2010
09.15

「タイタンの戦い」

タイタンの戦い 特別版 [DVD]タイタンの戦い 特別版 [DVD]
(2010/08/25)
サム・ワーシントンジェマ・アータートン

商品詳細を見る


ペルセウスがねぇ・・、サム・ワーシントン。

いえいえ、嫌いじゃないですよぉ、「ターミネーター4」なんてとっても良かったじゃないですか。
「アバター」も好演してると思いました。

サム・ワーシントンが悪いわけではないけれど・・だけど、だけどねぇ・・神話の時代にあそこまで超短髪で主役を張られては。
こういう時代のお話って大好きなんだけれど、映画のポスターの彼はどう見ても海兵隊員としか見えなくて劇場へは足が向きませんでした。


DVDで見てもやっぱり違和感~~(苦笑)
これって私だけ?・・と思ったら一緒に観ていた息子からも「どうやって坊主にするん?この時代」なんてクールな一言が。
きっとわざとなんですヨ、意表をついてインパクトを出してるんですヨ、そうだ、そうだ、そういうことにしときましょう。(でないと、いつまでたっても感想本題に入れないゾ 


なあんて・・私がぐちぐち、ペルセウスの髪型につぶやいているうちに、1981年のオリジナル版「タイタンの戦い」が届いちゃいましたよ~~。


タイタンの戦い [Blu-ray]タイタンの戦い [Blu-ray]
(2010/08/25)
ハリー・ハムリンジュディ・バウカー

商品詳細を見る




で、誘惑にかられちゃって、新版の感想を書く前に1981年作品を鑑賞したのですが・・。

なぁるほど~~!!
妙に納得しちゃいました

なにがって?
そっか、そっか~、オリジナル版と同じことはしたくなかった!ってことですね。

ゼウスの息子として(半神として)生まれながらも人間の漁師に愛を注がれて育ったペルセウス、
神からの贈り物を拒み、あくまでも人間としての自分にこだわり続けたペルセウス。

「自分の信念を貫きたい」
ペルセウスのこの言葉こそ、新版の監督さんのこだわり、信念でもあったんですねぇ。

オリジナル版であんなに活躍した知恵の女神アテナからの贈り物、フクロウのプーボーを登場させオリジナル版に敬意を払いながらも、「そんなものは置いていけ」Byドラコ隊長ですから。
あくまでも、きっぱり、はっきりオリジナルとは違う、新しいものを作るんだという気持ちを見せたっていうことでしょうか。


神の子としての恩恵・・。
もらえるものはもらったらいいのに~、持って生まれたものは生かした方がいいよぉ、
なんておばさん目線から思ってしまったサム@ペルセウスですが、こうやって考えると、神<人間としての反骨精神あふれるペルセウスには、サム・ワーシントンはぴったりなのかもしれませんね~。

そんな人間重視のペルセウス&旅の仲間一行なので、オリジナル版よりも仲間たちにも焦点があたっています。
隊長ドラコを演じるマッツ・ミケルセンの渋いこと!!、
厳しい目線をペルセウスに向けていた彼が・・・メデューサとの戦いのシーンで最後に見せたあの笑み~~!
あぁ、なんともいえません。

おっ、イケメン君がいるゾ・・と思ったら、なんと「アバウト・ア・ボーイ」のあの毛糸の帽子が忘れられないニコラス・ホルト君だとはーーー。
ビックリ、こんなにイイ男に成長していたんですねこれは要チェックだ


クラーケンを倒すため旅に出た一行を次々に襲う怪物たち。
砂漠の中襲ってくる巨大サソリの重圧感や、メデューサとのスピード感あふれる死闘・・・これは迫力ありました。
巨大サソリのお腹を突き破って出てくるところなんて、まさに新ペルセウスって感じだし、メデューサの恐ろしさや不気味さが見事に表れた造形やその素早すぎる動き。




オリジナル版ではあのローレンス・オリヴィエが演じた全能の神ゼウスを演じたのは、リーアム・ニーソン。
なんてキンピカ  ・・と思ったら、監督がファンだという「聖闘士星矢」のあのキラキラコスチュームだったんですね。
うう~~ん、眩しい~(でもゼウスとしては軽く見えるような!?

アポロ役のルーク・エバンスはちょっとお気の毒だったかな。
あとから特典映像を見たら見せ場のシーンが、これでもかっていうくらいカットされてましたから。

ポセイドンはお役目なかったし、神々の中で一番見どころがあったのはやはりハデスでしょう。
登場してきたとたんに漂う暗~いオーラはさすが冥界の神、そして野望の中にもどこか悲しみや寂しさのようなものを秘めたあの瞳がなんとも印象的でした。
さすが、レイフです。


驚いたのは、ラストシーンの2つのバージョン(別バージョンが特典映像に収録されています)
本編に採用された方は、あら、意外にほのぼのしてる・・と思ったらペルセウスの伴侶となったのがなんとアンドロメダではない・・という(予想はできていましたが)掟破り

じゃ、もう一つの方はというと、神話どおりアンドロメダとめでたくと思ったら、こちらは父王との仲はまだまだ修復されずという反骨ぶりを見せていて。

う~~ん、どっちがいいかなぁ、しかし、どちらも複雑だ(苦笑)




どちらにしても、1981年版とは一味もふた味も違う・・という気概を見せたペルセウス物語なのでした。
そう、だから、超短髪のペルセウスなんだね~~!!
(と・・いまだに、まだ髪が気になっている、しつこい私 





トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/322-37b77da5
トラックバック
コメント
おはようございます~~
やっと観ました。
悪役レイフ・・良かったわ・・うふ。
私も主役の彼の坊主頭にはう~~んだったわ。
なんかね~~だよね・・笑
息子さんの一言、するどいわ。
サム・ワーシントンはこういう役が続いているよね。イメージついちゃってどれも同じに
みえるよね。
そうそう・・。リーアム・ニーソンの衣装って聖闘士星矢からなのね。
元もよく知らないんだけれど、妙に浮いた感じではあったわ。光ればいいってわけでもないでしょ・・と突っ込みたくなる感じ。
俳優さんのみで鑑賞した作品だったので感想も
きちんと書けなかったんだけれど、ここでいろんな情報得ることができてラッキーだったわ。
新旧見比べもしたなんて、さすが~~~・
主役がさらにイケメンなら、もっと大騒ぎするかもしれなかったな・・・・ヘヘ。
みみこdot 2010.09.29 08:32 | 編集
>みみこさん
今朝も涼しくて嬉しい~♪
おおーー、ご覧になったんですね。
レイフ良かったでしょうi-175
うんうん、レイフしか見てなくてOKよ~(笑)みみこさん。

坊主頭はねえ、わざとそうした・・って聞きましたが、でもやっぱりあれはないわ・・と思いました。話題にはなるけどねぇ。
神々の衣装は、私的にはやっぱりギリシャ風の白い薄~い生地のやつね・・あれがいいな。

オリジナル版は、以前から見てみたかったの。
新版は迫力あってCGも見事、でもオリジナルの味わいがいいな~♪
フクロウのピーボーが可愛いんですよ~!!

>主役がさらにイケメンなら、もっと大騒ぎするかもしれなかったな・・・・ヘヘ。
えへへ・・・確かにそうだよね~(笑)
dot 2010.09.29 09:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top