2011
12.30

勝手にCinema賞 2011年

Category: 映画のはなし
ミスター・ノーバディ [DVD]ミスター・ノーバディ [DVD]
(2011/11/04)
ジャレッド・レト、ダイアン・クルーガー 他

商品詳細を見る


2011年もあと2日。
みなさん、お忙しくされていることでしょうね。

私も一応(笑)バタバタしております
でもやっぱり、これは挙げておきたい!毎年恒例の瞳の勝手にCinema賞。


2011年に私が鑑賞した数々の映画に、偏愛をこめて好き勝手な賞をあげちゃいます


もちろん、毎年のことですが、2011年初公開の作品ばかりではありません。
私が今年鑑賞した作品の中から・・ということなので、世間様の映画賞とははるかにズレていること間違いないでしょう~♪


2011年鑑賞作品は、劇場鑑賞が13作品、DVD鑑賞が80本でした。(年末鑑賞した作品がいまだupできていないのが心残りですが・・)


 作品編
 


◆人生ってこんなにも豊か~♪映画賞◆

『ミスター・ノーバディ』

もし、あの時こうしていたら・・。
ifで広がる可能性ワールドをこんなにも多彩に見事に魅せてくれるなんて
広がる人生ワールドは決して輝くものばかりではなかったけれど、不思議なパワーと可能性を秘めて人生の豊かさを感じさせてくれたのでした。


◆運命と恋人たち♪ハマりにハマった映画賞◆

『アナとオットー』

アナとオットー。出会ってしまった運命の恋人たち。
2人の恋の行方にすっかり心奪われて・・・4度も見返しました!
成長していく2人を演じた3組の俳優さんたちもみんな素敵


◆心が痛い・・こんな恋愛映画があるなんて 映画賞◆

『ブルーバレンタイン』

愛の終わりがこんなに辛いなんて・・・。
あまりにもリアルな台詞や表情が心に刺さる。
最後の最後まで・・どうにかできないかしらそんな思いでいっぱいでした。


◆目は口ほどにモノを言う♪映画賞◆

『瞳の奥の秘密』
登場人物たちの瞳がスクリーンの向こうから熱く語りかけてくる映画でした
細かな伏線までもが生かされた脚本も見事です!!


◆このラストが好き♪ 映画賞◆

『シンパシー・フォー・デリシャス』

癒しのパワーを自分には使えない能力者。
でも心から誰かを癒したい・・と願ったとき、その力が自分自身をも変えてくれる。
ラスト15分のドキドキ感。心暖まるラストがとっても好きです。


◆シリーズ完結お疲れ様、ありがとう映画賞◆

『ハリーポッター シリーズ』
あの小さかったハリーたちが・・・こんなに立派に成長して。
シリーズ最後まで(亡くなった方を除いて)同じ顔ぶれで観れたこと、感慨深いです。

本当にお疲れ様、そしてありがとう。

あっハリーたちだけじゃなかった!
もう観れない、ムリ~と言いながら『ソウ』シリーズを最後まで鑑賞しちゃったのでした。
こちらもある意味、感慨深いわぁ(笑)



◆ゾンビ映画に新風~映画賞◆

青春ロードムービーゾンビ映画。
成長していく主人公に爽やかな気持ちになりましたヨ。ゾンビ映画なのに~『ゾンビランド』

そして驚きの低予算地味映画にホラー部門があったら絶対挙げたい
『コリン LOVE OF THE DEAD』
アイディアと情熱で光る映画って作れるんですね。


◆トンデモ・・映画かも!?でも面白かった 映画賞◆

『ボディクライム 誘惑する女』
このヒトたちっていったい!?と驚き、ストーリー展開にもビックリ。
とんでもないゾこの映画・・・。
だけど、すごく印象的だった。絶対忘れない・・あのブーメラン


◆絶対誰かと語りたくなる!映画賞◆

『ミッション 8ミニッツ』
何度も繰り返される8分間のミッション。
迎えたラストにあなたはどう感じる?えっと・・・あそこはどうなったの?
観終わったら絶対誰かと語りたくなる映画です。


