2011
06.11

「スプライス」

スプライス [DVD]スプライス [DVD]
(2011/04/20)
エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー 他

商品詳細を見る


「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品、主演にエイドリアン・ブロディとサラ・ポーリー。
おお、制作にギレルモ・デル・トロの名前が

・・ということで興味を持って、レンタルしてみました・・・が!


うむむむむ~~~、なにやら見てはいけないものを観てしまった・・・
冒頭から巨大イモムシがぁ・・・・・・




科学者夫婦のクライヴとエルサは、さまざまな動物のDNAを掛け合わせて未知の生命体、ジンジャーとフレッドを創りだすことに成功する。

実験をさらなる段階に進めようと考えていた二人だが、利益を優先する会社側からのオーケーは出ず、プロジェクトは廃止されてしまう。

だが、諦めきれないエルサは、動物と人間のDNAを掛け合わせるという禁断の領域に手を染めてしまう。
そうして生まれたひとつの生命・・。
2人はその生き物を“ドレン”と名付け、極秘で育て始めるのだが・・・。





冒頭から出てくる巨大なイモムシジンジャーとフレッド・・・・

インパクトある!っていえば、そりゃあもう、ありますが・・・、これって劇場で公開された作品なんですよねぇ、
スクリーンで観たら、うぎゃ!って叫んじゃった人もいるのではないかしら。
(冒頭以降、放っておかれていたジンジャーとフレッドには、後にまたまたぎゃーーー!と叫んじゃうようなシーンが待っています、、ご注意を



しかし、科学者夫婦は彼らの誕生だけでは満足せず、なんとそこに人間のDNAを加えて新たな命を生み出そうとしてしまう!


そこにはもちろん、科学者として生まれてくる新しい生命への純粋な興味があるし
不治の病、ガンや白血病などを治すことが出来る!という医学的な進歩を説くエルサの熱弁ぶりには押されてしまうけれど

でも決してそれだけじゃない、誰かに先を越されたくない、自分たちがこの分野の一人者という自負や、
結果を出せば認められるんだ!という強引さがものすごく感じられてしまって

命を生み出すということへの根本的な畏れ・・・を忘れてしまってはイカンでしょう!!


妻エルサを止められない、夫クライブイカンでしょう!!
完全に奥さんのお尻に敷かれてしまってる夫を演じるのがエイドリアンで・・似合いすぎです(苦笑)

そしてね、暴走しちゃうエルサを演じるサラ・ポーリーがまた上手い~~。


子どもの頃母親との間にあったらしいトラウマを抱えた彼女、
自分の子どもを作ることを恐れているんだけれど
誕生した生命ドレンに対する接し方がね、母親の影を引いているというか、母のようにはなりたくないと思いながらも・・すごく不安定で勝手なんですよね。
(いきなりの手術シーンには本当に腹が立ちました!)


魚のような形で生まれてきたドレンの造形もなんともいえません。
足はカンガルー?長いしっぽ・・でなんとも不安定。


成長すると顔の部分だけが、しだいに人間ぽくなってきて・・・
映画の紹介文には「やがて彼女は美しい女性へと・・・」と書いてありましたが・・・う~ん、美しいというよりは「きも可愛い」って感じでしょうか。
なんとなく、制作のデル・トロの趣味を感じちゃう。



禁止されたからって行き当たりばったりで、ドレンをあっちやこっちへ引っぱり回す二人の姿に、勝手やなあ!!と腹が立ちながらも
ドレンの成長してゆく姿には、すごくハラハラ、ドキドキさせられちゃいます。
羽まで生えてきちゃうし・・しかも折りたたんで収納まで出来ちゃう。

 
幼いドレンに母性の片りんを見せて接していたエルサ、
でもドレンが成長していくごとに母とのトラウマ的なものや、同性としてのライバル心みたいなものが出てくるところとか・・・

エルサが実験に使ったのが自分のDNAだったことから、ドレンの中にエルサを感じて戸惑ってしまう・・クライブのシーンとか(ダンスのシーンは可愛かった~)

