FC2ブログ

Slow Dream

縁あって・・・本や映画と巡りあう。




「タイタンの戦い」 :: 2010/09/17(Fri)

タイタンの戦い [Blu-ray]タイタンの戦い [Blu-ray]
(2010/08/25)
ハリー・ハムリンジュディ・バウカー

商品詳細を見る


ストップモーション・アニメーター、特撮の神様レイ・ハリーハウゼンの最後の劇場作品。

ギリシャ神話の時代。
アルゴスの国王の娘ダナエは全能の神ゼウスに愛され男の子を産み落としたため父王の怒りに触れ、赤子もろとも海に投げ入れられてしまう。
そんなアルゴス国王の行為に怒ったゼウスは、クラーケンを放ち、民もろともアルゴスを滅ぼす。

一方、ゼウスの(影ながらの)庇護のもと、たくましく勇敢な青年に育ったダナエの子、ペルセウスは、ヨッパの町で女神テティスの呪いをかけられたアンドロメダ王女と出会う。
王女の美しさに心奪われた青年は、姫を救うためクラーケン退治の方法を探して苦難の旅に出るのだが・・・・。




若く、たくましく、ちゃんと長髪(そこ大事?)、まさに神話の時代の勇者ペルセウス。
神から与えられた三種の神器は姿を消せる兜、命を守る盾と剣。
・・・そして天かける白いペガサス。


あぁ、やっぱり♪
反抗精神あふれる新版「タイタンの戦い」もいいけれど・・・。

神話の世界の王道は見ていて楽しい!
なんだかワクワクするんだなぁ

なんだろう、こっちなら何度でも見れる気がする!!


勇者ペルセウスはターザン系のお顔で、う~~ん、ちょっと唇厚過ぎるなぁんて。
好みではないんだけれど
でも正真正銘正統派の勇者。
美しい姫君に恋をし、神から与えられた武器を使って冒険の旅を繰り広げる・・・、なんだかほっとしてしまうんですよね。


アンドロメダ役のジュディ・バウカーが、とっても可愛らしいお姫様で、   、
ただ守ってもらうだけのお姫様タイプかと思ったら、意外な強気を見せたりするのも面白い。
「あなたはまだ私と結婚してないんだから・・・」
なんて堂々と言い放って旅についてきちゃったりするんですよねぇ。

二人の様子が微笑ましくって・・・やっぱりね、こういうお話のヒロインは一人に絞ってた方がいいと思うんですよぉ。


クラーケン、カリボス、メデューサ・・・。
職人ハリーハウゼンが最後に手掛けたクリーチャーたちは、そりゃあ今見たら「なんじゃこれ~」的なところもあるんだけれど、
逆にこれがとっても脳裏に残っちゃう。
(海の神ポセイドンがミクロのような小さな姿で、クラーケンを呼び出すシーンが忘れられません 


新作の「タイタンの戦い」の怪物たちとの決闘シーンは、素晴らしい迫力とスピードにあふれていて、目を見張るものがあるのですが、
いざ観終わってみると
あまりにもスピードありすぎて、メデューサの姿ってどんなだったんだろう?とか、ほとんど思い出せなかったりする私ですヨ


でも、こちらの怪物たち、。
カリボスのあの鬼のような姿だとか、トカゲちっくな後姿だとか、
あのメデューサの尾っぽがガラガラヘビのようになっていて・・シャカシャカシャカっていう音を立てるところとか。
意外と克明に焼き付いていたりするのですから・・不思議なものですねぇ。



そんな怪物たちを相手にするペルセウスにまたひとつ、神から与えられたもの、
フクロウのプーボー大活躍でしたね~!!
さすが、知恵の女神アテナの作らせた(いくらゼウスの命令でも、自分のシンボルを渡すわけにはいきませんよね)もの。
姿恰好はユーモラスで、登場してきただけでふふっと顔が緩んでしまう癒しキャラなんだけれど、これが頑張っちゃうんですよね。
かわいい~、欲しい~(笑)




