2012
02.22

「ドラゴン・タトゥーの女」

リスベット


雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは大物実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受けてしまう。
失意のミカエルに、かつての経済界の大物ヴァンゲルグループの長ヘンリックがある依頼をする。

40年前に起きた、ヘンリックが愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事。
極寒の島に渡り、一族と接触するミカエルは、やがて(ヘンリックに頼まれて自分の身辺調査に当たった)リスベット・サランデルの能力の高さを知り、彼女に助手を頼むのだが・・・。




スウェーデン版「ミレニアム3部作」
ノアミ・ラパスの演じたリスベットの強烈な魅力にやられて、スティーグ・ラーソンのベストセラー小説「ミレニアム3部作」も読みました。原作も面白い。


スウェーデン版は残念ながら劇場では鑑賞出来なかったので、デヴィッド・フィンチャー監督が描いたハリウッド版!これは見逃せないと劇場へ。


まずはオープニングにビックリ。
予告でも印象的だったあの音楽♪に圧倒されました。
リスベットの悪夢を描いたという、黒の世界。
スウェーデン版の素朴なオープニングとは全く違う、スタイリッシュ&クール。

このオープニングの違いが、全編通してスウェーデン版との違いをよく表しているかな・・と思いました。
骨太でどちらかというと素朴な印象のスウェーデン版に対して、もっとスマートにスタイリッシュに魅せるハリウッド版。

ミレニアム雑誌社も立派な建物、少数精鋭派で仲間うちでやってる!っていう雰囲気だったオリジナルとは全く違ってました。

ミカエルと特別な仲である編集長のエリカ、ロビン・ライト・ペン綺麗でしたね、ミカエルと並ぶと結構お似合いなんです。



ハリエット失踪に関するミステリーは、オリジナルでじっくりしっかり見ていたので(オリジナルを観たときのような)ドキドキ感、誰が犯人?というハラハラ感はありませんでしたが、

謎解きに関する細かい部分が少しづつ変えてあったり(ミカエルの娘さんのヒントとか)
ハリエットに関する最後の部分も原作やオリジナル版とも違ったものを用意してあったので、こちらも新鮮に感じました。


でもどちらかというと、ミステリー的な部分よりもミカエルとリスベット、
全く違う世界にいた2人が出会い、惹かれあう、そういう部分をプッシュしてたように感じました。

オリジナルで私が忘れられない、あのハリエットの謎めいた微笑み、何度も何度も映された彼女の写真、ハリウッド版では影が薄い~。


ミカエルを演じるのはダニエル・クレイグ。
クールでスマートなイメージがあるので、これでは「何故あんなに女性にもてるん~!?」という意外性がないじゃないと思っていたのですが、
今回はそういう部分は見せずに、時には情けなく、ちょっとカッコ悪く、人間味っぽさが出ていて。

ルーニー・マーラーのリスベットは、私的にはとっても可愛く見えてしまいました。
もちろん過激な部分はしっかりあったり、書庫で調べものをするときのあの上から態度~なんて頼もしい憎らしさ

だけど、ミカエルに惹かれていく彼女が
「あなたとの仕事が好き」とか「もっと触ってて」
・・って。
あのリスベットが、こんな風に言うんだぁ・・・って


オリジナル版のリスベットは、言葉よりも行動!っていう雰囲気だったし、
ミカエルに惹かれていく反面、踏む込めない暗さ、開かされない秘密のようなものを強く感じました。

そうそう、この↑の写真の髪型やファッションもとってもお洒落でしたね、ルーニー@リスベット。
ノアミ@リスベットがお洒落でないってことではないんですヨもっと過激&骨太なイメージ。

それぞれのリスベットの魅力が、ファッションや髪型、ミカエルとのシーンにも発揮されているので、これはもう「どちらも違って魅力的」


ただ・・・ミカエルとリスベットのラブシーンのあのモザイクは、あれはいただけないわ~
雰囲気がガックリ。



作品全編通しては、ミステリー部分をしっかり観たい派なのでオリジナル版の方が好みです。
リスベットがなんとも小気味よく実業家の大金を頂いちゃう最後のシーンもスウェーデン版の方が粋だわ。ハリウッド版、ちょっと長く感じました。(でも金髪のルーニーはとっても可愛い♪)



