2011
12.26

「SUPER 8 /スーパーエイト」

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2011/12/02)
ジョエル・コートニー、エル・ファニング 他

商品詳細を見る


1979年夏、保安官の父と暮らす14歳の少年ジョーは、突然の事故で母親を亡くし、心に深い悲しみを抱えていた。

ある夜、親友チャールズの8ミリ映画を手伝うために、夜中にこっそり家を抜け出して仲間たちの所へ向かうジョー。仲間の中には密かに想いを寄せるアリスの姿もあった。

アリスが親に内緒で運転してきた車に乗り込み、駅に到着した6人の少年たち。列車の通過に合わせて撮影を始めると、突然、車が突っ込み大事故が発生してしまう。あたり一面が炎に包まれ、轟音が鳴り響く中、取り残された8ミリカメラが写したものは貨物コンテナの中から強大な力で外へと出ようとする“何か”だった。

ほどなくして事故現場に到着した軍の回収部隊は、落ちていた8ミリフィルムの空箱を発見し、極秘情報が何者かに目撃されたと知り、大捜索を開始する。
現場から逃げ帰った少年たちは、絶対誰にも言わないことを約束するが、彼らの周りでは不可解な事件が起きはじめる。突然の停電、町中の犬が姿を消し、車のエンジンだけが消え、9人が行方不明。平穏な町の姿が変わり始めた。                         

                          ~公式サイトより~




       
クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬、押し迫ってきました

年内あと1度くらい劇場行けるかなあ・・と思っていましたがどうやら無理みたい。
せめてDVD鑑賞~とせっせと観ていますが、さて全部感想挙げれるかしら


本作「スーパー8」
舞台は1979年・・ということでなんだか懐かしい・・・不思議なノスタルジーを感じさせるSF作品でした。
「ET」や「未知との遭遇」スピルバーグ監督作品へのオマージュがたっぷり注がれているせいなのかもしれませんね。

主人公の少年ジョーを始め、映画製作に夢中になる仲間たちがそれぞれ個性たっぷりでとっても楽しい。
ぽっちゃり君のチャールズの監督っぷりったら(笑)

そこに加わってくるマドンナ的存在アリス。
エル・ファニングちゃんですようんうん、すっごくいい~

「SOMEWHERE」ですっかり魅せられてしまったんだけれど、全く違う境遇、雰囲気のこちらのヒロインもイイですねぇ。

問題を抱えた父親と二人で暮らす、寂しい瞳を持った少女。
(無免許で)車を運転しちゃう大胆さとカメラの前でのその演技力に(少年たちだけじゃなく)こちらもすぐに引き込まれちゃいました。
そうそう、ゾンビ役までも上手いんだもん~(笑)



事故で母親を亡くした少年ジョーとの間に初々しい恋が育っていくんだけれど、どうやら父親同士の間には(ジョーの母親の事故に関する)確執があって・・・離されてしまう。

ジョーとアリスの淡い想いの行方や、互いの家族は?仲間たちは?そして彼らの映画作りは?

SF映画だけれど、「スタンド・バイ・ミー」に例えられていたのがよく分かる!!
すっごく気になるんですもん。彼ら、彼女がとっても自然体だから。

彼らを助ける(見返りを期待してだけど 笑)カメラ屋のお兄ちゃんがこれまた個性的なルックスでGOODです



とはいえ、冒頭の貨物コンテナの大爆発シーンの迫力には驚いてしまったし、
軍が隠そうとしているモノの正体も・・ああっ・・その姿が見えそうで見えないという、見せ方の上手さ?

SF映画的な部分もたっぷりありました。
長年虐げられたせいとはいえ、宇宙人がこんなに暴れっぷりを見せるとは思わなかったので(少年少女ものだから)結構ビックリ。


あのキューブ状のモノの正体がいまだによく分かっていない私ですが、
飛び立つ宇宙船を見守るシーンは「未知との遭遇」を思い出してゾクゾク。

ジョーがいつも身に着けていた亡き母のロケットは、最後飛び立つ宇宙船に吸い寄せられて飛んでいってしまいましたね。

必死でアリスを救い、宇宙人の孤独さまでも包み込んでしまった・・ジョー少年の成長ぷり。

母の死を受け入れ、先へと進もうとする少年の逞しさに胸打たれます。
そっと手を握り合うアリスの姿も嬉しい。
二人の父親が、歩み寄り、許しあうシーンにもホロリとさせられましたよ。




エンドロールには、仲間で作ったゾンビ映画が流れます
これは必見~!!

オジサンルックスの少年も、出っ歯君もホントいい味出してます
密かにアリスに想いを寄せていたチャールズも・・ここでちょっぴりイイ思いが出来て良かったね(笑)って。


映画に情熱を傾ける少年の姿は、その昔のJJ・エイブラムス監督の、そしてスピルバーグ監督の姿そのもの。
オーディションで選ばれた少年少女の瑞々しい演技も光ってマス!


なにより、この懐かしい時代設定、これがなんともイイ味わいではありませんか!


トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/468-e90dc814
トラックバック
コメント
お邪魔します~~
年末までお仕事だとお家のこともあわせて
いろいろお忙しいですよね。
私もこれないといけないのでここで挨拶。
今年も瞳さんと沢山お話できてとっても楽しかったです。
来年もまたよろしくお願いしますね。
ベストは年内に挙げるのかな。楽しみにしています。
で・・・これ私も観ました。
エル・ファニングちゃん・・・上手でしたよね。
ゾンビ映画も面白かった~~
懐かしいにおいのする映画でしたね。

みみこdot 2011.12.29 16:41 | 編集
>みみこさん、こんばんは。

早くにご挨拶いただいてありがとうございました。
暮れから体調を崩してしまってお返事が年をまたいでしまいました・・・ごめんなさいね~。

改めましてあけましておめでとうございます。
いつもたくさんお話していただいて本当に嬉しいです♪

わ~~、みみこさんもこの作品ご覧になったんですね。
一緒だ~(笑)
エル・ファニングちゃん、上手いよねぇ、可愛いよねぇ。
「somewhere」もとっても良かったので、注目してます!来年もチェックだわ。
そうでしたよねぇ、この不思議な懐かしさ、良かったですね。

ベストは作品だけは年内に挙げたんだけど・・(汗)

みみこさんのベストも楽しみにしていますね。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

あとで伺いますね~♪
dot 2012.01.03 22:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top