◆素敵な台詞に心にメモ! 映画賞◆

『ミスター・ノーバディ』
作中ニモが引用したテネシー・ウィリアムズの言葉
「人生には他のどんなことも起こり得ただろう。それらには同等の意味があったはずだ」


限りない可能性を人生に感じる~
私の人生もまだまだなんだなあ・・ってワクワクしたりして。


◆発掘!こんなの見つけちゃいました 映画賞◆

知らなかった~。こんなに面白い作品があったなんて。まだまだ知らない面白さってありますね。
『ブラジルから来た少年』
『摩天楼を夢見て』 
『ブリガドーン』



◆オリジナルVSリメイクって面白い♪映画賞◆

『アントニー・ジマー』VS『ツーリスト』
『恍惚』VS『クロエ』


リメイク作品って難しい。分の悪さってあるよね。
↑の作品たちもどっちが好みかって聞かれると・・・やっぱりオリジナル。
おフランス映画のなんともいえないムードに酔っちゃいました。

でも、VSなんて書いてしまったけど、両方観れる楽しみがあるってことが一番嬉しいのデス。


◆舞台と衣装に酔いました♪ 映画賞◆

『わたしの可愛いひと シェリ』

ベルエポック時代、いわゆるセレブ的な立場にあったココットという存在。
舞台となるお屋敷や調度品の豪華なこと!ミシェル・ファイファーのドレスの着こなしも素敵でした。


『三銃士 王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船』
世界遺産にもなっているお城を舞台に煌びやかな衣装と、派手なアクション!
これは大画面で観る映画でしょう
当代一の伊達もの公爵とルイ13世の豪華な衣装合戦がとってもツボでした。


◆お薦め地味映画賞◆

今年も地味映画感想委員会の会員さんから教えていただいたお薦め地味映画。

『牛の鈴音』『ボローニャの夕暮れ』『フローズンリバー』
『扉をたたく人』『彼女が消えた浜辺』『ヤコブへの手紙』

あぁ・・・思い出しても味のある作品ばかりでした。

中でも『彼女が消えた浜辺』
エリという女性の失踪を受けて人々がしだいに見せていく・・いろいろな感情。
まるで自分もそこにいるかのような・・そんな錯覚さえ覚えてしまいました。
観終わってもまだまだ後引く作品です。


◆Tea& Cinema♪映画賞◆

お茶のシーンのある映画、今年鑑賞作品は
『瞳の奥の秘密』『トルストイ 最後の旅』『ダブリン上等!』『ヤコブへの手紙』の4作品。

どのお茶のシーンもとっても印象的でした
『ダブリン上等!』なんて紅茶にソース!ですからねぇいつか試してみたいデス(笑)

ジャムを添えたロシアンティーの美味しそうなこと
鑑賞後、速攻紅茶にジャムを用意した『トルストイ 最後の旅』に今年のTea& Cinema♪映画賞を進呈しましょう。



さて、今年もまた勝手な賞をいろいろ作っちゃいましたが


20011年マイベスト5作品は(順位はつけられません、私には)


『ミスター・ノーバディ』
『アナとオットー』
『ぼくのエリ 200歳の少女』
『瞳の奥の秘密』
『ミッション 8ミニッツ』




でした。
あぁ・・まだまだ気になった作品はあったのですけどねぇ。
『アンナと過ごした4日間』や『23年の沈黙』も独特のムードのある作品で後引きました。



勝手にCiNema賞、俳優編、ファッション編は・・・年明けになっちゃう?かな。

コメントいただいている皆様、後ほどお返事ゆっくり書かせていただきますね~。
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/469-3d63afe8
トラックバック
あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 恒例マイベスト&ワースト2011年版です。 この年は、劇場で117本、レンタル・テレビ等で125本、計242本を鑑賞し ...
【2011 マイベスト&ワースト】 dot 菫色映画dot 2012.01.03 00:13
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2011年 面白かった映画ベスト10です
2011年面白かった映画マイベスト10 dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2012.01.09 16:36
コメント
瞳さん、あけましておめでとうございます。