オリジナルよりも印象的だったのは、舞台となる北欧の寒さ
とにかく寒そうでしたね。

ドラゴンタトゥー


ミカエルの携帯が何度かけてもつながらないシーンの面白さや
マルティンの屋敷のシーンでは、吹き抜ける風の音を上手く使って・・、ゾクゾクする演出でした。

そして何杯も何杯も出てくるコーヒー。
観終わってから熱~~~いコーヒー飲みたくなりましたヨ。



ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]
(2012/02/03)
ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス 他

商品詳細を見る



ハリウッド版を劇場で観てから、スウェーデン版を見ていない娘の為にビデオショップに行ったら、
完全版!!ですって。

劇場公開時にカットされた30分をプラスした堂々180分~~。

また観ました(笑)

やっぱりこちらの方が好きです。
リスベットもですが、久々に見たミカエル、こんなに素敵だったとは!!

ハリエットの写真をじっと見つめて問いかけるそのブルーの瞳にクラクラ~。
パンツ姿で踊ってるシーンが可愛い。

初めて観たときは、普通のおじさんじゃないどうしてモテるの?なんて思ってしまいましたが、
いやいや、噛みしめるたびに(笑)出会うたびにその優しさに癒されるタイプですね。




とはいえ、ハリウッド版の続編も楽しみです。
こちらは、ミカエルとリスベットの関係がオリジナル版よりも甘めなので、また違った展開を見せてくれるのかも?なんて期待しちゃいます。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/484-546853f6
トラックバック
The Girl With the Dragon Tattoo (2011) [Blu-ray]2011年 アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 原作:スティーグ・ラーソン 出演:ダニエル・クレイグ    ルーニー・マーラ    ロビ ...
ドラゴン・タトゥーの女 dot 菫色映画dot 2012.02.24 22:29
ドラゴン・タトゥーの女  (2011  アメリカ) THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 監督: デヴィッド・フィンチャー 製作: スコット・ルーディン オーレ・ソンドベルイ ソーレン...
ドラゴン・タトゥーの女 dot ちょっとお話dot 2012.02.25 22:05
コメント
瞳さん、観られたんですね~♪

リスベット、かわいいー!!本当にかわいかった!
スウェーデン版では、ミカエルと寝た後に同衾するのを拒んだり、終始ツンツン部分を貫いていたのに、こちらの彼女は割に乙女でしたね。
いやー、どちらも大好きですけど。

それから、ラストの長さについてはわたしも同意です。
ここだけ何だかスマートじゃないですよね?
ミステリ部分も、何も知らずに見たからというのもありますが、スウェーデン版の方が面白かった。

それでも、どちらもそれぞれ長所があり、やっぱりミレニアム自体が、とりわけリスベットがものすごく好きなのだと気づかされました。

あ~、ご紹介にある180分のスウェーデン完全版が観たいです。
DVD買いたいけれど、先ずは見てから……。
それから、原作をようやく買いました!久しぶりに本に没頭しています。
リュカdot 2012.02.24 22:28 | 編集
お邪魔します~~
わ~~リュカさんところ同様、元映画との比較があって
わかりやすい!!そっか、あちらのリスベットは
過激&骨太なのね。写真みただけでも、何かこう・・・
近寄りがたい雰囲気よね。この映画ってこの2人のキャラに
注目しちゃうところがあるから、観る人によっていろいろな意見でてきそうよね。原作読んでいるとキャラのイメージって出来あがっているところもあるものね。でも2パターンの彼らを観ることができるのも
また良いよね。
あ・・エリカさんも元の方は地味なの?
あとやっぱり、暴力場面って元の方がよりハード?
耐えられそう?
完全版、この間ツタヤで観たわ。新作で無理そうだけどどうせなら
完全版の方がいいよね。
続編見たいよね。甘いの好きだし・・・
それにしてもダニエル・・・渋いな・・・笑
元映画のミカエルも瞳さんお薦めなので、是非味わいたいわ♪
みみこdot 2012.02.25 22:04 | 編集
> リュカさん

