2011
08.13

「摩天楼を夢見て」

摩天楼を夢みて [DVD]摩天楼を夢みて [DVD]
(2011/01/28)
アル・パチーノ、ジャック・レモン 他

商品詳細を見る



「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第10弾」

TUTAYAの棚に並んだ本作、以前からちょっと気になっていました~♪

なにせ、ジャック・レモンにアル・パチーノ、エド・ハリスにケヴィン・スペイシー。
アレック・ボードウィンにアラン・アーキン、そしてジョナサン・プライスこの出演陣の豪華さを見よ~!


もちろん、お気づきと思いますが男ばっかり


ここはひとつ、個性派名優たちが演じる、硬派な映画をガッツリ見せていただこうじゃありませんか。


おおおおぉぉぉぉーーーー。
こ、これは間違いなく、見事にガッツリ、男の映画。

骨太で、人間味があって、人生の酸いも甘いも、苦さもやるせなさも・・・
男はすべて背負っていきていかなくてはいけないのサっていう。

ガツーンとやられましたね。

そして・・・泣かされました。
わめいても、愚痴っても、格好悪く懇願すらしても・・・泣くことなど決してできない男の辛さに泣かされましたヨ・・ヨヨヨ(涙)



舞台は、NYの不動産会社ミッチ&マレー社。
かっては優秀なセールスマンだったベテランのレビーン(ジャック・レモン)も今では成績がさっぱり振るわない。

ある夜の戦略会議で、レビーンと同僚のモス(エド・ハリス)、アーナロウ(アラン・アーキン)の3人は
本社からやってきた若き幹部ブレイク(アレック・ボードウィン)から成績不振を罵倒され、最後通牒を突きつけられる。

契約を一件でも多く取らなければ明日のわが身はない。
窓の外は大粒の雨が吹き付け、ネオンがまたたく夜の街。3人は客を求めて夜の街へと飛び出してゆく・・。


そんな3人をよそに、社のトップセールスマンであるリッキー・ローマ(アル・パチーノ)は、バーで一人の男リンク(ジョナサン・プライス)に人生論を語っていた。
巧みな言葉でリンクを酔わせ、またひとつ商談を成立させたローマだったが、翌朝出社するとオフィスの支店長ウィリアムソン(ケヴィン・スペイシー)から金庫の顧客名簿が盗まれたと聞かされる。

警察の取り調べを受けるセールスマンたち・・。


そこへ、契約を取り付けて上機嫌でレビーンがやってくるのだが・・・。




口八丁なセールスマンの世界、いやいや、そう上手くはいかないものです。
巧妙な電話口トークや、決して無理にとは言いませんよ・・といった風を装った訪問セールス。
あの手この手を繰り広げても世の中決して甘くはない。


電話をかけてもかけても断られ、契約に漕ぎつけることもできず。
そもそも、お客が喜ぶようないい条件の物件は、成績優秀者にしか与えられないという厳しさ。


しかし、罵倒され、屈辱を感じながらも、入院している娘のため一件でも契約を取るしかない。
かっては彼をトップセールスマンへとのし上げた、物腰柔らかなセールストークも今ではもう古い手としか思えない。
必死なレビーンの姿には、哀愁さえ滲み出る。


一方、会社を罵倒しずる賢く悪知恵を働かそうとするモスや半ば諦めモードのアーロナウ。


ずたずたにされたプライドをかき集め、必死でせめぎ合う男たち。

結構汚い言葉も飛び交いますよ、ストレートでガツーンとね(苦笑)




ネオン瞬く夜の街、彼らの肩に降り注ぐ雨、
この雨の夜の暗い雰囲気が、また憎らしいほど似合ってるんだなぁ。




見ごたえ、聞きごたえある台詞の応酬、
特に圧倒されたのは、翌朝契約をキャンセルしたいとやってきたリンクに、ローマとレビーンがとっさに打つ一芝居

かってのトップセールスマンと現トップセールスマンの2人が見せる(語る)息の合った見事な連係プレー!
あぁ、いいもの観れました。


そして、ローマのセールストークの魅力ときたら。
「契約のことなんてどうでもいいんだ、君のことを聞かせてくれ」というアル・パチーノの熱いまなざしに、ジョナサン・プライスと一緒にクラクラしちゃう(笑)
「パイレーツ・オブカリビアン」の総督閣下、ジョナサン、ここでは若い


そうそう、若いと言えばアレック・ボードウィンもたまらなく男前だし、(しかもスマート)
ケヴィン・スパイシーにいたっては、熟年男優たちからヒヨッコ扱いを受ける始末(あくまで役の上でですが)



アル・パチーノとジャック・レモンが互いに尊敬の念を抱きあう、そのかわす視線に痺れ、

最後の最後は、あぁ、これぞ、ジャック・レモン
もの哀しい表情の中に滲み出る・・情感に泣かされます。



見事だったなぁ。
こういう隠れた名作が、なんと100円でレンタル!!


ありがたいけど・・・安すぎるぜ!(となぜか男口調!?)




ガツーンと骨太な男たちの映画!
新作でもこういう映画、できないものかしら?
トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/427-afa506f8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top