瞳さんのベスト作品、わたしも好きな作品がたくさん挙がっていてなんだかうれしい!
『ミスター・ノーバディ』 『ブルーバレンタイン』、本当に心に残りました。

『コリン LOVE OF THE DEAD』とか『彼女が消えた浜辺』もそれほど見ている人は多くないと思われる作品も良作がありましたね。
『ボディクライム』は本当にトンデモで、でもネタとして見る分にはオッケーかも(笑)。

気になったのは『シンパシー・フォー・デリシャス』です。
ノーチェックだったので見てみたいです。

それでは、また映画のお話しましょうね♪
今年もよろしくお願いします。
リュカdot 2012.01.03 00:12 | 編集
リュカさん、こんばんは。
あけましておめでとうございます。

わ~、さっそく見に来てくださってありがとうございます。
リュカさんももうベスト挙げられてるのかな♪
(あ、TBしてくださってる!)
体調を崩してしまってPCの前に座れなかったのでお伺いできなくって・・・もう元気になりましたのであとで伺わなくっちゃ。
楽しみです。

『ミスター・ノーバディ』 『ブルーバレンタイン』、ブルーの方は心が痛くって・・辛い作品でもありましたが、あの花火も含めて印象的でしたね、忘れられません。

『ボディクライム』もね(笑)いやいや、これ本当にね、いろんな意味で美味しい映画でもありました(笑)

『シンパシー・フォー・デリシャス』は、マーク・ラファロの初監督作品なんですよ。
はい、オーランドが出てるので見た・・というのが本音なのですが(おいおい・・)途中ちょっと中だるみがあったりして残念なところもあるのですが、ラストの暖かさ、爽やかさがとても良かったです。
良かったら、ご覧になってくださいね。

はい、今年もまたリュカさんとたくさんお話できることを楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願いします♪
dot 2012.01.03 22:14 | 編集
瞳さん、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致します♪
・・な~んて、声張り上げてしまいましたが・・
瞳さんは年末年始、大変でしたね;;(>_<)
昨年は石の事もあったし・・;;本当に健康第一!って痛感。
もう今年はこれ以上大変な目にあわない様お祈りしていますね!!

ところで、昨年のベスト色々・・楽しい~♪
やはり、1つの人生を広くじっくり見つめた物語って惹かれますよね。
「アナとオットー」は私も再見したくなりました。
未見で気になったのは「シンパシー・フォー・・」「コリン・・」「ブリガドーン」「ボディクライム」。
特に「シンパシー・・」は内容もだけど瞳さんダーリンの・・ですもんね!
あ、らふぁろ、の方じゃないよ~(自分で言っておきながら笑ってしまった)
もちろん、オーリーさん、ね。(^o^)
「三銃士」も実は観たかったんだけど、めいっぱい乗り遅れて・・DVDを待ってます。
それと地味映画のも・・昨年もみんなで情報交換出来て良かったです。
ここにも2本、未見のがあるので早く見たい~。
それと紅茶の出る映画・・
紅茶が出てくると、絶対瞳さんを思い出してしまって、
なんだか変なのでもついお知らせしてしまう悪い癖がつきつつあるこの頃ですが;;
今年もテキトーに聞いてやってください。(^^;

俳優やファッション編も拝見しますね!楽しみ楽しみ♪
tsurubaradot 2012.01.07 21:16 | 編集
遅くなりました・・
こちらではまだですね。今年もよろしくお願いします。
(もう体調はすっかりかな)
ベスト~~
わ~~い、私の好きな作品ばかり。うれしいよ・・・♪
恋愛絡みが多いセレクトには私と同じ好みを感じるよ・・
って勝手に想像。
瞳の奥の秘密・・だけが未見だけどあれも恋愛のにおいがするもん・・。
トルストイ 最後の旅・・は、あ・・かなり前からの取りこぼし
映画だったわ。なかなか多く観るのは難しい・・・
でもDVD80本って凄いよ~~~~☆
みみこdot 2012.01.09 16:13 | 編集
瞳さん、こんにちは!
去年同様、今年もどうぞ宜しくお願いします!
映画やお茶や日々の事、色々お話したいです★

