリーズの常連となるレイフ・ファインズとベン・ウィショー。

レイフは、最初いけすかない役かと思ったらアクションシーンもバッチリ決めてくれて素敵でしたね~♪
彼に向けてのボンドのウィンク、本作の中で一番痺れたシーンでした(え?そこ 


Q.jpg

PCが得意ないかにもオタク青年の新生Q。
ベン・ウィショー、可愛い~~意外に出番が多くて嬉しかったわ。

「ペン型爆弾が良かった?古いよ」

ペン型爆弾大好きな、古い女デス私。でもベン君だから許しましょう。次回の活躍にも期待~♪
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/615-6f393b5a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top