2013
01.11

「レ・ミゼラブル」

レミゼ


格差と貧困にあえぐ民衆が自由を求めて立ちあがろうとしていた19世紀フランス。ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間投獄された。
仮釈放されたものの生活に行き詰まった彼は、再び盗みを働くが、その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。マドレーヌと名前を変え、市長の地位に上り詰める。
そんなバルジャンを執拗に追いかける警官のジャベール。そして、不思議な運命の糸で結ばれた薄幸な女性ファンテーヌ。彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。
そんな中、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発し、誰もが激動の波に呑まれていく・・・



                              「レ・ミゼラブル」公式サイトより。


昨年末から劇場へ見に行くことを楽しみにしていた本作、年越してようやく念願の鑑賞です
それにしても・・・突然歌いだすなんて可笑しくってありえん~~と大のミュージカル嫌いを常々アピールしていた主人が「観てみようかな」とは驚きですヨーー、

2013年の初サプライズ~


傾いた巨大な帆船に繋がれた綱を引く・・・なんと大勢の囚人たち~!!
「Look Down」の歌声で幕が開きました。おお~!!なんという迫力。
そして上から見下ろす、ジャベール警部を演じるラッセル。始まったばかりなのに「コイツ、しつこいゾーーー」と早くも憎らしくなってくるのは、さすがラッセルかしら

初めて聞くヒュー・ジャックマンの歌にも痺れます。
仮釈放されたバルジャンが、司教の真心に触れ正しく生きようと決意するあのシーンでは早くも涙が


レミゼ2

アン・ハサウェイのファンテーヌ、彼女の歌も初めて。
人生に夢見ていたものが破れたその悲しさを歌う「夢やぶれて」に心震えました。


でも、ファンテーヌのシーンはなんだかあっと言う間のような気がしたわ、
バルジャンの物語も、もっとじっくり、じっくり観たいわ~と思うところがたくさんありました。

有名なお話だし、ミュージカル映画だからそこまで詳しくストーリーを追う映画ではないのかな。


中盤からにかけては、革命を志す若者たちも登場して激動の時代を生き抜く大勢の人々の姿が映し出されるわけですもんね。

レミゼ5

美しく成長したコゼット(↑でバルジャンが抱いてる少女時代のコゼットも可愛かった~)とマリウス。
マリウスの役者さんは初めて見る方でしたヨ、個性的なルックス、歌も上手いわね。

アマンダ孤独な暮らしながらもバルジャンの愛情を受けてまるで天使のような愛らしさ、澄んだ歌声の美しいこと♪

見つめあう恋人たちの甘い歌声を響かす傍らで・・マリウスを想うエポニーヌの哀しい歌が流れる、あぁ、こういう見せ方、聞かせ方、切なさがよけい高まりますねぇ。

エポニーヌ役のサマンサ・バークス、とっても良かったです
あの夫婦の娘なのに・・・なんてイイコなんでしょう、もう泣けるわ。

あの夫婦もね・・、ヘレナ・ボナム・カーター&サシャ・バロン・コーエン、最後の最後までなんて逞しいことか


レミゼ4

学生たちの歌声(あの小さな少年も
「民衆の歌」は今もまだ頭をまわるわ。指導者アンジョルラス(アーロン・トヴェイト)、金髪でイケメンでしたよね~、さりげなくチェック


レミゼ3

全編通して、追う者、追われる者の2人。
あぁ、ラッセルのしつこさったら・・(そこじゃない!)

人としての善良さや正しく生きようとする道を認めず、一度罪を犯したもの、法を破るものは何があっても、一生罪人・・・、
罪人として追ってきたバルジャンに命を救われたジャベールは、自分の信念、積み上げてきた世界が崩壊してしまった今、そこに自分が存在する意味を見つけられなかったのでしょうか。
彼も哀しい気がします。


ラストの見せ方は、感動的でしたーー!!
いやもうーー、あんな風に勢ぞろいされたら・・・こみ上げてしまいますよ・・ヨヨ

ファンティーヌの清々しい表情、学生たちの晴れ晴れとした姿、エポニーヌの笑顔が見える・・


貧困にあえぐ辛く苦しいシーンも多かったけれど、そんな中でももがき苦しみながらも、人を愛し、力強く生きていく。
素晴らしい歌声とともに、大きなパワーがスクリーンから溢れて・・・。





さて、人生初ミュージカルを鑑賞した主人の感想は・・・、
「まあ・・これでもう、ミュージカル映画観ることは・・ないなぁ」

えっ!?
それは・・・大満足で満腹、おなかいっぱいってこと?