ただのSFものではない面白さもあるし
なによりキャストの演技がしっかりしているので、そういうドラマ的な部分を最後まで見せて欲しかったなぁ。



別の意味でのショッキングなシーンや、凄惨な終わりが待っていましたが・・・。

やはり生まれてきた生命は、その種の存続を本能的に一番に考えるっていうことなのでしょうか。



久しぶりに見たサラ・ポーリーが、結構老けて見えたのは悲しかったけれど、好感度の低い主人公をそりゃあもう、しっかりと演じ切る上手さ、
そしてこちらもまた久々のエイドリアン、ちょっと情けない・・けどこういう役もぴったりだわ~とニヤニヤしてしまいましたヨ(笑)


そうそう、彼の弟役の俳優さん、どなたなのでしょうか。
個性的なエイドリアンの弟っていうのがピッタリ!
こちらもなかなかインパクトのある顔立ちで・・気になりましたよ~。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/411-1880fa9b
トラックバック
コメント
この作品、気になっていたんです。
かなりインパクト大な感じですね……
ショッキングなシーンは視覚的にとてもグロかったりしますか?
レンタルしようか迷い中です。
サラ・ポーリーもエイドリアンも良い役者さんですよね。
キャストだけでも興味有りなのですが。
イモムシ……イモムシかあ。
苦手です~(笑)。
リュカdot 2011.06.13 00:04 | 編集
>リュカさん

おおっ!リュカさん、気になっていたのね。
そうなの、私もキャストがいいから興味を惹かれて。

虫系は、苦手なのね~~(汗)
私はわりと大丈夫なんですヨ。
ただ、ジンジャーとフレッドは出番は多くないの。
でも、中盤で登場した時にね、事件が!血がね・・・結構流れますが・・・グロさは大丈夫・・・かも(?)

あとは、主人公二人、特にエルサにかなりイライラすると思います(苦笑)
クライブもね、しっかり奥さんに言いなよ~!と腹が立つのですが、やはり男には甘いので・・私(爆)
エイドリアンなら言えなくても仕方ないかなあ・・なんて(おいおい~笑)



dot 2011.06.13 17:18 | 編集
ふふふ・・瞳さんの感想拝見して、この世界が再びよみがえって来ましたよ~。
あれっ、瞳さん、イモムシは平気な方なんですね?
私は、昆虫はOKだけど、足がない系は苦手・・・・・造形もだけど、
アレがぶちゅっってつぶれた所・・中から出てくる何かとか想像したらもう・・(^^;
なので、普通の血は大丈夫でも、アレの血はちょっとね・・な感じでした。
変に心配性なので、血や粘液の中の成分とか色々想像しちゃうんですよね~。
それはともかく!
エイドリアン、面白かったですね。
(あ、ドレンとあんな風に・・は生理的に気持ち悪かったけどね)
妻は気が強かったし、意外とこんな夫婦って多いかも?なんて思いました。(笑)
瞳さん、男に甘いんですか?(◎o◎)いや、瞳さんは誰に対しても優しいから~!
では私は・・瞳さんの分まで、男に対してはSゴコロを大切にしたいと思います。(^Д^)ギャハ
つるばらdot 2012.12.02 14:27 | 編集
> つるばらさん

こんばんは。
はい、私虫系大丈夫です!我が家の庭には結構イモムシが・・・。
おお、つるばらさん足がない系は苦手なのね~~、ああっ、そしたらあのシーンなんてi-201
ぎゃっ!って叫んじゃいませんでしたかi-229
私も虫は大丈夫だけど、さすがにあそこは驚きました。浴びたくないーーー。

> エイドリアン、面白かったですね。
エイドリアン似合いすぎ~~i-237
そうそう、奥さんに押し切られる夫婦って多いような・・。(あ、うちはけっして・・ごにょごにょi-235

> 瞳さん、男に甘いんですか?(◎o◎)いや、瞳さんは誰に対しても優しいから~!
> では私は・・瞳さんの分まで、男に対してはSゴコロを大切にしたいと思います。(^Д^)ギャハ

あはははは~~(笑)
私、スクリーンの中のダメ男にだけ甘いです。
現実世界でダメ男に遭遇したらきっとバッサバサ切っちゃう。
つるばらさんのSゴコロは、スクリーンor現実・・?きゃっi-277
dot 2012.12.03 20:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top