2010
11.10

「フィリップ、君を愛してる」

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]フィリップ、きみを愛してる! [DVD]
(2010/11/04)
ジム・キャリーユアン・マクレガー

商品詳細を見る


善き夫、良き父親である警察官スティーブン。
彼には幼いころ自分を捨てた実母を探し出したいという望みがあった。
しかし、警察官のツテで調べ上げた母親からは全く相手にされず・・はたまた思いがけない交通事故で瀕死の重傷を負ったスティーブンは、決心した!!

嘘の人生はまっぴらだ。そう・・自分らしく生きるんだ!!


ゲイであることをカミングアウトし、妻と娘に別れを告げたスティーブン。
さっそく、素敵な恋人をゲットして楽しい毎日を送るのだが・・・。


ジム・キャリーとユアン・マクレガーの恋物語制作中から気になっていた作品でしたが、
なんとまぁ~~!!実話とはなおのことビックリでした。

驚きはもうひとつ。
ロドリゴ・サントロが出てるではありませんか


カミングアウトして新しい人生を始めたスティーブンの最初の恋人役を演じているのですが、あぁ・・その素敵なこと♪

できることならこのまま、スティーブンとのアツアツ、甘々ぶりを見ていたかった私です(笑)


しかーし、恋人との生活を豪華に送るため詐欺を始めたスティーブン、頭がイイだけに成功しちゃうんですが・・悪事はいつかばれてしまうもの。
刑務所送りになってしまいます。

そこで出会ったのが運命の恋人フィリップ・モリス。
まだまだロドリゴを引きずる私でしたが、登場したフィリップを演じるユアンのあまりの可愛らしさにノックアウト~
ええ、ええ、芸達者とはわかっていましたけどねぇ・・ここまでキュートで愛らしいとは!!
(スティーブンを追って走るシーンも・・・あの走りっぷり自然すぎます~!)

決して大げさでなく、それはもう自然ににじみ出る愛らしいしぐさとなんともピュアな表情
スティーブンが一目ぼれしてしまう気持ちわかるような気がしますねぇ(笑)


思わずここが刑務所!?っていうことを忘れてしまうくらい、甘~くラブラブな刑務所生活、
ムードたっぷりの音楽を流してのダンスシーンには、思わずうっとりと見惚れてしまうほどでした~♪


どうか、このまま幸せになれますように~!と真剣に願ってしまったのですが、う~ん、スティーブン、やはり凡人とは違っていた・・ということでしょうか。
弁護士になりすまし(ああいうことってできるもの!?)、一流企業に就職し!
ここで真面目にやっていれば最愛の人とずっと一緒にいられたのに・・・


キレすぎるっていうのか、どこかで危ないモノを求めてしまう・・っていうのでしょうか。
もしかしたら母親には自分のこういう部分が分かっていて捨てたのでは?とスティーブンが回想するシーンがありましたが、子どもの頃からそういう部分が見えていたのでしょうか。

またまた刑務所に入れられてしまったスティーブンの、フィリップに会いたさに繰り返される脱獄手段には・・あきれるというより、びっくり唖然・・というか。
なんだか普通に・・す、すごいーーーと感嘆してしまうほど。

このあたり、やはりジム・キャリー
ありえないような、この実話にここまでパワーを与えられるのは、彼ならでは・・ですよねぇ。

そして見ている私たちまですっかり巻き込まれて・・騙されてしまうあのシーン。

とんでもないヤツ!と憤慨しそうなものですが、これがどうしてだか・・なんとも切なくさえ感じてしまう。
やはりジム・キャリーマジックでしょうか(苦笑)



たったひとつ、ずーーーと持ち続けた真実の気持ち
「フィリップ、君を愛してる」
これ以外は、彼にとってまったくどうでもいいこと、嘘をつき続けても、まわりをどんなに騙しても。
フィリップを守る・・ということも、誠実に生きるということも、私たちからすると絶対間違えている・・って思うやり方なんだけれど、どうしてだが憎めない。


