2010
08.10

「ソルト」

ソルト

TVの洋画劇場で久々に「トゥームレーダー」を見た主人が「ソルト」を観たいと言い出しました~♪
なんて分かりやすく乗せられてるんだ~

ロシアのスパイであるとの嫌疑をかけられたCIA秘密工作員イブリン・ソルトの逃走&闘争劇。

もともとはトム・クルーズ主演で作られるはずだったスパイ映画、アンジェリーナ・ジョリーがジェームズ・ボンドかジェーソン・ボーンか!と思わせるような、タフなヒロインに挑戦しています。


冒頭、北朝鮮でスパイ容疑をかけられ、拷問に遇いながらも「私はスパイじゃない」と繰り返すイブリン・ソルト。

後に結婚することになる世界有数のクモ学者マイクに助けられ、無事アメリカに戻ることができた彼女ですが、
夫との結婚記念日に今度はロシアのスパイであるという嫌疑をかけられてしまう。
「これは誰かの罠よ・・夫に会わせて」と繰り返すイブ。



はたして彼女は正体は?そしてその目的とは?





上司や追手から逃れるために即席の爆弾を作り(監視カメラを下着で覆っちゃうシーンに思わずおお~~っと
高速道路ではトラックの上から別の車へとダイブする!!

いやはや・・これはもうどうみたってタダモノではないと確信してしまうほどのタフなヒロイン、どこにそんな力が~~と思うほどの細みの体に秘められたしなやかなパワー。
つ・・強すぎる~~。

映画の始まる前に「バイオハザード」の予告を見たからでしょうか、髪を黒く染めたイブが、思わずミラジョボに見えてしまうほどの強さでした。
でも「トゥームレイダー」「ウォンテッド」のアンジーならこれくらいやっちゃうかもって思ってしまいますよねぇ。


タフさの中にも、時折苦痛にゆがんだ表情を見せたり、夫マイクの安否を心配する姿。
なにより印象的だったのはロシアのスパイたちの巣窟の中で見せた・・・悲しみを押し殺したその瞳


ソルトの正体については、アクションを追いながらしだいに明かされてゆくのですが、ただ、それが本当の姿なのかどうか、もしかしたらミスリードされているのでは?・・といった思いや
まだまだ明かされない部分を秘めたまま物語が二転三転としてゆくので、最後の最後まで目が離せませんでした。



ただ・・・
上司にリーブ・シュナイダーって、これはもう、どうしたって何かある!って思ってしまいませんか?
これまで見てきた彼の作品での役柄のせいなのか(苦笑)
これはもう少し、普通っぽく?見える人をキャスティングした方がよかったのではって思ってしまいました。
とっても存在感のある俳優さんなのですけどね~。


謎の男オルロフを演じるダニエル・オルブリフスキーも、登場するだけで存在感が光ります。

でも・・なぜイブリン・ソルトを摘発するためにわざわざ諜報部にやってきたのか・・そのあたりがいまだにわからない
最後に明かされた人物に唆された行動と言われても、それだけではないですよねぇ、彼ほどの人物が。
そのあたりが腑に落ちません。
あのビルから逃走するイブのアクションがあまりにも見ごたえあったので、ああいうシーンを作るため?って思ってしまいます





幼い時から洗脳、教育され、潜入し、何十年も指令を待っている一流のスパイたち・・ありえない~~なんて言ってはしまえないのでしょうか。
映画が公開される少し前だったでしょうか、実際にもそういうニュースが挙がっていたような。



変装、男装まで見せるアンジーのファイトぶりには圧倒させられつつ・・、でもこの先もまだ戦い続けなければならない彼女の闘争を思うと(続編あり?っぽいラストでしたが)・・やっぱりなんだか哀しみを覚えてしまいます。

トラックバックURL
http://teapleasebook.blog26.fc2.com/tb.php/310-aa1858b1
トラックバック
コメント
偶然かどうか、SALONでアンジェリーナ・ジョリーをUPしたばかりでして・・・。ジョリーの映画も何本か観てるけど、瞳さんのおかげでこれも観たくなりました。
こういう作品ならDVDよりも、やはり劇場でしょう。
NARCYdot 2010.08.13 16:35 | 編集
>NARCYさん
お返事遅くなりましたi-237お盆でバタバタしておりました。

おおっ!!SALONにアンジーが!
私特にファンというわけではないのですが、意外と作品見ているような気がします。
最近の作品では「チェンジリング」が一番印象的かな。
あとで覗かせていただきますね。
お話したい作品も何作か見ているのですが、猛暑もあって(苦笑)なかなか感想が挙げられません。PC部屋にクーラーが欲しい~~。
dot 2010.08.16 17:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top