こんばんは。
はい、見てきました!スウエーデン版はこちらシネコンでやってなかったので劇場見逃しちゃったんで、これは絶対行こうと思ってました。

> いやー、どちらも大好きですけど。
うんうん、そうなの~。
それぞれ魅力的で良かったですよね。
スウエーデン版で、ダニエルがそのまま一緒に朝まで隣にいようとしたら「ほかで眠って」なんて言っちゃう・・・ツンツンリスベットも好きだし、
ハリウッド版のあの切ないラストもたまりませんね。

> それから、ラストの長さについてはわたしも同意です。
> ここだけ何だかスマートじゃないですよね?
リュカさんの感想にも同じように書いてたので・・一緒だわって思いました。
あの変装リスベットすごくかわいかったけど、ちょっとくどかったように思いました。

> ミステリ部分も、何も知らずに見たからというのもありますが、スウェーデン版の方が面白かった。
ミステリ部分は、やっぱりとても丁寧だったと思います。
フィンチャー監督は、ミステリー部分よりも二人が出会い、心を通わせていく・・そういう部分に力を入れてましたよね。


> あ~、ご紹介にある180分のスウェーデン完全版が観たいです。
2度見ても面白かったです。記憶が薄れている部分もあったので、ここが追加バージョン!とはっきり説明できないのですが、細かいシーンでここ無かったよね・・って思いながら見てました。

> それから、原作をようやく買いました!久しぶりに本に没頭しています。
おお、原作買われたのね!!
面白いでしょう。分厚いですが、ハマりますよね~。
dot 2012.02.26 20:39 | 編集
> みみこさん

こんばんは。
スウェーデン版もハリウッド版もそれぞれ魅力的で面白かったです~!!

> わかりやすい!!そっか、あちらのリスベットは
> 過激&骨太なのね。写真みただけでも、何かこう・・・
> 近寄りがたい雰囲気よね。

そうなの~!!
ノアミ@リスベットは、もっとボーイッシュっていうか、道であっても目を合わせちゃダメ(苦笑)って感じなの。
ミカエルとのシーンでも、自分から誘っておきながら別のところで眠って・・なんて言うし、心を完全には許さないっていうところが興味深かったわ。


> あ・・エリカさんも元の方は地味なの?
ミカエルもおじさんっぽいけど、エリカもおばさんっぽいの~。
それでもって、2人のイチャイチャ度はスウエーデン版の方が多いかも。


> あとやっぱり、暴力場面って元の方がよりハード?
> 耐えられそう?
あ・・あの嫌~なシーンね。あそこはハリウッド版の方が長かったように思ったの。
でもスウェーデン版のあの後見人がね、もっとしたたかというか、(外見がスマートなだけに)よけい憎らしいのよ。

ぜひぜひ、みみこさんにスウェーデン版も見て欲しいな。

地味っぽいミカエルも見て~(笑)
ダニエルみたいにスマートじゃないけど、味があるのよ~♪
人の良さっていうのかな、そこにリスベットは惹かれたんだと思うんだけど。
dot 2012.02.26 20:49 | 編集
瞳さん、こんばんは。
「ドラゴン・タトゥーの女 完全版」!!て出てたんですね~。
劇場公開版はレンタルで観ましたが完全版の存在は知らなかったです^^;

先日、わたしもハリウッド版を観たのですが、瞳さんの書かれているように、ハリエットに関してはミステリアスな雰囲気があまり感じられなかったですね。もうすっかりネタバレしているからでしょうかね(^^;
やっぱり軸足をミカエルとリスベットに置いたのでしょうね。
ポチdot 2012.02.26 23:16 | 編集
>ポチさん

こんばんは。
そうなんです、私も完全版のこと全く知らなかったのでビデオショップで観て驚きました。

ポチさんもハリウッド版見てこられたんですね。
そうでしたね~、スウェーデン版ではハリエットの謎めいた微笑みがとても印象的だっただけに、あら、印象薄い~と思っちゃいましたヨ。

