2010
10.19

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
(2010/06/04)
ノオミ・ラバスマイケル・ニクヴィスト

商品詳細を見る


「ムーミン」「牧場の少女カトリ」、今は思い出となったチボリ公園・・、グスタフスベリやアラビアのカップもいいな♪
人生最大の無謀さで建てたフィンランドログハウスは、ただいま必死のローン中
どれだけ北欧好きかと思われるけれど・・・・・・実は一度だって行ったこともありません


遙かに遠い憧れの国,北欧からのミステリー。
原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソン、世界各国で2100万部を売り上げたというミリオンセラーだそうです。



・・・と、なんと150分とな!!
その長さに一瞬躊躇しましたが・・・見始めるとそんなの忘れちゃうくらい、のめりこんでしまいました。



雑誌ミレニアムのジャーナリスト、ミカエルは大物実業家の不正を告発した記事を書くが、
逆に名誉棄損で訴えられたあげく、裁判で敗訴してしまう。

半年後には禁固刑の身となったミカエルは、雑誌社からも身を引くことに。
だが、そんなミカエルに大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査が依頼される。
それはなんと、40年もの昔、謎の失踪を遂げた16歳の少女ハリエットの事件を調べなおすこと・・。

一方、そんなミカエルの状況を密かにチェックし続ける一人の女性ハッカーが・・・。


あぁ・・憧れの北欧の国、スウェーデンの内情などとんと知らないとはいえ、これはなかなかにハードな展開です。
まさかこんな風に女性に対する性的な虐待が多いとは全く思いませんが・・
原題が「女を憎む男たち」だからでしょうか。

ハリエットの事件を追うミカエルが知った未解決事件の女性被害者たちの惨たらしい姿、
そして女性ハッカーリスベットが、新しい後見人から受けるなんとも酷い暴力の数々・・。それはもう、ビックリするほど赤裸々に描かれた暴力シーンに寒気がするほど腹が立つ~!!

しかし、普通ならそんな暴力にこのまま言いなりにと考えてしまうところですが、リスベットは絶対に屈しない。
おお、そこまでやっちゃいますか!!と思ってしまうくらいの彼女の復讐は凄い!!


そうこの作品のヒロイン、強烈なほど印象的です。
そのルックスも、鼻ピアスに全身黒のパンクファッション、ブラックシャドーがこれまた怖いほど似合ってて。
カッコいいんだけれど、街で会ったら目は合わさないでおきたいタイプなんですよね。

そんな彼女とミカエルが接点を持ち、やがて一緒にハリエット失踪事件を調べることになるのですが・・二人が接点を持つまでの(それぞれの姿が)じっくりと描かれている。
これがまた面白いと思いました。

また一緒に調査を始めるといっても、決して馴れ合わないリスベット。
ミカエルのことは通帳の中身まで知り尽くしている彼女ですが、自らのことは決してミカエルに見せようとしない。

訳ありな過去が、彼女の中に落とす決して拭い去れない影や孤独感・・、その痛々しさ。


・・と思ったら、ミカエルのベッドに忍び込んで・・という、何と言ったらいいのでしょう、まるで野生の猫のよう、とらえどころがない魅力を持ったヒロインです。



対するミカエルは、ぱっと見た目普通のおじさんなんですが、見ていくほどに味が出るっていうのでしょうか(苦笑)
孤独なリスベットを包み込むようなその大きさ、もちろん悪を憎むんだけれどどこか人に対して善良な気持ちを持っているような(最後の犯人に対する言葉とか)。
そういう部分に、リスベットは心を許したのかもしれないなと思いました。



ハリエットの失踪事件の調査では、怪しい一族たちのだれが誰だか・・なにせ40年前の事件なので分からなくなりそうになったのですが、
そこはミカエルが貼り付けた顔写真マップ?が見ているこちらの助けになります!


写真と言えば、そう、まるでモナリザのような謎の微笑を浮かべた若きハリエット。
登場した時からこの写真には目を奪われてしまいます。
どこか神秘的なオーラをまとう美しい少女に・・いったい、あの日何があったのか、彼女は何を知り、何を恐れていたのか、誰もが知りたくなってしまう。


やがて明らかにされた事件の全容に衝撃を覚えながらも、ハリエットの運命がまたリスベットのものとも重なっている・・そのことにも衝撃を覚えました。

ただ、重く陰惨な部分もある事件でしたが、最後にはちゃんと救いがあって・・。
もっとおどろおどろしいまま終わってしまうのかなと思ったのですが、ほっとしました。




3部作、続きももちろん観よう~っと。
この不思議な魅力を持ったヒロインをもっともっと見たいし(次回では彼女の過去がもう少し明らかになるのでしょうか)ミカエルとの関係も気になります。

ブラックシャドーも似合うけれど、(涼しげな目元が可愛くて、ちょっと不安げにも見える)素っぽい表情も好きだなぁ。


原作もぜひ読んでみたいと思います♪


そうそう、映画の内容には全く関係ありませんが、北欧のクリスマスシーンがちょっぴり映りましたね!!
クリスマス色に飾られたテーブルや棚の素敵なシーンに、思わず一時停止して見てしまった私です(笑)