フィリップだけを見つめる・・その曇りのない瞳と、そこまでやっちゃう!?行動力、スティーブンワールドにいつのまにかぐいぐいと引き込まれてしまったような気がします。


あの「ラララ~~」っていう南国ムードっぽい、明るい音楽も印象的でした。そして見上げる青い空と雲も(笑)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/340-bfc81166
トラックバック
フィリップ、きみを愛してる! (2009  フランス) I LOVE YOU PHILLIP MORRIS 監督: グレン・フィカーラ ジョン・レクア 製作: アンドリュー・ラザー ファー・シャリアット 製...
フィリップ、きみを愛してる! dot ちょっとお話dot 2010.11.11 11:25
実話というのには、びっくり・・・。面白かったんだけれど、ラストで衝撃・・・。
「フィリップ、きみを愛してる!」実話だとは・・・ dot ポコアポコヤ 映画倉庫dot 2010.11.11 12:22
フィリップ、きみを愛してる! [DVD]2009年 フランス 監督:グレン・フィカーラ ジョン・レクア 製作総指揮:リュック・ベッソン 出演:ジム・キャリー    ユアン・マクレガー    ロドリゴ・サントロ    レスリー・マンby G-Tools 嘘を重ねる。詐欺を
フィリップ、きみを愛してる! dot 菫色映画dot 2010.11.12 21:29
結婚して普通に幸せな日々を送っていたスティーヴン。だが、交通事故に遭ったのをきっかけに、自分に正直に・・つまりはゲイとしてこれからを生きる!事を決意する。
フィリップ、きみを愛してる! dot rambling rosedot 2011.11.24 10:19
コメント
お邪魔します~~
あのだましのテクニックは凄いよね。
私もあんなに簡単に弁護士になれちゃうところ、不思議に感じたわ。ちょっと周りが、抜けているところ多かったんじゃあないの?って思ったり。
ロドリゴはエイズで倒れちゃうでしょ?あのときジムに語った言葉にちょっと感動しちゃったわ。彼も良い恋人だったよね・・・
みみこdot 2010.11.11 11:21 | 編集
>みみこさん

こんばんは~♪
凄いよねぇ、あんなにいろいろやっちゃうなんて。

うんうん、弁護士さんね、日本じゃああいうことできるのかしら?
あちらって大雑把な部分があるのかしら。

ロドリゴ~~i-237
あのまま登場しないのかな?って思ったら、ショックなシーン。
痩せてたよね?彼も。ジムもすごい痩せっぷりだったけど。
「誠実に生きて欲しい」
もしかしたら、危ない方向に行っちゃう恋人のことをわかっていたのかもしれませんね。

dot 2010.11.11 20:45 | 編集
いやー、このユアンの可愛らしさは格別でしたね。
あの走り方!
なりきってますよね。

>フィリップだけを見つめる・・その曇りのない瞳と、そこまでやっちゃう!?行動力、スティーブンワールドにいつのまにかぐいぐいと引き込まれてしまったような気がします

そうそう、すべてが愛しのフィリップのためというこの純な気持ちがたまりません。スティーブンワールドって言いえて妙です!

ラストは事実だけ見たら救いがないのに、あの青空と音楽で印象はガラリっとかわりますね。も~大好きです。
リュカdot 2010.11.12 21:30 | 編集
>リュカさん
あぁ、もういまだにユアンの可愛らしいしぐさが頭に焼き付いちゃってますヨ。
ちょっとした指のしぐさにあの走り方も!!
わざとらしくなく演じるって絶対難しいのにねぇ。

ジムならではのスティーブン・ワールドでしたね(笑)
もう、すっかり騙されたり、切なくなったり。やられちゃいましたよ。

そうでしたね!!
ああいう判決をもらってええ~~!!って衝撃でしたが、それでもめげずに空に浮かぶフィリップの姿めがけてどこまでも走る姿・・。
イイですねぇ~i-175
dot 2010.11.14 21:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top