2012
12.14

「私が、生きる肌」

私が、生きる肌 [Blu-ray]私が、生きる肌 [Blu-ray]
(2012/11/07)
アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ 他

商品詳細を見る


天才的な形成外科医ロベルは、画期的な人工皮膚の開発に没頭していた。
彼が夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”を創造すること。
あらゆる良心の呵責を失ったロベルは、監禁した“ある人物”を実験台にして開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げていくのだった・・・。


                             (公式サイト イントロダクションより)



↓ネタバレしています、未見の方はご注意くださいね。

ほっそりとした肢体にぴっちりと身に着けたボディストッキング。美しいヨガのポーズを取る一人の女性。
どうやら、監禁されていると思われる彼女と、彼女を監視する女性、そして彼女の皮膚に執着する外科医。


いったい、何が行われているの?
なぜ彼女はここに閉じこめれられているの?
彼女は誰?

怪しいわ~、妖しすぎる
だけどこの怪しさからもう目が離せない。

ミステリアスというよりは、アブノーマルと言った方がいいような世界に翻弄されながら(トラの着ぐるみまで~~!!)とにかく気になるのは、監禁されたこの美しい女性ベラの正体。

ロベルの弟(トラの彼デス)の言葉から彼女がロベルの死んだ妻にソックリだということが分かるのですが、
そうすると彼女は死んでいなかったということ?
でもそれはありえそうもないので・・まさか?娘?ーー!!

ええっ、いくらなんでもそれはイケナイゾーーー!なんて慄いてしまいましたが、
いえいえ、そんな私の予想や想像など、はるかに超えた、そこには全く想像もしなかった真実が待っていたのでした

だれがこんなの、想像できたでしょうーーーー!!


娘の復讐のため?
最初からロベルはそのつもりで、ビセンタを捕えたのでしょうか?
開発中の人工皮膚を完璧なものとして完成させたかった・・・そういう思いもあったでしょう。

でも顔までをも、妻のものに変えてしまった
そこにはやはり、自分のもとから消えてしまった最愛の妻への、どうしても消せない執着を感じてしまう。

こんなにも愛していたのに・・裏切られ、自分の元から消えてしまった・・・。
妻だけではなく、娘までも失ってしまった彼の心が、理性や良心よりももっと激しい執着に囚われてしまった・・・・。
セカに襲われているベガを見て、ロベルの中でまだ残っていた理性が吹き飛んでしまった。これ以上、もう奪われるわけにはいかない・・。



彼のやったことはとても恐ろしいことで絶対に肯定など出来ないんだけれど・・・でもなんだかとても哀しいわ~
そんな息子たちをどうすることもできず(破滅に向かっていると分かっていながらも)見守っているしかなかった母親マリリアの姿もなんともいえませんでした。


でも、こんなにもアブノーマルな世界が広がっているのに、それほどいやらしく感じられないのはエレナ・アナヤの硬質な美しさのせいかしら。
アントニオ・バンデラスの外科医・・って実はピンとこなかったんだけど、狂気なのか、倒錯なのか、計り知れない男の危なさにちょっとフラフラしてしまった私です(アブナーイ

約束をしてくれたから・・・なんて信じ切っていたようなその表情、反則ではありませんか~



しかし、↑で
だれがこんなの、想像できたでしょうーーーー!!

と書きましたが、思い起こすとちゃんと監禁されていた最初のシーンの中にも伏線があり
(布を切り裂いてつなげてみたり、針と糸を欲しがるベガの姿)

最後にもまた、ビセンテが失踪前にクリスティンとかわした会話を見事に生かして心震わせるシーンを見せてくれました。


狂気や倒錯の世界に目を奪われがちですが(奪われましたけど )脚本、なんと見事に練られていることでしょうか。

そして、自らの肉体的な部分を奪われてしまいながらも、自分の中の「心」は決して奪われることが無かった・・。
この強いラストシーンが、まさにアルモドバル監督らしいメッセージではないかしら・・と思います。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/568-85711a03
トラックバック
私が、生きる肌 (2011  スペイン) LA PIEL QUE HABITO THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 製作: アグスティン・アルモドバル エステル・ガルシア 原作: テ
私が、生きる肌 dot ちょっとお話dot 2012.12.15 11:07
私が、生きる肌 [Blu-ray]2011年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:アントニオ・バンデラス    エレナ・アナヤ    マリサ・パレデス    ヤン・コルネット   ...
私が、生きる肌 dot 菫色映画dot 2012.12.18 20:49
コメント
こんにちは♪
お~~~今年も残りわずかなになってきたこの時期に
強烈な作品ついに鑑賞されましたね!!
そのまえに鑑賞された「残酷な~~」(未見だけど)も強烈そうで
2連発ですね★
で・・・この映画、想像を越えた内容でしたね。
本当よく練られていましたね。
監督の独自性がよくでていて、なんだかんだいって
面白かったですよね。
観た当初は一人でこの思いを(強烈さ)押さえているのがじれったくて
いろんな人と会話したくてしょうがなかったですよ。
<自らの肉体的な部分を奪われてしまいながらも、自分の中の「心」は決して奪われることが無かった>
うんうん、そうでしたね。その後の展開が気になるところですが
あそこですっぱり終わったこともまた良かったりしました。
あ・・007は行かれます?私行けるか微妙だけど
あの出演者すべてのカッコよさは押さえておきたいですよね
みみこdot 2012.12.15 11:04 | 編集
>みみこさん