で、今年のベストに『アナとオットー』が入っているのが同じで、嬉しいですー!!
古い映画だけど私も去年やっと見ることができて、予想を超える良さで、お気に入り確定しちゃった。(上にみみこさんを発見♪ 彼女から教えてもらってお薦めされて、早7年、やっと見れた感動もあったし)

それと、ミスターノーバディ、瞳さんもベストにされてるのね?!
これ、私も是非見てみます。
latifadot 2012.01.09 16:40 | 編集
> tsurubaraさん、あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いします。

そうなんです・・・あの思い出しても痛い結石騒ぎ(苦笑)もあったし・・・。
大晦日まで・・と思いましたが、年の初めに辛い目にあった方があとあと大丈夫かな・・なんて思ったりもして(笑)

> もう今年はこれ以上大変な目にあわない様お祈りしていますね!!
ありがとうございます~~i-175無理せずゆっくりやりますね。

ベスト見に来ていただいて嬉しいな♪
「アナとオットー」はハマってしまってDVD買っちゃいました。
「シンパシー」えへへ・・・オーランドの出番は少ないですが、歌ってるし、脱いでもいるし(爆笑)
らふぁろ~(笑)こちらは神父さんの役でした。そうそう、初監督作でもあったんですよね。

「三銃士」は原作とは別物でしたが、こちらも楽しかったですよ~♪
監督の奥様愛もしっかり感じました。
後半はパイレーツっぽかたですけどねi-235

地味映画、私は昨年あまり発掘できなかったので、今年はもっと頑張ります~(笑)

> それと紅茶の出る映画・・
> 紅茶が出てくると、絶対瞳さんを思い出してしまって、
> なんだか変なのでもついお知らせしてしまう悪い癖がつきつつあるこの頃ですが;;

とんでもない~!!
こんなのあったよ~!っていうお話いつもいただいて、とっても嬉しいです。
「ダブリン上等」も「ヤコブへの手紙」も紅茶のシーン、印象的でしたよね。

わーー、俳優編、ファッション編にもコメントいただいてる!
ありがとうございます。
dot 2012.01.09 17:26 | 編集
>みみこさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
はい、体調すっかりよくなりました、ありがとう♪


> わ~~い、私の好きな作品ばかり。うれしいよ・・・♪
> 恋愛絡みが多いセレクトには私と同じ好みを感じるよ・・
ふふ~~!一緒で嬉しいi-175
乙女ですもんね、やっぱり恋してドキドキしたいよね。

> 瞳の奥の秘密・・だけが未見だけどあれも恋愛のにおいがするもん・・。
これもみみこさんに絶対観て欲しいな。すごくイイの~!!
待つ愛もあり、究極の愛もあり・・よ。


> トルストイ 最後の旅・・は、あ・・かなり前からの取りこぼし
おお、こちらも見ごたえありました。熟年と若者の、両方の愛情を描いていて。


> でもDVD80本って凄いよ~~~~☆
劇場がね、なかなか行けなくって。
おうちで鑑賞っていうのが多くなりつつあります。香川だとなかなか見たいのが劇場に来ないせいもあるかな。
dot 2012.01.09 23:49 | 編集
> latifa さん

こんばんは。ご挨拶遅れてごめんなさい~。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

> で、今年のベストに『アナとオットー』が入っているのが同じで、嬉しいですー!!
うんうん、一緒だわ♪
私もみみこさんに教えていただいてこれ見て本当に良かったわ。
私たちにとっても運命の出会いでしたよね。

> それと、ミスターノーバディ、瞳さんもベストにされてるのね?!
> これ、私も是非見てみます。
「ミスターノーバディ」好きです~♪
あんなにたくさんの世界を描いているのに・・見事にまとめあげた演出!
人生に感じる愛情・・良かったです♪latifa さんもぜひ~。