ローレンス・オリヴィエ演じるゼウスと、マギー・スミス演じる海の女神テティス。
互いの子ども可愛さの贔屓っぷりも・・神とはいえさすがオリンポスの神々。
人間的というか、親バカっぷりを発揮というか。
仕方ないかなあっていう感じでしょうか。
まわりで見守る女神たちのクールな感じも面白い。


冒険の終わりにちゃんと待っている、めでたし、めでたし~♪の大円満は、勇者と姫君に相応しいもの。
見ているこちらも素直に嬉しくなる・・・そんな1本でした。
  1. 映画タイトル(た行)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「キルショット」 | top | 「タイタンの戦い」>>


comment

ペルセウスが・・・

短髪か長髪かなんて、いかにも瞳さんらしいコメントですね(笑)そういう見方もあるんだ。それにしてもブルー・レイ版の『タイタンの戦い』のジャケットはカッコイイですねぇ。

この映画は80年代の作品ですが、ハリー・ハムリンはその頃の人気スターで、他に『マルホランド・ラン』などもあります。DVD化はされてなかったと思うけど・・・。まあ、この作品は瞳さんがおっしゃる通り、ローレンス・オリヴィエやバージェス・メレディスなどの往年のスターの競演も見所でしたね。

ハリーハウゼンはこの作品を最後に特撮から退きますが、80年代から徐々に使われるようになってきたコンピューター・グラフィックスが特撮に多大な影響を及ぼす事を感じ、『ジュラシック・パーク』を見て「ああ、自分の時代は終わったな」と悟ったらしいです。
まだ未見でしたら、次は『恐竜100万年』をご覧になってはいかがですか?
  1. 2010/09/21(Tue) 09:12:20 |
  2. URL |
  3. NARCY #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ビジュアルが・・

>NARCYさん
あはは~(笑)とっても気になりました!
神話ものや時代ものって、やっぱり衣装やビジュアルがものすごく気になります。

ブルー・レイ版の『タイタンの戦い』いいですよね。ブルーレイが出てると知って迷わずレンタルしましたヨ。

おお、ハリー・ハムリンそのころの人気スターさんでしたか・・。
ターザン顔なんて書いてしまったi-237
往年のスターの競演は嬉しいですよね。そして神様たちの衣装、私はやっぱりキンピカよりも白いギリシャ風が好きです(笑)

>『ジュラシック・パーク』を見て「ああ、自分の時代は終わったな」と悟ったらしいです。
ひとつの時代の終わりでしょうか・・。
『恐竜100万年』、以前に息子が見ていたような・・。
今度レンタルしてみます~♪

  1. 2010/09/23(Thu) 01:51:04 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

Blu-rayで観てみたい

瞳さん、こんにちは!
すっかり秋モードなりましたね~。

私もレイ・ハリーハウゼンのクリーチャーが大活躍する本作はインパクトからいってリメイク作より上出来だと思います。子供の頃に見たら、その後トラウマになりそうな不気味さを醸しだしておりますね。
アンドロメダ役の、ジュディ・バウカーは、もろにぴったりのはまり役!美しい~~
そうそう、ペルセウス役の彼は、私もいまいちに思いましたね~。体を鍛えるのも良いが頭も…といった風貌で(^◇^;)
瞳さんのブログで本作のBlu-rayがでていることを知りました。早速レンタルしてみます♪
  1. 2010/10/05(Tue) 23:21:01 |
  2. URL |
  3. ポチ #Qhkulfr2
  4. [ 編集 ]

ぜひブルーレイで!!

>ポチさん
こんばんは~、今年の夏の暑さときたら・・。
もう、ずっと秋がこないかと思いましたけど(苦笑)すっかり涼しくなって嬉しいです。

おお、ポチさんもオリジナルご覧になってましたか~!!
そうなんですよね、記憶に残るっていうんでしょうか。
新作の映像は見ごたえありましたが、スピード早すぎてインパクト的には・・。

アンドロメダ姫、可愛かった~!!
一緒に馬に乗って駆けたりしてね・・意外なやんちゃぶりも見せてくれましたね(笑)

はい、Blu-rayでぜひ楽しんでくださいね~♪
  1. 2010/10/06(Wed) 21:30:11 |
  2. URL |
  3. 瞳 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/323-ac3b16dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)