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/576-6f37a76c
トラックバック
レ・ミゼラブル( 2012  イギリス) LES MISERABLES 監督: トム・フーパー 製作: ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー デブラ・ヘイワード キャメロン・マッキ
レ・ミゼラブル dot ちょっとお話dot 2013.01.17 13:12
コメント
私も今年初の劇場鑑賞がコレなんですよ!
実は帝国劇場の舞台版も観てるんです。なので曲は全部知ってましたが、何度聞いても素晴らしいですよね。私は鑑賞前にサントラも買ってしまいました!!そのうちLISTENにUPしますね〜。

あのティナルディエ夫妻!小悪党ながら何故か憎めませんよね。宿屋のシーンはとにかく笑えます。難しい役だと思います。
あと私が一番好きなシーンは銀の食器を盗む所です。それとガブローシュ(あの男の子ね)が撃たれて死ぬシーンかな。いつも泣けてきます。

少し舞台版の裏話をすると、この作品は貧しい民衆の話なので、例えば後半で登場するマリウス(初演では野口五郎!)や成人のコゼット(初演では斉藤由貴)が自役の前に冒頭で受刑者や娼婦などの役も兼ねてやってたんですよ。日本のタレント第一主義では考えられない事です。レ・ミゼラブルの日本版を上演する時に。それが条件だったらしいです。
もちろん映画版はそんな事はないと思いますが、このミュージカルが愛されるのはその辺もあるのではないでしょうか?

DVD発売されたらもちろん買います!!(気が早くてスミマセン)
NARCYdot 2013.01.14 15:34 | 編集
>NARCYさん

こんばんは。
わ~、NARCYさんもこの作品が今年の初劇場だったんですね。

おおっ!!舞台版もご覧になってるんですね。すごい~。

>私は鑑賞前にサントラも買ってしまいました!!そのうちLISTENにUPしますね〜。

ぜひぜひ~!!
お願いします。わぁ、LISTENで聞けたら幸せだわ。

> あのティナルディエ夫妻!小悪党ながら何故か憎めませんよね。宿屋のシーンはとにかく笑えます。難しい役だと思います。
ふふっ、2人ともうまいからピッタリでしたね。
息があってましたね、「コゼット」の名前を言い間違えるシーンに苦笑しちゃいました。


> あと私が一番好きなシーンは銀の食器を盗む所です。それとガブローシュ(あの男の子ね)が撃たれて死ぬシーンかな。いつも泣けてきます。

「これもさしあげようと思っていましたよ」あの言葉に思わず涙が・・・。
あの少年のシーン、あんなに幼い子が・・って(涙)でも強い少年でしたね。

> 少し舞台版の裏話をすると、この作品は貧しい民衆の話なので、例えば後半で登場するマリウス(初演では野口五郎!)や成人のコゼット(初演では斉藤由貴)が自役の前に冒頭で受刑者や娼婦などの役も兼ねてやってたんですよ。

ええ~!!
それは全く知りませんでした。そうだったんですね。
興味深い裏話を教えていただけてありがとうございます。

> DVD発売されたらもちろん買います!!(気が早くてスミマセン)

DVD待ち遠しいですね。
dot 2013.01.15 22:56 | 編集
お邪魔します~~
旦那様とのミュージカル、うらやましい~~。
え・・苦手だったのね。
でも話題作だったものね。やっぱり劇場で~~って思いますよね。
きっと満足度いっぱいでしばらくは・・・と思われたのかも。
いや~~また時間がたって機会があれば行かれるかもね♪
で・・映画。
<ファンテーヌのシーンはなんだかあっと言う間のような気がしたわ>
うんうん、私も。前評判でいろいろ言われていたから、じっくり描かれるのかと思っちゃったわ。
意外とどんどん月日がたっちゃって、あら・・もうこんなに大きくコゼットが!!!という印象もあったわ。
もちろん、場面場面で見所はいっぱいだったから、良かったんだけどね。
↑<個性的なルックス、マリウス>
・・ウフフ・・そうよね。思った以上に歌がお上手でビックリ。
<金髪でイケメンでしたよね~>
あら~~瞳さんもチェックされたのね♪、私も。
死様も派手で印象的だったわ。

ラストの勢揃いは涙腺刺激するよね。
バルジャンもやっと様々な思いから解放されたんだな・・・って思ったわ。
dot 2013.01.17 13:11 | 編集
もしかして名前入れていなかったかも・・
↑私ですので、よろしくね・・♪
みみこdot 2013.01.17 21:18 | 編集
>みみこさん(ですよね~♪)

いらっしゃいませ。TBもありがとう。

そうなの!主人は、「なんで突然歌いだすんだ!?」ってミュージカル苦手だったの。
それがこれは見に行こうかなっていうから驚いちゃった。
アン・ハサウェイが見たかったのかな?と思ったんだけれど、見た後では「コゼット(アマンダ)が可愛かった」って言ってましたi-277
ふふ、全編歌だったのでかなり満腹になったのかも(笑)

小さなコゼットも可愛かったよね。
うんうん、長編だからかなり急がないと描ききれないよね・・と思ったんだけれど、コゼットの成長ぶりもね、もっと見たかったかな・・と思ったり。

おおーーー!!
やっぱりみみこさんもチェックされてたのね。
目立ってたよね、彼。助かって~って思ったけれど(無理とは知りつつ・・)

あのラストは、こみ上げちゃう。
司教の登場でうるうる・・そして(涙)みんなの清々しい姿にまた涙しました。

>バルジャンもやっと様々な思いから解放されたんだな・・・って思ったわ。

そうでしたね、波乱に富んだ人生を精一杯生き抜いたバルジャンでしたもんね。
dot 2013.01.17 21:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top