ミカエルとリスベットにより、焦点が当てられていましたね。
続編も楽しみです。
dot 2012.02.29 00:21 | 編集
こんばんは。コメントするのは久々で2回目です。

劇中のルーニー・マーラーは

私的には可愛カッコイイという感じに見えました

彼女の個性的な普段のルックスがかなりタイプです
tomodot 2012.03.01 18:18 | 編集
>tomoさん

こんばんは~♪
コメントありがとうございます。

ルーニー・マーラー、そうですね!!可愛くて強くてかっこいい。
バイクのシーンも決まってましたね。

アカデミーのレッドカーペットでの衣装、メイク、すごく決まってましたね。
自分の個性をとても上手に引き出せるお洒落さんだなあって思いました。
これからがとても楽しみな女優さんですね。
dot 2012.03.01 20:02 | 編集
瞳さん、こんばんは。
たまった感想をちょっとずつUPしてて、やっとリスベットにたどりつきました~。(^^ゞ
でね、実は私も、前のを見ていたせいか、今回は物語よりもキャラにとっても目がいっちゃって・・

>ミステリー的な部分よりもミカエルとリスベット、
全く違う世界にいた2人が出会い、惹かれあう、そういう部分をプッシュ

・・・・・そうそう~、まさにそれがダイレクトに襲ってきたというか・・
二人のキャラにやられてました!(笑)
もう、ルーニーのリスベット可愛い過ぎ!
で、クレイグのミカエルもステキ過ぎ!

・・って、物語の内容からすれば、スウェーデン版の二人のがリアルな感じもするんだけど、
今回ばかりは、物語関係なしで、単にキャラが想定外な程好みでした。
前のミカエルの地味さは私も嫌いじゃないんだけど(とても職業が合ってたし、瞳さんが、完全版で前のミカエルのステキさ再確認!された気もちも解る気がするの~♪)
ただ、今回は、見た目スマートなミカエルがカッコ悪くボコボコにされる・・と言うのに、なんだか母性本能くすぐられたというか・・(笑)
そんな感じで、感想もキャラ関係ばかりで叫ぶ始末です;;
で、ラストのセンチメンタルなシーンって、私はいらないと思ったんだけど、
あれって、原作のままなんですね?
瞳さんの印象としては、原作のリスベットはどっちに近いですか?
やっぱりノオミ・ラパスの方なのかな?
tsurubaradot 2012.03.07 20:56 | 編集
> tsurubaraさん

こんばんは。
感想UPお疲れ様です~♪
読む方は楽しいんですけどね~i-236あとで読みに伺うのが楽しみです。

> ・・・・・そうそう~、まさにそれがダイレクトに襲ってきたというか・・
> 二人のキャラにやられてました!(笑)

うんうん、そうなの~!!
監督さんもパンフにミステリーよりも二人の間に流れるものを描きたかった!!って書いてましたっけ。
2人ともとっても良かったわ。

リアル感から行くとスウェーデン版の2人の方がありましたよね。
あちらのミカエルは、ジャーナリストがピッタリって感じでしたよね。クレイグはカッコよすぎるから・・職業的にはピンとこなかったんだけど、でもメガネ姿良かった~(笑)

> ただ、今回は、見た目スマートなミカエルがカッコ悪くボコボコにされる・・と言うのに、なんだか母性本能くすぐられたというか・・(笑)

あぁ・・・分かる~!!
あんなにやられちゃって・・・ってキュンときたりしてi-237

> で、ラストのセンチメンタルなシーンって、私はいらないと思ったんだけど、
> あれって、原作のままなんですね?

原作のリスベットもプレゼントを買うんですヨ、でも服じゃなかったし、「何やってるの?」って自らを笑うような描写でクールな感じではありましたね。
ルーニーちゃん、乙女だったから♪


> 瞳さんの印象としては、原作のリスベットはどっちに近いですか?
> やっぱりノオミ・ラパスの方なのかな?

う~ん、そうですね、近いのはノアミの方かしら。
でも彼女を見てすぐ後で原作を読んだからそういう印象があるのかも・・・。
ハリウッド版見てから、また原作読み返したいなあって思ってるんですよ~♪
dot 2012.03.09 19:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top