2008
04.25

「JIGSAW ジグソー」

JIGSAW ジグソーJIGSAW ジグソー
(2006/08/04)
ルイジ・ロ・カーショ、ルシア・ヒメネス 他

商品詳細を見る


怖がりなのに・・なんでこんなの一人で見ちゃったんだろう~~!!
それは、それは・・・・ルイジ・ロ・カーショのせいですよぉーー(苦笑)
先日観た「映画のようには愛せない」で、ルイジに目覚めてしまったので密かに「ルイジ祭り」と称して作品リストを持ってビデオショップに行ったら・・あったのは、これだけ・・・。
「ぼくの瞳の光」なんてどうして置いてないんですかい!TUT○YAさん!!
韓流に棚三列も使わないで・・・一列ヨーロッパ系にまわしてーー(ま、需要と供給・・ってやつなんですよね・・きっと)。

殺した相手の体の一部を切り取って持ち去り、変わりに人形のその部分を縫い付けておく・・・という。身の毛もよだつような、猟奇的な殺人事件を追う刑事役がルイジ。役名はジャコモ。

なにか訳ありげな過去を匂わせるジャコモ・・、冒頭からシャワーシーンなどあって、(別の意味で)ドキドキしちゃいます(笑)

殺人のシーンは、ううっ・・とするほどエグイし、人形やら、剥製やら、孤児院やら、深夜の病院やら・・と。
私の怖いツボを付いていて・・あぁ、どうして一人で見ちゃったんだろう・・と途中で何度も後悔しましたよ~(涙)

でもそのたびに、ルイジの大きな瞳や、長い睫毛(下睫毛も長いんだ!!)を見て我慢する私・・。
だけど・・そんなルイジもなんか怪しい雰囲気なんですよねぇ・・。
というか、出て来る人たち、みんな怪しい。

同僚の刑事だって、病院の医師だって・・。
やがて殺人事件と絡んでくる・・・女子学生ジュリエッタへのストーカー的出来事。
彼女のまわりもみんな、みんな怪しいから・・・(こういう作品の定石かな~)。

そして定石といえば・・どうしてどこもここも、こんなに暗いのーーー!(それは・・怖さを増すためさ・・)
深夜の病院はまだ分かるけど(でも日本の病院じゃ、しょちゅう看護婦さん見に来るよね・・・)、学校まで急に暗くなるんだもん・・・さっきまであれほどいた生徒達も影も形も無くなって・・。
そんなわけで、すっかり思惑通りに怖がらされた私ですが・・・いえいえ、私だって負けてはいませんことよ!(って、誰と競ってるのか・・)

犯人・・当たりました!。

当たりました・・けど。でも犯人の意図は、よく分からなかったんですよね~。

一番分からなかったことは。




人形の頭は・・どうしてあの方なのか・・。そこがねぇ・・どうしても。もっと見栄えが・・(ごほごほ・・・以下自粛)




ルイジ祭り・・・(笑)
確かに「映画のようには愛せない」とは全く違う、ルイジを見れました!
過去の出来事に苦悩し、あぶない行動に走るジャコモ。その激しさが恐いほどでしたね。
ラブシーンもありましたし!(笑)

次はまた、全然違う役の彼を見たいです~!!

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/56-fb62b60e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top