2010
11.29

「噂のモーガン夫妻」

噂のモーガン夫妻 [Blu-ray]噂のモーガン夫妻 [Blu-ray]
(2010/10/27)
ヒュー・グラント、サラ・ジェシカ・パーカー 他

商品詳細を見る



怖いのが続いたし、先日観た「運命のボタン」はなんともモヤモヤ・・・

ここはひとつ、パァ~と明るく、楽しいのがいいなと、ヒュー様頼みです
夫のポールは敏腕弁護士、妻のメリルは不動産業を営む女社長・・と、二人はNYに住むセレブなカップル。

しかし、夫の浮気で別居中、なんとかよりを戻したいポールは妻に電話や必死のプレゼント攻撃。
やっと食事にこぎつけたのだが、レストランを出て散歩中の二人が目撃したのはなんと!殺人事件。

しっかりと犯人の顔を見てしまった二人の身を守るため、証人保護プログラムによって・・ワイオミングの素朴な田舎街レイへとやってきた二人は・・。




・・・とここまで読んだだけでも、もうあらすじは予想できちゃいますよね♪
もちろん、絶対ハッピーエンドしかありえない~!!


でも、今私が見たいのは、その間違いのないハッピーエンドの物語なのだ(よっぽど「運命のボタン」を引きずっているらしい)




目じりに皺を寄せながら、情けない顔でとってもとっても未練たっぷりのヒュー・グラントを見ているとそれだけで楽しいし(笑)、
実はあまり好きな顔じゃないサラ・ジェシカ・パーカーが、あらっ、こんなに可愛い表情を見せるんだ!!っていう驚き。


あぁ・・楽しかった♪


クマまで出ちゃう田舎町で隔離生活を送る二人。
でもコメディだからって、証人保護プログラムについては依然見たハードタッチの「キル・ショット」よりもよっぽどちゃんとしてましたヨ。
電話もPCもパスワードが分からないと使えないし。


誰かのために車には必ず鍵をつけっぱなし・・という田舎町レイの人々。

ドクターや、
いろんな職業を掛け持ちしているドクターの助手の女の子(彼女は強烈キャラでした)、
町で唯一のレストランオーナーと、そのお孫ちゃん、


そして、何より二人を保護するウィーラー夫妻が素敵
サム・エリオット(声もいいな♪)とメアリー・スティーンバージェン。

バックトゥー3の時と全然変わってないように見える若々しい彼女が、拳銃を構えたり、薪割りをする姿が決まってる!
二人ともカウボーイハットが似合いますね。



壁に飾ってあるシカのはく製が気になって眠れなかったり、
ジョン・ウェインとクリント・イーストウッドのビデオを見ながら夜を過ごす・・・そんな日々を送る二人には、まだまだ互いにギクシャクしている部分があったのだけれど

クマと遭遇しちゃったり、
何もない田舎町、ジョギングを始めたり、
街でただひとつのレストランに夕食にいったり・・と。


素朴な町の人々やウィラー夫妻との出会いもだけれど、何より一番肝心なのは、二人で顔を合わせて話し合うことなのでしょうね~。



頭の上に降ってきそうなほどの星空の下での、二人の会話が良かったなぁ。

結婚式で互いが誓った言葉を思い出しあう二人。

メリルが誓った言葉は、シェークスピアの 
 
「愛とは動じぬ目印のようなもの。嵐にあっても揺るがない」

(これって、「ある晴れた日に」でも登場しましたよね)

それに対するポールの誓いが、なんとも彼らしくて。

「生涯 君の親友になろう。
 心から神に感謝する。君をだまし 僕の妻にしてくれた」


これがいいなぁ(笑)可笑しいけれど、ジーンとあったかい。




なんとか心を通わせることが出来た二人だけれど、言わなくても良かったのでは?でも言っちゃうのね・・というメリルの告白で、またしてもギクシャク。

そんなところに、二人を狙う犯人が登場。

ハラハラする舞台は、ちゃんと町の一大イベントロデオ大会が用意されていましたね。


ラストも、間違いないハッピーエンドでふぅ~~!!満足、満足


揺れる女心をチャーミングに見せてくれたサラ・ジェシカ・パーカーもとっても好感持てたし、
情けないけれど、でもちゃんとやる時はやります(失敗するけれど 笑)、ヒュー様はやっぱりダメ可愛いのだ。

ヒュー様頼み、間違いなかったですね







トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/351-d862cc04
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top