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/331-5d478b54
トラックバック
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]2009年 スウェーデン 監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 原作:スティーグ・ラーソン 出演:ノオミ・ラパス    マイケル・ニクヴィスト    スヴェン・バーティル・トープ    ステファン・サウクby G-Tools
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 dot 菫色映画dot 2010.10.26 18:28
コメント
瞳さん、ご覧になられたのですね♪
長さをまったく感じさせない作品でしたね。
逆に90分くらいしかないのに、上映中何度も時計を見てしまう作品もありますが……

一部の卑劣な男たちの、リスベットへの、ハリエットへの仕打ちは本当に怒りを覚えます。
だからこそミカエルの善良な部分が強調されて、リスベットは心を許したのでしょうね。

2作目、3作目もなかなか楽しめますよ♪
また感想を待っていますね。

それから、フィンランドログハウスって凄いですね!
わたしはこの映画のクリスマス描写をまったく覚えていなかったので、やっぱりハイセンスな人は見る所が違う~と思っちゃいました。だからログハウスも素敵なんだろうなあ♪
リュカdot 2010.10.26 18:26 | 編集
>リュカさん
観る前はええっ、150分!?って思ったのですが、まったく長いと思いませんでした。
そうそう、逆もけっこうありますよね。

今原作の中ごろなのですが、ミカエルモテモテですよ~(笑)
女がほっとかない男っていう設定なのですね。
原作のところどころに、スウェーデンの女性がどのくらい男性からの性的暴力にあっているかっていう数字が載せられているのですが、これには驚きました。
あまりに悲しいくらいの高い数字なんですもの。

はい、3部作楽しみです♪

展示場で一目ぼれして以来、10年あまりも憧れだったログハウスを決心して建てたのですが、全くハイセンスじゃないんですよぉ~i-237
うちのログハウスは小さな山小屋風です(あ、山の上に立ってるし 笑)
クリスマス映画が大好きなので、クリスマスシーンんはピンと来ちゃいました。
やっぱり本場のクリスマスの飾りつけは違うなあって唸りましたよ♪
dot 2010.10.28 20:59 | 編集
瞳さん、こんばんは。これ見ましたよ~。
ハリウッド版公開には間に合いました・・充分余裕がありました~。
余裕あり過ぎて、来年のハリウッド版見る時にはもう忘れてて、また新鮮な気持ちで見れたりして?!(笑)

時間の長さ、気になりませんでしたね。
想像していたよりも、エゲツない犯罪が多かったので、ちょっとイヤな気分にはなりましたが、物語としては面白かったです。

>まるでモナリザのような謎の微笑を浮かべた若きハリエット
・・・・・瞳さん、うまい!ホント、そんな感じでしたね。
彼女の写真だけで、雰囲気が盛り上がりましたもん~。

北欧クリスマス、私も気になりました(^^)
どんな風にディスプレイしてるのかな?とか、もうちょっと見たかったです。
悲惨な事件の話だったので、そういう所で気持ちを切り替えたかったのもあったかも。

一応、シリーズ全部見たんですが、やっぱり1が一番良かったです。
2・3は、1みたいに、ある事件を追う・・と言うよりも、リスベットに関しての物語でしたね。
リスベット・・ずっとパンクなメイクなのかと思ったら、意外と最初と最後だけ、って感じでしたね。
それ以外なら、私の厚化粧のが勝つかも・・・・・・(-_-;)
つるばらdot 2011.10.23 20:55 | 編集
>つるばらさん

こんばんは。
お返事遅くなってしまいました、ごめんなさいね~。いろいろご心配もかけてしまって・・。

ふふ・・余裕ありですね~(笑)
あはは・・余裕あり過ぎましたか~!ハリウッド版は、ミカエルがダニエル・クレイグですもんね。
北欧版とはまた全然感じが違いますね、シャープだわ~。

うんうん、そうでしょう。ビックリしましたよね。
あんな暴力が・・って。

ハリエットの写真、素敵でしたよね~、すごく謎めいていて、この写真観ただけで惹かれちゃう。
ココ、ポイントですよね。

北欧はクリスマスの本場ですもんね。よく雑誌とかでも取り上げられてて・・。
>悲惨な事件の話だったので、そういう所で気持ちを切り替えたかったのもあったかも。
あぁ~、分かりますーーー。

おお、すごいーー、つるばらさん、もう全制覇されたのね!!
そうでしたね、リスベットの謎を追う・・って感じでしょうか。
このシリーズ、5部作?でしたっけ、予定だったのに、著者の方が急死されて・・・残念ですね。

素顔も結構観れましたよね。あの寂しげな感じも好き。

>それ以外なら、私の厚化粧のが勝つかも・・・・・・(-_-;)
ぷぷぷ~~(爆笑)
dot 2011.10.28 23:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top