2013
03.08

「キリマンジャロの雪」

キリマンジャロの雪 [DVD]キリマンジャロの雪 [DVD]
(2013/02/23)
ロベール・ゲディギャン、アリアンヌ・アスカリッド 他

商品詳細を見る


南仏の港町マルセイユ。
ミシェルが労働組合の委員長を務めてきた職場で、不景気の為人員削減が行われることになった。
公正なリストラを行うためクジ引きで選ばれた退職者20人の中には、ミシェルの名前も・・・。

委員長の権限でクジから外れることもできたのに・・義弟ラウルに言われたミシェルだが、妻マリ=クレールはそんな夫を誇りに思っていた。

そんな二人の結婚30周年を祝い、パーティが開かれる。孫たちが「キリマンジャロの雪」の歌を歌い、子どもたちからはアフリカ旅行のチケットが送られて喜びに浸る二人・・。

ところが、ある夜強盗が侵入し、送られた旅行費用とチケット、クレジットカードまで奪われてしまう。
さらにその後、犯人を知ったミシェルは大きなショックを受けるのだった・・・。


長年懸命に働き、職場の労働組合の委員長を務めあげてきたミシェル、50代。
善良で真面目な彼は、20名の早期退職者を選ぶクジに自分を除外することをせず、リストラされてしまう。

妻をディナーに誘い、打ち明けるミシェル。
でも彼には、素晴らしい奥さんがいるのだ。

「ヒーローを主人に持つと苦労するわね」・・なんて笑ってみせるマリ=クレールの素敵なこと。

自分も介護の仕事をして真面目に働く彼女は、ミシェルととてもお似合いの夫婦。
結婚30周年のパーティの二人のなんとも幸せそうなこと!!

可愛い孫たちが一生懸命に歌を歌い、子どもたちからは旅行チケットをプレゼントされ・・・なんとも微笑ましくってたまらない。

キリマンジャロの雪2

(くいしんぼうの私は、このつみあがったケーキがとっても気になるんだけれど・・・これってお芋!?それとも・・)


なんてほんわかとした映画なのかしら~~とゆうるりと観ていましたヨ。
・・ところが!!


ある夜、強盗に襲われて旅行チケットもクレジットカードの残金もすっかりと盗られてしまいます。
お金のことだけではありません。
一緒に襲われた義妹は恐怖を忘れることが出来ず、家から出ることもできない状態に・・。

さらにショックだったのは、ミシェルがふとしたことから発見した強盗の正体が、クジによってともにリストラされた元同僚であったこと。



しかし、ショックはショックでも、普通だったら犯人が逮捕されて、夫婦は心傷ついてもまたなんとか立ち直っていく・・というお話だと思うのですが、
ミシェルとマリ=クレール、なんと心の柔らかい人たちなのかしら。

いくら犯人が若くて(母親に放っておかれて)一人で弟たちの面倒を見ていたからといっても、
面会した時のあの態度、裏金を受け取っていたんじゃないか!とまで侮辱されたら(ミシェルもさすがにこれにはキレてしまいましたが)
ちょっとあまりに憎らしかったーー

もう少し、反省と言うか、さすがにしてはいけないことをしてしまったという態度を少しでも見せてくれたら良かったのに・・と思ってしまいました。
ただ、ミシェルが良かれと思ったクジについて
「まずは、金持ちや共働きの者から候補を絞っていけば良かったんだ!」という犯人の言葉には、
ハッとさせられましたし、不況のしわ寄せが若い世代に来ているという現状も確かに事実なのですね。

自分がいいと思ってとったやり方が実は間違いであったのでは?
そう気づいても「いや!仕方が無かったんだ!」そう自分を弁護したり、同情はしても気持ちだけで終わってしまう。

ところが二人は、幼い子どもたちの現状を知り、考えるよりももう先に体が動いてしまっている。
自分たちにできる最善の道を取ろうとする。

そしてそれが、夫婦2人とも同じ想いっていうところが何十倍もの強さなのだと思う。


あまりにイイ人すぎるわ~2人と思ってしまうような設定なのだけれど、
戸惑ったり、驚いたり、悩んだりももする、
実に自然で味のある二人の演技に美談めいた嘘くささなんて全く感じられないのだから。


キリマンジャロの雪3

このシーンもいいな~♪
長く一緒にいたら、同じ想いよりもとかく考え方の違いを感じるのが夫婦というものかも・・なんて悲しいことを感じてしまう私には
ミシェルとマリ=クレールが羨ましくってたまらない~~。


二人の出した結論に子どもたちは大反対!
この気持ちも分かるけれどミシェルとマリ=クレールの気持ちは揺るがない。


気持ちのいいラストも嬉しい
しっかりと地に足の着いた優しさと暖かさにほっとさせられる映画なのでした。



あ、そうだわ!
この映画、↑の気になるケーキもそうなのですが、気になるお酒も登場しました

ちょっと落ち込んだマリ=クレールに若くてイケメンのウェイターのお兄さんが薦めてくれた「メタクサ」
白ブドウをベースに、何種類ものハーブを組み合わせたブランデーだとか。

「人生は二人で歩むもの。2杯目は僕のために飲んで」
なぁんて・・・チャーミングな笑顔で薦められたら、絶対元気が出そうですね~(笑)




トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/587-28722f21
トラックバック
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
投資の入門dot 2013.03.28 10:57 | 編集
>投資の入門さん

コメントありがとうございます♪
素敵な映画でしたよね~。

はい、ぜひ覗いて下さいませ。お待ちしています。
dot 2013.03.29 23:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top