あとで伺いますね。
また今年もいろいろなお話が出来るのを楽しみにしています。



dot 2012.01.10 00:02 | 編集
瞳さん、こんばんはw
お正月は、本当に大変でしたね~
私も、三が日から病院に担ぎ込まれて・・、なんだか年初めからこんな感じで、今年もどうなのかしら?(苦笑)

さて、早くに勝手にCinema賞をアップされていたのを知りつつ、なかなか伺えずにいて、ごめんなさい<(_ _)>
去年は震災があって、映画を観る余裕もなくて、十数年ぶりに二桁の映画しか観ていません(涙)
いつもこちらにお邪魔すると、魅力的な新作がアップされているので、本当に新作チェックには助かります。
もちろん旧作の素敵な作品もね(*^^)v
と言う訳で、今年は特に知らない映画がいっぱいあるので、メモして帰りますね。

「アナとオットー」、4回もご覧になったんですね、その気持ち分かるなぁ~~
あの寓話のような展開は神秘的な舞台もあって、心惹かれますよね。
「ミッション 8ミニッツ」、これも盛り上がりましたね。
でも、未だに訳分かっていませんので(苦笑)、DVDではもう一度観たいな♪
「瞳の奥の秘密」、重厚な大人のドラマでしたね。
「ブリガードン」がめちゃくちゃ懐かしいわ!! これ、実は宝塚でも上演された事があって、鳳蘭さん、ご存知ですか? 彼女の主演の舞台を観に行ったのを思い出しました^^;
「ハリポタ」も長かったけれど、ついに終わりましたね。
「彼女が消えた浜辺」、これは最高に刺激的な映画でした。 今でももやもやするけれど、結論の観客に丸投げ映画?の秀作ですよね。

では、衣装などのcinema賞も拝見してきますね(*^^)v
みぬぅdot 2012.01.19 23:54 | 編集
> みぬぅさん

こんばんは。
みぬぅさんも大変でしたねi-238
昨年のことといい、なんだかお互い、くれぐれも健康には気をつけないといけないですね。
無理せずに行きましょうね♪


> 去年は震災があって、映画を観る余裕もなくて、十数年ぶりに二桁の映画しか観ていません(涙)
本当に辛い年でしたね。今でもまだ大勢の人びとが辛い思いをしていると思うと・・・。

勝手にCinema賞見に来ていただいてありがとうございます♪


> 「アナとオットー」、4回もご覧になったんですね、その気持ち分かるなぁ~~
> あの寓話のような展開は神秘的な舞台もあって、心惹かれますよね。
うんうん、もうハマッてしまいましたよ。
DVDも買ったので、まだまだ見ちゃいそうです。

> 「ミッション 8ミニッツ」、これも盛り上がりましたね
> でも、未だに訳分かっていませんので(苦笑)、DVDではもう一度観たいな♪
はい、こちらは見たら絶対誰かと話したくなりますよね。そうなの、私もよく分かってないのでDVDでじっくり見たいわ。
特典で何か明かされるかしら?


> 「ブリガードン」がめちゃくちゃ懐かしいわ!!
うわ~~、嬉しい!!
みぬぅさん、ご覧になっていたんですね。おお、宝塚ですか!!
はい鳳蘭さん、もちろん知ってます!ベルばらも演っていらっしゃいましたよね♪

うんうん、この映画、舞台にもピッタリだと思います。踊るシーンとかね、いいですよね。


> 「彼女が消えた浜辺」、これは最高に刺激的な映画でした。 今でももやもやするけれど、結論の観客に丸投げ映画?の秀作ですよね。
丸投げ~~の秀作(爆笑)みぬぅさん、面白い(笑)
そうなの、見た方のレビュー読みにいくと、みなさんいろんな風に解釈していらっしゃって・・、そういう意味でも刺激的な作品でしたね。


> では、衣装などのcinema賞も拝見してきますね(*^^)v
はい、ありがとうございます♪
dot 2012.01.22 22:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top