2011
10.29

「赤ずきん」

赤ずきん ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]赤ずきん ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2011/10/19)
アマンダ・セイフライド、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る


暗い森に囲まれた小さな村、空から降る白い雪・・、
寒色の風景の中、真っ赤な赤い頭巾が怖いほど映える~~


うわぁ・・・ゾクゾクしました。
こういうムードに弱いんです。シャマラン監督の「ヴィレッジ」を思い出しちゃう。
長年に渡るオオカミとの取り決め(生贄を捧げれば村人を襲わない)が破られ、ある夜、バレリーの姉がオオカミの手によって殺されてしまう。
村人たちは協定が破られたことに怒り、オオカミに復讐するために隊を組み(被害者を出しながらも)オオカミを討ち取ることに成功するのですが・・・。

そこに登場するのが、村の神父が呼んだ魔物ハンターとして名高いソロモン神父。

ソロモン神父

ゲーリー・オールドマン!紫~こういう衣装も似合う~!
娘たちに対する愛情を見ていると、おお、いいパパなのね・・と思いつつも・・・
いやいや、ゲーリーですから(笑)やっぱり100ペーセント信じるわけにはいかないのよねぇ(苦笑)

ソロモン神父は、オオカミを討ち取り宴を行おうと浮かれる村人たちに恐ろしい真実を語ります。
「あなたたちは何もわかっていない。
  犯人は満月の夜にだけオオカミに変わる人狼であり、ソレはこの村の中にいる」


誰?それはだれ?なんのためにバレリーの姉を!?
ここから一気に緊迫感が高まりますよね~、なにせ、もう村人たちみんな怪しく見えてきちゃう(苦笑)
おまけに血のように赤い月の夜、現れた狼はバレリーに語りかけるのです、一緒に村を出ようと・・・。
バレリーを見つめる茶色の瞳・・・。

幼い時からずっと恋をしてきたピーターなのか?それとも親が決めた婚約者ヘンリーなのか?
村の神父さんはルーカス・ハースですよ!!あぁ・・・彼も、その一挙一動がなんだかとっても怪しいし

バレリーの大好きな、赤い頭巾を作ってくれたおばあちゃんは、ジュリー・クリスティー。
むむむ・・・こちらも時々怖かったり。
・・・とね、バレリーの目線と一緒になって・・・ゾクゾク、ドキドキしちゃうんです。
正直、こんなに犯人が分からないとは思いませんでしたよ~、最後の最後まで騙されちゃいました。


赤ずきん、バレリーを演じるアマンダ・セイフライド、売れっ子さんですね。
「マンマ・ミーア」と「ジュリエット・レター」鑑賞から健康的なイメージを抱いていたので、こういう時代物っぽい衣装は似合わないんじゃ?って思っていたのですが、
これが意外!!

長い金髪、ピンク色の頬、はっきりした目鼻立ち。
驚きに見開かれる大きな目、とっても魅力的でした。


赤ずきん3

赤ずきん


この白い雪のシーン、綺麗ですね


彼女を取り巻くイケメンたち、ピーターとヘンリー。

赤ずきん2

ええ~っと俳優さん、どなたでしょう?・・・知名度低すぎではって思いながら観ていたのですが、観ていくうちにそこが結構新鮮で


ピーター役のシャイロー・フェルナンデスは、「トワイライト」のエドワード有力候補だったそうですよ。
なるほど~!分かる気がしますよね。

ヘンリーを演じたマックス・アイアンズ、おおっ!!ジェレミー・アイアンズの息子さんなんだ
それを知って思いっきり好感度UP~~(おいおい・・・)

キャラ的にも私の好みはピーターより、ヘンリーかな
ひたむきにバレリーを想っているんだけど、決して無理強いっていうわけでもないし・・・好青年じゃありませんか!母性本能もくすぐられるタイプですよね。しかも鍛冶屋!!(思いっきり鍛冶屋に弱い私 



童話の「赤ずきんちゃん」とはもちろん、ストーリーも設定も違いますが、あの誰もが知ってる!
「おばあちゃんの口は・・どうしてそんなに大きいの?」なんて尋ねるシーンもちゃんと挿入されてるし

そうそう、村人たちがお祝いに踊るシーンでは、三匹の子豚のお話が登場したりね。
おとぎ話のテイストを盛り込んで、かつ、大人向けの・・
本当は怖~~いおとぎ話にぴったりの、ドギマギの場面もあり。

指輪のついた手首、あのスープは何だったのーーーー


村人が疑心暗鬼に陥る中、裏切りや、過去・・・さまざまな思いが絡まり合い、バレリーを巡る恋模様からも目が離せません。
そうこうしているうちに・・・・ソロモン神父!やはり・・暴走
ルーカス演じる神父さんは・・気の毒でした~。

人狼の正体がついに発覚し、迎えるラストが決して「めでたし、めでたし」ではないところも・・・また心に残りますね。

とっても切ない展開なんですけど・・・でもバレリーは、そう、強いんです。
運命に流されるだけじゃない強さと、恋する相手には自分からキスをしかけちゃう・・その情熱!!
こういう部分も、アマンダ@バレリー、ぴったりだったと思います。

白い雪の上、赤い頭巾がどこまでも・・大きく広がり、愛し合う恋人たちがとっても綺麗でした



DVDで鑑賞したのですが、特典がなかなかの充実ぶり。

「赤ずきん」のイケメンたち・・と題してシャイロー君とマックス君の素顔が見れました!(シャイロー君、素顔の方が好きかも 笑)
未公開シーンがあったり、そうそう、NGシーンで圧倒的に多かったのが、俳優さんたちみなさん、長い裾や広がった衣装がセットに引っかかって苦労していたみたい


ラストは劇場公開版とは少し違ったもうひとつのエンディングも収録。

※ネタバレになるので知りたい方だけ反転してくださいませ。


もうひとつのエンディング

咬まれてしまったために自らも人狼になってしまったピーター。彼を待ち続けるバレリーにはある秘密が。
そう、彼女は身ごもっていたのでした。
村を離れ、一人お祖母ちゃんの家で暮らすバレリーの前に、満月の夜狼が現れます。

赤い頭巾の下、小さな娘を胸に抱きしめ、狼を見つめるバレリー、その頬には笑みが・・。




さぁ、どっちがいいかしら~。

私的には、劇場公開版の、童話「赤ずきんちゃん」そのままのような、森の中、お花畑が広がり、かごを手にしたバレリーがオオカミと見つめあう・・・。

こちらのシーンの方が、よりシンプルで、美しく感じました。



あ、人狼の造形、これだけはちょっとお子様向けっぽかったけどもうちょっとスマートにならなかったのかしら~と思ったのでした。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/452-229170ab
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.05.28 20:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top