こんばんは。
押し迫ってきましたねぇ、師走って気持ちアセアセしちゃう。

・・と言いながら、年賀状も書かないで映画観てます~(笑)
そうなの!
「少年は残酷な弓を射る」も本作も、強烈2連発でしたi-237

うんうん、しっかり練りこまれていましたよねぇ。
そして、衝撃シーンがありながらもそこまで嫌らしく見えませんでしたね。

>観た当初は一人でこの思いを(強烈さ)押さえているのがじれったくて
いろんな人と会話したくてしょうがなかったですよ。

分かるわ~!!
みんなどう見たの?って聞いてみたくなっちゃいますよね。

ラスト、どんな姿であれ、戻ってきてくれた我が子をお母さんはきっと受け入れてくれるんでしょうね。
そういう意味では、ああいう息子たち(ロベルとセカ)の母も受け入れていましたもんね、母は強いわ。

「007」気になっているんだけど
「ホビット」と「レ・ミゼラブル」は絶対行きたいので、その後になるかしら。
実はダニエルの「007」って今までどれも映画館で観ていないの。でも今回レイフも出るんでしょう!!
とっても気になるぅ~i-236

dot 2012.12.17 20:51 | 編集
これはわたしもビックリしました!
ネタバレを避けて、予備知識ゼロで臨んだので劇場でのけぞりましたよ~。
この倒錯愛、たまらないですね。
でもエキセントリックな中に、人間の心までは変えられないというメッセージがあるんですよね。瞳さんも書いておられますが、その通りだと思います。

もうね、これも『少年は残酷な~』も大好きな作品です。
それを(きっと)立て続けにご覧になられた瞳さんが羨ましい~。
わたしもレンタルしてこようかな。

ではでは、来訪が遅れてしまって申し訳ありませんでした(汗)。
リュカdot 2012.12.18 20:47 | 編集
>リュカさん

こちらにもコメントありがとうございます。

ビックリでしたよね!
そうそう、これは知らずに観て驚くのが正解ですよね。
ふふ、リュカさん、劇場でさぞビックリしたでしょうね。

> でもエキセントリックな中に、人間の心までは変えられないというメッセージがあるんですよね。

実は、途中バンデラスにふらふらしてしまって(苦笑)もしや、彼の願うとおりになるのかしら・・と思ってしまった部分もあったのですが、
やはり変えられませんでしたね!!この強いメッセージ、しっかりと感じました。

> もうね、これも『少年は残酷な~』も大好きな作品です。
> それを(きっと)立て続けにご覧になられた瞳さんが羨ましい~。

強烈な2作品でした。
掃除も年賀状も手につかず、ぼーーとしてしまいましたよ(笑)

> ではでは、来訪が遅れてしまって申し訳ありませんでした(汗)。

いえいえ、リュカさん、とんでもない~。
忙しい時期にコメント、ありがとうございます~♪
dot 2012.12.20 11:01 | 編集
こんにちは。
もうクリスマスもすぐ・・はやいですね。でもまだ全然実感がないんですが;;
今年の追い込み時期に、瞳さん、濃い作品を続けてご覧になって!
でも、ホントに、アルモドヴァル節ももうここまで来たら、
さほど異常とも思えなくて・・(いいのかそれで;;)
なんだか、色んな感覚を呼び覚ましてくれる監督さんですよね。(笑)

年賀状も全然進んでないくせに、
今日も例のやつ(はて?)をTVで観戦しないといけないので(義務?)
ヒマなくせに忙しい感じです。ヾ(ーー )
そろそろ今年のベスト映画も選ばないといけないですね。(義務です!)
瞳さんは何かな~?
自分のシゴトは遅いですが;;瞳さんのベスト、楽しみにしていますね!(^^ゞ

素敵なクリスマスを~~~!
つるばらdot 2012.12.22 16:33 | 編集
>つるばらさん

こんばんは。
速いわ、ほんと、早すぎる~~!!
・・・って言いながら、結構DVD観てたりします(笑)

そうなんですよ~!!
「少年は残酷な弓を射る」に続いてこれでしょう。
衝撃作品連続でした。

>でも、ホントに、アルモドヴァル節ももうここまで来たら、
さほど異常とも思えなくて・
ふふふ~、そうなんですよねぇ。
冷静に考えたらもう、ありえないゾーー!!なんだけれど、そんな風に思えなくて。
男に甘い私なので(また?)バンデラスも切ないわ~なんて思っちゃったくらいでした。

わーー!!つるばらさん、今日もドキドキでTVの前では?
すごいですよねぇーー!!どんどんと最高得点をたたき出しているのでは?
ファイナルと言い、全日本と言い、日本男子熱いですi-189

ベストの時期ですねi-175
ところが・・・なんとね、先日ヒカリになってから古いノートPCが使えなくなって本館が更新できなくなってしまったので、今無謀にもHP作りなおしてたりします(出来るの?)
URLも変わると思うので、またご連絡させていただきますね。

でも、やっぱり年内にベストは挙げたいーー(結構無謀?)

つるばらさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

dot 2012.12.22 20:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top